ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

兵庫県

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

御太刀山・妙勝寺

寺 名:御太刀山・妙勝寺
本 尊:大曼荼羅
開 基:
開 山:大覚上人
宗 派:法華宗(本門流)
札 所:
住 所:兵庫県淡路市釜口1163
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.50226851575732,134.9646699240686,19
マップコード:210 896 782*16
電 話:0799-74-3750
由 緒
 建武3年(1336)、楠木正成と新田義貞に敗れて京を追われた足利尊氏が、九州に落ちのびる途中に立ち寄った寺。沖で風待ちのため船を泊め、山上の燈火を見て、その場所を尋ねたところ、妙勝寺と説明された尊氏は、『妙勝』とは軍勝利を得るべき前兆であると喜んで、太刀一振を寄進し必勝を祈願。その甲斐あってか、やがて尊氏は室町幕府を開き天下人になったと伝えられていて、寺には尊氏直筆の書状も残っています。尊氏が船から灯りを見つけたと言われるこの寺は山の中腹にあり、昔のたたずまいを静かに残している。境内から東浦の素晴しい眺めを望むことができます。
 妙勝寺はこのような伝説が伝えられている尊氏の隠し寺で、歴代淡路藩主が信仰してやまなかった寺でもあります。「妙に勝つ寺」にあやかって、現在は受験生等が参拝に訪れる寺としても有名です。
解 説
 本堂は総円柱、三斗斗拱、中備蟇股の本格的な本堂建築である。18世紀初期の建築と推定され、近世の法華宗寺院の本堂建築としては、出色のものとされている。
 あわじ花へんろ第8番(桜・紅葉)
文化財
 妙勝寺庭園=兵庫県指定名勝 昭和55年3月25日指定
 江戸初期の様式を有する池泉観賞式庭園である。
 滝部は、築山最上部に遠山石、次いで左右の数石からなる滝添石を組み、前面の蓬莱式池泉には、向かって右に鶴島、左に亀島が配されとくに鶴を象徴する羽石、鶴首石と亀頭石が注目される。
 各所にモミジ・ゴヨウマツ・ソテツさらにヒラドツツジ・ナンテンなど十分吟味された植栽がなされている。
 このように、池割、石組、植裁樹よりみて名勝として価値がある。【平成2年11月 兵庫県教育委員会】同時に楠も天然記念物として指定されている。
資 料:現地説明板、淡路島観光ガイド・あわじナビなど、
駐車場:無料
撮影日:2018年10月16日
近隣施設:奇跡の星の植物館

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 23


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

この記事に

開く コメント(0)

壇場山古墳

古墳名:壇場山(だんじょうざん)古墳
住 所:兵庫県姫路市御国野町国分寺
形 式:竪穴式前方後円墳
規 模:全長約143m
築造期:5世紀前半
史跡指定:「壇場山古墳 第一、二、三古墳=山之越古墳」 大正10年3月3日(1921)
解 説
 県下第2位、西播磨では最大規模を誇る。
 墳丘は三段築成で、周濠をめぐらし、部分的に周堤が残る。後円部墳頂には縄掛け突起を有する竜山石製長持形石棺の蓋の一部が露出している。
 壇場山古墳の墳形は、大阪府仲津山古墳の約2分の1の相似形となっており、畿内政権との密接なつながりをうかがわせる。
 周囲にはかつて数基の陪塚があったとされるが、現在では、櫛之堂古墳、林堂東塚古墳の2基が残るのみである。
資料等:現地説明板
撮影日:2015年12月2日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

詳しい地図で見る

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

山之越古墳

古墳名:山之越古墳
住 所:兵庫県姫路市御国野町国分寺
形 式:竪穴式方墳
規 模:東西約60m 高さ約7m
石 室:
羨 道:
築造期:5世紀中期
史跡指定:「壇場山古墳 第一、二、三古墳=山之越古墳」 大正10年3月3日(1921)
解 説:平成23年姫路市が行った墳丘東部の発掘調査により、周囲に幅15m程度の周濠が巡ることが確認された。墳丘は北側を中心に大きく削平されており、中央に竜山産の凝灰岩製長持型石棺が露出している。
資料等:文化庁HP、兵庫県、姫路市、などHP&現地説明板
撮影日:2015年12月2日
近在施設:国分寺姫路城

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

詳しい地図で見る

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

牛堂山・国分寺

寺 名:牛堂山・国分寺(播磨国分寺)
本 尊:薬師如来像(秘仏)
創 始:
宗 派:古義真言宗
札 所:
住 所:兵庫県姫路市御国野町国分寺121
電 話:079-253-0669
由 緒
 推古帝の朝、聖徳太子の伽藍建立あり。
 次いで、天平十三年(741)聖武天皇は、疫病災害から守って平和な国造りを念願され、国家鎮護に当山以て播磨国の国分寺と定められし古刹なり。
 “其の規模に就いては三野庄国分寺は牛寺とも云う。寺伝に曰く南大門より奥院まで南北二里東院西院の間東西六十余町とす。南大門跡は本寺より二十町南見野本郷の二階堂と云ふも是也奥院は八重畑の観音堂是也”と記す。
 これを以て当時の盛観を窺知する。然るに中世の兵乱に炎上し、この後次第に衰微せしも寛永十六年姫路城主松平忠明再建せられたのが現在の国分寺である。
解 説
 阿閇城の戦いの後、毛利の大軍が上月城を囲んだため、秀吉らは救援に赴いたが、その隙に乗じて別所勢が姫路城を陥れようとしたため、官兵衛は急きょ姫路に引き返し、国分寺に拠って撃退したと伝えられる。
文化財:
資 料:ひょうご歴史の道WEB、現地説明板、
撮影日:2015年12月2日
近隣施設:姫路城広峯神社、円教寺、手柄山温室植物園

医薬門(旧金堂跡)
イメージ 1

中門
イメージ 2

イメージ 3

本堂
イメージ 4

イメージ 5

本坊
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

詳しい地図で見る

この記事に

開く コメント(0)

姫路城

城 名:姫路城、白鷺城
住 所:兵庫県姫路市本町
城 郭:渦郭式平山城
天 守:連立式望楼型5重6階地下1階
築城主:赤松貞範
主城主:小寺氏・黒田氏・池田氏・本多氏・酒井氏
築城年:戦国時代
主な改修者:黒田重隆・羽柴秀吉・池田輝政
廃 城:明治4年(1871)
文化財:国宝(大小天守と渡櫓等8棟)、国の重要文化財(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)、国特別史跡、ユネスコ世界遺産、日本100名城
資料等:Wikipedia
写真は2015年12月2日撮影

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

天守閣礎石移築復元
イメージ 10

黒田官兵衛などが築いた野面積石垣
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18


詳しい地図で見る

この記事に

開く コメント(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事