ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

広島県

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

金嶽山・安芸国分寺

寺 名:金嶽山・常光院・安芸国分寺
本 尊:薬師如来
創 始:
宗 派:真言宗御室派
札 所:広島新四国第38番霊場
住 所:広島県東広島市西条町吉行2064
マピオンマップ↓↓↓↓

電 話:082-430-7763
由 緒:奈良時代(741年)、聖武天皇の勅命によって、全国60余ヵ国に国分寺が建立され、古代安芸国では当地に建立されました。
解 説:
 安芸国分寺は、国の華と呼ばれ国の事業として全国に造られた寺の一つです。
 昭和11年に塔跡が国史跡に指定され、昭和57年に主要伽藍部分が、平成7年に西側部分が追加指定され現在に至っています。
 史跡を保存するとともに、悠久の時の流れに想いをはせ、先人たちの技や文化を追体験できる歴史学習の場として、また、市民の憩いの場とするため、平成11年度から平成24年度まで15カ年かけて安芸国分寺歴史公園を整備しました。
 公園内には復元された講堂や僧坊の基壇、安芸国分寺の調査で全国で初めて所在が判明した国師院の建物などがあり、国分寺創建時の様子がしのばれます。

文化財:安芸国分寺跡史跡=昭和11年9月3日指定・昭和52年、平成14年追加指定、木造薬師如来坐像=県重要文化財、護摩堂と仁王門、本尊薬師如来坐像=市重要有形文化財
資 料:現地説明板、東広島市HPなど
撮影日:2016年4月19日
近隣施設:竹原古町、

イメージ 1

イメージ 2

仁王門=東広島市重要文化財・平成十一年二月十八日指定
 間口3間(東西5.4m)、奥行き2間(南北3.1m)の典型的な八脚門で、柱はすべて円柱形で上に舟肘木を載せた簡素な意匠で、当初の屋根は茅葺か杮葺きと考えられます。建築年代は、十六世紀中期と推定され、棟の祈祷札には天文十二年(1543)の銘が残っています。現存の仁王門としては、当地域唯一のものです。
 発掘調査により、仁王門の基壇の下には古い基壇が確認されており、現在の仁王門が建立される前には、この地に創建当時の中門または南大門が建っていたと推定されます。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

本堂本尊=薬師如来坐像(市指定重要文化財)
イメージ 6

イメージ 7

国分寺護摩堂=東広島市重要文化財・平成十一年二月十八日指定
 護摩堂は、堂内の祭壇で護摩木を燃やし、本尊の不動明王に祈願する建物です。
 広島藩主浅野家の祈祷所として建てられたため、正面の向拝や来迎壁の中央には浅野家の家紋(違鷹羽紋)が付けられている。正面3間、側面2間で背面に半間幅の下屋をつける南北5.9m、東西6.9mのこの地域最大の護摩堂です。唐様を主体とし、柱上の肘木や小組格天井などに和様を取り入れた装飾的な意匠で、十八世紀後期〜十九世紀初期に建てられと考えれます。
イメージ 8

イメージ 9

薬師堂 本尊=薬師如来坐像(県指定重要文化財)
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

この記事に

開く コメント(0)

中道山 円光寺 明王院

寺 名:中道山 円光寺 明王院
本 尊:木造十一面観音立像=重要文化財
宗 派:真言宗大覚寺派
住 所:広島県福山市草戸町1473
電 話:084-951-1732
由 緒:もとは、常福寺といい、大同二年(807)空海(弘法大師)の開基と伝える。室町時代には「クサイツ草出 常福寺」の記録が残り、芦田川の中州から掘り出した「草戸千軒町遺跡」は、常福寺の門前町でもあった。江戸時代初期(1655年頃)に水野家三代勝貞が、城下からこの地に明王院を移して現在に至っている。
文化財:本堂は鎌倉時代末期(1321年)=国宝 1964年5月26日指定 五重塔は南北朝時代(1348年)建築=国宝 1953年3月31日指定 その他にも、県市の文化財指定を受けた建物や仏像多くある。以上の文は、現地説明板より転載しました。
解 説:国宝明王院本堂の建設様式は、全体的に和様の姿をとりながらも、細部には大幅に唐様が採用されている折衷様で、外陣の輪棰木天井は極めて珍しい手法です。尾道の浄土寺本堂(国宝)とともに、内海地域で最も古い建物として貴重です。
 国宝明王院五重塔は、貞和四年(1348)佳持頼秀の時、一文勧進の小資を積んで造られたものです。和様の形態をよく整え、手法も雄大で南北朝時代を代表する建築で、全国の指定十九棟のうち五番目の古さを誇っています。 以上の文は現地説明板より転載しました。
H P:http://www.chisan.net/myooin/
撮影日:2014年1月24日
場 所:スポットノート『寺院・お堂などのmap』に投稿します。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
 

この記事に

開く コメント(0)

因島水軍城

因島水軍城 
広島県尾道市因島中庄町 0845-24-0936
 昭和58年、水軍のふるさと因島に築城された、全国でもめずらしい城型資料館です。村上水軍は南北朝から室町戦国時代にかけて、この辺りの海路を制覇し、水軍王国として活躍しました。 八幡大菩薩の旗を掲げ、朝鮮半島から中国、東南アジアまでその名をとどろかせました。
 本丸には武具(太刀・水軍旗、甲)、遺品(白紫緋糸段縅腹巻)、古文書(村上家伝来文書)などの歴史資料が展示され、展望台を兼ねる隅やぐらは船の資料館となっています。他に二の丸は展示室となっています。
文は現地説明板&Wikipedia&広島県観光HPなどより参照。
写真は2014年1月24日撮影
場所はスポットノート『ミュージアムmap』に投稿します。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
隅櫓
イメージ 5
 
イメージ 6
 
二の丸
イメージ 7
 
イメージ 9
イメージ 8
 
金蓮寺より
イメージ 10

この記事に

開く コメント(0)

福山城

城 名:福山城 (久松城、葦陽城)
住 所:広島県福山市丸之内1丁目 電話:084-922-2117
城 郭:輪郭式平山城
天 守:複合式層塔型5重6階(1622年) (1966年RC造復興)
築城主:水野勝成
築城年:1622年
主な改修者:阿部氏
主な城主:水野氏、松平氏、阿部氏
廃城:1874年
文化財:伏見櫓、筋鉄御門=重要文化財 鐘楼=福山市重要文化財 城跡=史跡指定 日本の100名城=2006年2月13日選定
解 説:昭和四十一年(1966)福山市制五十周年記念事業として天守閣、月見櫓、御湯殿が復元されました。消失をまぬがれた伏見櫓、筋鉄御門は昔日の姿を留め国の重要文化財に指定され、城地は国の史跡として保存されています。
 堀は、外、内掘りとも埋められ見ることができますん。天守内は、博物館として近世福山の歴史を物語る貴重な絵画等の文化遺産が展示されています。
詳しくは:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B1%B1%E5%9F%8E_(%E5%82%99%E5%BE%8C%E5%9B%BD) 
休館日:月曜日(祝日の場合翌日) 開館時間:9:00〜17:00 入館料:一般200円
文は現地説明板&Wikipedia&パンフレットなどより参照。
写真は2013年5月22日撮影
場所はスポットノート『城・城址のMAP』に投稿します。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
筋鉄御門=重要文化財
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
天守
イメージ 8
 
鐘楼
イメージ 9
 
御湯殿
イメージ 10
 
鏡櫓
イメージ 11
 
月見櫓=重文
イメージ 12
 
イメージ 13

この記事に

開く コメント(4)

備後国分寺

備後・唐尾山国分寺 広島県福山市神辺町下御領 084-966-2384
 備後の国は、七世紀後半に、吉備国を備前国(後に美作国も再分割)=岡山県、備中国=岡山県、備後国=広島県に三分して設けられた。
 天平十三年(741)、聖武天皇の発した国分寺建立詔(みことのり)によって、この地に備後国分寺(僧寺)が建立されました。寺の正式名称を「金光明四天王護国之寺」と称し、律令国家体制の完成期に鎮護国家の経義に基づいて造営されたものです。
 昭和四十七年度から四次にわたる発掘調査によって、東西六百尺(180m)の寺域が判明し、また、塔・金堂・講堂ならびに南門跡の検出により、いわゆる法起寺式伽藍配置をなすことが明らかになりました。
 南門は古代山陽道に面して開き、立地として重要な位置を占めると同時に、広大な寺域内に残る堂塔等などから官寺である国分僧寺の雄大な伽藍の規模が想定されます。
 以上は現地説明板より転載しました。
 写真は2013年7月11日撮影
 場所はスポットノートに『寺院・お堂map』投稿します。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
国分寺は6ヶ寺目です。(讃岐・土佐・伊予・阿波・備中)

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事