ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

岡山県

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

恵日山・高顕寺

寺 名:恵日山・高顕寺
(旧八塔寺宝寿院明王院)
本 尊:不動明王
開 基:伝)弓削道鏡法印
創 建:伝)神亀5年(728)
宗 派:高野山真言宗
札 所:
住 所:岡山県備前市吉永町加賀美1221
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.91856215442407,134.25364045420068,19
電 話:
由 緒:
 聖武天皇の御代に僧道鏡の開基と伝えられる古刹で、住時は山岳仏教の中心地として名を成した土地である。盛時には八院六四僧坊や十三重塔など仏塔が建てられたとされる聖地であった。ところが永正14年(1517)、浦上村宗の兵火にかかり堂塔伽藍はほどんど焼失し、さらに天正19年(1591)には寺領が召し上げられるなど、寺は荒廃することになった。寛文3年(1663)池田綱政が、本堂・三重塔・鐘樓・山王社・本社拝殿等がととのえられた。
解 説
 寛政年間にまたも灰土に化したが、幸いにも本尊の十一面観世音菩薩の霊像は在し続けられた。 文化13年(1816)国司の提唱により、当山中興の祖、妙道上人により再創され、天保3年(1832)、真言宗と天台宗は別山精舎を経営するに至り、定朝作十一面観世音菩薩の霊像を祀る 天台宗「照鏡山八塔寺」と、定朝作の不動明王の霊像を祀る 真言宗「恵日山高顕寺」とに改号し、現在に至る 中世には、多くの出家修行者が集り西の高野山と称された。十三重塔、三重の塔、8院、64僧房計72の院坊があったという。
(明王院・宝寿院・三宝院・弘法院・常照院・寂院・徳院・善院)(浄徳房・法潤房・賢房・大善房・万代房・妙賢房・了得房・東南房など)。
 八塔寺の僧侶が作る薬草は有名であった。
資 料:下記HPなど
参考HP:https://ja.wikipedia.org/wiki/高顕寺
駐車場:無料
撮影日:2018年8月9日
近隣施設:八塔寺八塔寺川ダム、  

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

この記事に

開く コメント(0)

照鏡山・八塔寺

寺 名:照鏡山・八塔寺
本 尊:十一面観音
開 基:伝)弓削道鏡法印
創 建:伝)神亀5年(728)
宗 派:天台宗
札 所:
住 所:岡山県備前市吉永町加賀美
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.91890524785614,134.2539247683562,19
電 話:
由 緒:
 聖武天皇の御代に僧道鏡の開基と伝えられる古刹で、住時は山岳仏教の中心地として名を成した土地である。盛時には八院六四僧坊や十三重塔など仏塔が建てられたとされる聖地であった。ところが永正14年(1517)、浦上村宗の兵火にかかり堂塔伽藍はほどんど焼失し、さらに天正19年(1591)には寺領が召し上げられるなど、寺は荒廃することになった。寛文3年(1663)池田綱政が、本堂・三重塔・鐘樓・山王社・本社拝殿等がととのえられた。
解 説
 撮影当日は、本堂前の階段頂部にネットで遮断されていたので境内には入らず、境内外だけからの写真になっている。
文化財:銅鐘(備前市指定文化財)
資 料:下記HPなど
参考HP:https://ja.wikipedia.org/wiki/八塔寺
駐車場:無料
撮影日:2018年8月9日
近隣施設:八塔寺川ダム、  

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

吉川八幡宮

神社名:吉川八幡宮
主祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后
創 建:伝・永長元年(1096)
旧社格:県社
住 所:岡山県加賀郡吉備中央町吉川
マピオンマップ↓↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.81962552554416,133.75180451200222,19
電 話:
由 緒:
札所等: 
解 説
 五間三間入母屋造の本殿の屋根は厚板を葺いた栩葺(とちふき)で、室町時代の応永二年(1395)に建てられと言い伝わる。
 正面の向拝と呼ばれる部分は、江戸末期元治元年(1864)に一新されている。地元で代々大切にされてきたため何百年たった今日でもその雄姿を目にすることができる。
 平成八年から三ヶ年かけて、建物の部材をひとつひとつ丁寧に取り外し、建物のもつ長い歴史を尊重しながら傷んだところを直して再び組み立てる全解体修理が行われ、建立当初の姿に近い形でよみがえった。修理中一建築部材に、木材に鑿(のみ)を打ち、楔で引き裂いて製材する古代以来使われてきた「打ち割り」技法の詳細がわかる痕跡がはじめて発見された。本殿を建てるときには、縦挽きのの鋸が一切使われていない。
 この本殿には、中世の建築の特徴が色濃く残されている。【吉備中央町教育委員会説明板より転載】
伝 説:
H P:https://ja.wikipedia.org/wiki/吉川八幡宮
文化財等:本殿=重要文化財 大正14年(1925)4月24日指定。
資料等:Wikipedia、現地説明板など
撮影日:2018年8月9日
近隣施設:重森三玲記念館

イメージ 1

イメージ 2

出雲構え獅子型狛犬?
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

この記事に

開く コメント(0)

深谷(みたに)の滝

名 称:深谷(みたに)の滝
住 所:岡山県備前市三石
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓
http://www.mapion.co.jp/m2/34.819566072350355,134.2779385856632,19
河 川:吉井川水系金剛川支流
山 名:石塔山
標 高:
落 差:雄滝=高さ15m、幅2m 滝つぼから流れ落ちているのが、雌滝です。高さ7m 幅3m
見どころ:もみじの名所としても有名で、園児により植栽されたもみじは、今ではその数500本を数えるまでにもなっています。
 秋にはもみじ祭りを開催し、紅葉を愛でる多くの人々に毎年にぎわっています。
文化財:岡山県備前市指定名勝、備前市十景、
資料等:おかやまの自然百選HP、おかやま旅ネットHP、現地説明板、
撮影日:2016年7月20日
周辺施設:
駐車場:龍神社

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

雄滝
イメージ 4

雌滝
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

龍神社
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


この記事に

開く コメント(0)

絹掛の滝(不動の滝)

名 称:絹掛の滝(不動の滝)
住 所:岡山県新見市草間
マピオンマップ↓↓↓↓

河 川:高梁川支流
山 名:
標 高:
落 差:第1の滝=約50m 中の滝=約12m 奥之院=約28m
文化財:新見市指定名勝 昭和六十三年三月十一日指定
周辺施設:井倉洞
撮影日:2016年7月6日
資料等:現地説明板
 高梁川の浸食による下刻作用は著しく、阿哲台の石灰岩をV字状に深く刻んでいる。しかし、草間を流れる高梁川の支流の水量が少なく、本流との間に浸食の差を生じ三段の懸谷(けんこく)を形成した。
 【懸谷(けんこく)= 滝か急崖で本流と合流している支谷。本流の下刻力が大きいとその河床低下に支流の河床低下が追いつかず,合流点で河床高度に大きな差が生じ急崖を形成する。河川が平衡に達していない急峻な山地にみられる。】
 「絹掛の滝」は、白絹をかけたような気品にあふれる姿からその名が付けらている。
 なお、絹掛の滝の岸壁の裾に岩屋があり、石仏の不動尊が安置されていることから、「不動の滝」とも呼ばれている。
【新見市教育委員会】設置

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事