ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

サンポート高松

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

海王丸

【海王丸】
 朝早くのサンポート高松での海王丸。
 1989年9月12日建造
総トン数:2556トン
純トン数:863トン
長さ(全長):110.09m
巾:13.80m
深:10.71m
吃水(最大):6.584m
マストの高さ(水面上):約50m
ディーゼル機関:1500馬力(1103キロワット)×2
航海速度 帆走:6〜7ノット
     機走:12.95ノット
定員:199人
 朝早くから乗組員の清掃が始まっていました。今朝は寒かったです。
 写真は2011年11月14日・15日撮影

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 14日フェリー上から
イメージ 8

イメージ 9

この記事に

開く コメント(0)

【玉藻防波堤と「せとしるべ」】
 玉藻防波堤
 玉藻防波堤と「せとしるべ」は、香川県高松市のサンポート高松(高松港)北西部にある。歩いて約2kの散歩が楽しめる所です。
 総延長540mの高松港玉藻防波堤は上部をボードウォーク・御影石で仕上げ、また手すり・夜間照明も設置しています。
 防波堤本体は、海水が透過する構造を採用し、構内の水質悪化に考慮しています。

 高松港玉藻防波堤灯台(せとしるべ)
 高松港玉藻防波堤灯台(せとしるべ)は、「サンポート高松」と呼ばれるウォーターフロント事業 の進展によって高松港の形態が大幅に変化したことから、陸岸寄りの防波堤上に設置されていた高松港西防波堤灯台を沖へ伸びた防波堤の先端へ改築移設したものです。

 バーチャル見学↓↓↓↓高松海上保安部
http://www6.kaiho.mlit.go.jp/takamatsu/e_service/e_06tamamo/e_6_1/e_6_1.html

 まっち1128さんBLOG↓↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/machakun1128/32532841.html

 資料は、高松港管理事務所・高松海上保安部ホームページより
 写真は、2010年6月6日・7月19日撮影
 地図は、ワイワイマップにスポット投稿します。

 深海6500母船「よこすか」船上より
イメージ 1

 防波堤北西側
イメージ 2

 御影石の歩道
イメージ 3

 ボードウォーク(木製の歩道)
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7



ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→香川で検索→《香川県の公園・景勝地》を スクロールで選定する

この記事に

開く コメント(10)

【サンポート高松・せとシーパレット】
 「せとシーパレット」は、サンポート高松にある階段式護岸の愛称でテレビドラマなどでよく登場する。風光明媚な場所で結婚式から抜け出して来たのかウェディングドレスのまま来てプロのカメラマンに記念写真を撮ってもらっている姿を良く見かける場所でもあります。
 写真は、2010年7月19日撮影
 地図はワイワイマップにスポット投稿します。

 せとシーパレット中央付近
イメージ 1

 玉藻防波堤のせとしるべ(赤灯台)
イメージ 2

 大槌島
イメージ 3

 高松港:前田山方面
イメージ 4

 高松港:アルファあなぶきホール方面
イメージ 5

 女木島灯台
イメージ 6

 すなめりちゃん石椅子
イメージ 7

ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→香川で検索→《香川県の公園・景勝地》を スクロールで選定する。

この記事に

開く コメント(8)

【有人潜水調査船「しんかい6500」】
 有人潜水調査船「しんかい6500」は、1989年に完成し、6527mの現行の潜水調査船の最深潜航記録を達成(建造メーカーによる公式試運転潜航)。2007年3月5日に通算1000回の潜航を達成。これまで延べ1000人を超える研究者と深海調査を行っている。
 全長9.5m 幅2.7m 高さ3.2m 空中重量26.7t 最大潜航深度6500m 潜航時間通常約8時間(ライフサポート:129時間/人) 乗員3名(パイロット2名・研究者1名) 最大速度2.5ノット
 しんかい6500は、三陸沖の日本海溝で地震によるとみられる亀裂を見つけたり、南西インド洋海嶺で新種の巨大イカを発見したりしている。建造費は約125億円。
 以上の記事はパンフレット・朝日新聞から転載しました。
 写真は、2010年6月6日撮影

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

この記事に

開く コメント(2)

【深海潜水調査支援母船「よこすか」】
 深海潜水調査支援母船「よこすか」は独立行政法人海洋研究開発機構保有の船です。
 1990年に有人調査船「しんかい6500」の支援母船として竣工。1998年には、世界を一周する調査航海を行った。東太平洋海膨、大西洋中央海嶺、南西インド洋海嶺などで「しんかい6500」による潜航調査を支援。2001年にインド洋中央海嶺でスケーリーフット(ウロコフネタマガイ)の採取に成功、2004年は環太平洋の調査において世界最大級の海底溶岩流(340平方Km以上)発見などの成果を挙げる。
 2000年より「うらしま」の支援母船としても活用しているが、「しんかい6500」と同時の搭載はできないため、交互に運用している。その他、音波による海底地形調査や重力計・磁力計などによる海洋調査も行っている。
 船の全長105.0m 幅16.0m 喫水4.7m 国際総トン数4.439t 速力15ノット(最大16ノット) 定員60名(乗組員27名・潜水船要員18名・研究者等15名) 以上パンフレットより転載しました。

 独立行政法人海洋研究開発機構
 http://www.jamstec.go.jp/j/index.html
 連絡船就航100周年記念イベント「船の祭典2010」の一環で独立行政法人海洋研究開発機構の広報との合同事業で一般公開していました。当日(昼前)は、約40分の待ち時間で乗船できました。曇り空であった事により我慢できたが晴天であったら諦めたかもしれない。「しんかい6500」は改めて投稿します。
 写真は、2010年6月6日撮影

イメージ 1

イメージ 2

 船尾の格納庫内の「しんかい6500」とクレーンが見える。
イメージ 3

 キャビンからの屋島
イメージ 4

 操舵システム
イメージ 5

 レーダー:玉藻防波堤・一文字防波堤がはっきり見えている。
イメージ 6

 しんかい6500を下すクレーン
イメージ 7

 バラ園からの「よこすか」
イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事