ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

香川の春

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

涅槃桜

涅槃桜(明正寺桜)
住 所:香川県善通寺市善通寺町3丁目
場 所:総本山善通寺境内
マピオンマップ↓↓↓↓

電 話:0895-32-3344
解説由来
 明正寺桜は、染井吉野などと比べると、一ヶ月近く早く咲き始め、その時期が釈迦の入滅した2月(旧暦3月)15日に近い事から涅槃桜と呼ばれたいます。
 昭和40年(1965)、当時愛媛県文化財保護委員であった八木繁一氏(1893〜1980)が愛媛県新居浜市黒島の妙正寺(真言宗善通寺派)で発見し、品種名をミョウショウジと命名したもので、花の香りが一般的な桜より強いのが特徴です。
 昭和48年(1973)に、明正寺から弘法大師御生誕1200年を記念して贈られました。移植をかさね、現在(2009年)宝物館周辺や大型駐車場付近を中心に約20本が植えられています。

撮影日:2017年3月22日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13





香川県立亀鶴公園 さくら
都市公園(風致公園)
住 所:香川県さぬき市長尾名
マピオンマップ↓↓↓↓
開 園:昭和二十四年(1949)6月1日(県立公園として)
 「宇佐神社」と「宮池」を中心にして面積18.98ha(さぬき市有地16.63ha、神社所有地2.35ha)に及ぶ公園である。 公園の西方には鶴が飛ぶ姿に見える「鶴ガ山」があり、池に浮かぶ「亀島」が亀に見えることから、「亀鶴公園」と名付けられた。  また公園周辺の丘陵地を含めると面積約33haにも及ぶ。敷地には「さくら並木」「ハナショウブ園」をはじめ、300本を超える樹種が確認されたこともある自然林が豊かな「亀島」などがある。東讃地方きっての桜の名所で、とくに亀島側と宇佐神社側を結ぶ堤塘(宇佐神社の御旅所への道でもある)は幅20m、長さ300mに渡り両側に桜(ソメイヨシノ)約300本植樹されており、大勢の花見客で賑わう、中核部分となっている。 とりわけ花の季節には亀島側と長尾総合公園を結ぶ「さくら橋」がライトアップされたり、噴水が稼働する。
 宇佐神社境内を含め公園内に古墳群がある。
撮影日:2016年4月6日
資料等:Wikipedia

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

四国村のひな飾り

民家博物館「四国村のひな飾り」
 
小豆島農村歌舞伎舞台
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
旧丸亀藩斥候番所
イメージ 5
 
旧河野家住宅
イメージ 6
【山大寺池の芝桜】
 山大寺池は香川県三木町山大寺にあるため池です。
 四国新聞社選定さぬき百景『嶽山と山大寺池』にも指定されています。 
 香川のみどり百選【田園地帯のみどり9】堤高12.1m 堤長 360.0m 貯水量54.0千立方メートル 満水面積11.80ha 潅漑面積102.00ha に指定されています。
 全国ため池百選指定
 寛永五年(1628)高松藩に招かれ満濃池の改修を行っていた西嶋八兵衛により構築され、現在も下流の水田102haの灌漑をになう水源である。(現地石碑では寛永四年となっている。)
 寛永三年、異常気象による大洪水が起こり、出水池(でみずいけ)など、多くの池や川の堤防が切れ、困窮した農民たちが、藩に再三再四、修復を願い出たところ、派遣されたのが西島八兵衛でした。八兵衛は嶽山(だけやま)にのぼり地形を展望調査した結果、出水池を捨て、この地に新たな大池を築くことにしました。こうして築造されたのが山大寺池です。
 この池の名は、室町時代に、この地に「山大寺」という寺があったことに由来しています。山大寺池は大池であっても土砂がたまりやすく、また、かんがい面積が広過ぎたために、水が常に不足していました。さらに日照りともなれば、水不足は深刻となり、水争いが絶えませんでした。
 現在では香川用水の通水によって水の悩みが解消し、昭和六十年度から平成二年度にかけて全面改修された池のほとりには、三木町総合運動公園や太古の森が整備され、多面的機能をもった水辺空間が地域に愛されています。
 水の神、「竜神」を祭る嶽山の影を、しずかに池面にたたえる山大寺池は、堤のにはサクラやシバザクラが植栽され、近隣住民の憩いの場として親しまれている。
 芝桜は少しだけ終わったのもありますが、今度の連休までは持ちそうです。(運動公園は月曜日がお休みです。駐車場が使えません。)

 <><>嶽山(だけやま)
 池の西側にはにそびえる標高 204.7mの嶽山は讃岐岩と、およそ1400〜1100万年前瀬戸内火山帯によってできた流紋岩からできており、安山岩や流紋岩の露頭、樹木により多彩で険しい外観である。頂上からは讃岐平野や讃岐七富士の山々を見ることができる。
 http://blogs.yahoo.co.jp/takamaturocky/21094199.html

 <><>太古の森
 三木町出身の植物学者三木茂が中国四川省の奥地で、百万年前に絶滅したと考えられていた生きた化石メタセコイアを発見し、その業績を記念して整備された公園である。メタセコイアの森のほか、様々な丘や散策路、恐竜のモニュメントなどがあります。
 http://blogs.yahoo.co.jp/takamaturocky/18729896.html

 <><>三木町総合運動公園
 体育館、プール、艇庫、屋内ゲートボール場、野球場、テニス場、サッカー場、会議室などの施設を持つ運動公園です。 
 獅子舞を町おこしに活用し、平成四年(1992)以来、「獅子舞フェスタ」がこの池周辺(運動公園)で開かれるなど、ため池を中心とした地域振興の核となっている。
 
 文は三木町HP&Wikipedia&現地石碑などより抜粋しました。
 写真は2012年4月23日撮影
 場所はワイワイマップ『綺麗な花が咲く所のMAP』にスポット投稿します。


 ため池百選選定記念石碑
イメージ 1

 北堤
イメージ 2

 北堤から太鼓の森(メタセコイア)方面
イメージ 3

 北堤から嶽山
イメージ 4

 北堤から南堤
イメージ 5

 南堤より太鼓の森方面
イメージ 6

 南堤から北堤
イメージ 7

キナシばら園

【キナシばら園=廃園】
 キナシばら園は香川県高松市鬼無町にある個人の趣味で作られて薔薇園です。園芸店のご主人が趣味で育てていた薔薇を2008年5月にオープン。約千平方メートルの敷地に約300本、230種の多彩な色のバラが一般に公開されている薔薇園です。大人300円、子供100円、今年も6月10日迄公開です。ただし雨などで薔薇の花が済む場合が有りますので注意!。今は大輪咲きは殆どが終わり、蔓性の薔薇が中心です。ご主人が説明してくれます。薔薇の事は詳しそうです。
 写真は、2010年5月31日撮影
 アクセス:県道33号郷東橋を越え郷東町交差点を左折県道176号を高松市西インター方面に行きヤマダ電機の次の交差点を右折本津川橋を過ぎるとJR予讃線地下道があります。潜らないで左側道に入ります。入ると左側に薔薇が見えます。駐車場は有りません。路駐です。
【諸事情で廃園になっているようです。】

 正面に車屋さんが見えます。
イメージ 1

イメージ 2

 ドーム型(4本の薔薇で作っています。中にも入って休憩も出来るようになっています。)
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 側道からの園内
イメージ 7

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事