ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

山口県

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

六連島灯台

名  称:六連島灯台(むつれじまとうだい) 【5537 M5334】
住  所:山口県下関市六連島
マピオンマップ↓↓↓↓

塗  色:白色
塔  形:花崗岩造
塔 高:(地上〜塔頂):10.6m
灯火標高:(平均海面〜灯火):27.9m 
灯質・灯色:単閃白光 毎10秒に1閃光
光達距離:15.5海里
明 弧:140〜12°
初点灯:明治4年11月21日(1872)
管 理:第7管区海上保安本部関門航路標識事務所
エピソード
 この灯台は、慶応3年(1867)4月、幕府が兵庫開港に備えて英国公使と約定した5灯台(友ヶ島・江埼・和田岬・部埼・六連島)の一つである。英国技師R.H ブラトンの設計によって建設された石造りの灯台で、明治4年11月21日に初点灯された。以後現在まで当時と変わらない姿で残っている。
 明治5年6月12日、明治天皇は中国、四国御巡行のみぎり、参議西郷隆盛らを従えてこの島に上陸され、灯台を天覧された。
 これは日本で初めての灯台行幸であり、この灯台の誉れ高い歴史の一ページを飾っている。
 
アクセス:下関竹崎渡船より連絡船。六連島上陸後は、舗装された道を右に進みます。標識の階段を登って行きます。雑草多し、蛇も遭遇可能性あり。
文化財指定:下関市指定文化財
資 料:海上保安庁刊行「灯台表」&現地説明板など
撮影日:2016年10月7日撮影

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

この記事に

開く コメント(0)

六連島(むつれじま)

島 名:六連島(むつれじま)
住 所:山口県下関市六連島
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓

周 囲:3.9km
面 積:0.69km²
人 口:44世帯95人【平成28年4月1日現在住民基本台帳】
産 業:キク、カーネーション、ガーベラなどの花卉のハウス栽培、海産物、
資 料:Wikipedia、山口県HP
解 説:島独特の坂と石垣。歴史も古く名所旧跡がある。朝いちばんの船には、釣り客が多く渡ります。
撮影日:2016年10月7日
近隣施設:下関漁港、六連島灯台、

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

この記事に

開く コメント(0)

内日(うつい)第2ダム

ダム名:内日(うつい)第2ダム
ダム湖名:内日第二貯水池
河川名:綾羅木川水系赤田代川
住 所:山口県下関市内日字赤田代
所在地 マピオンマップ↓↓↓↓

堰堤長:78.5m
堰堤高:23.6m
総貯水量:1000千立方m
目 的:上水道供給、
形 式:アース
ダム事業者:下関市
本体施工者:
解 説
 鉄筋コンクリート造りの取水塔は、明治時代に造られた第一貯水池取水塔のレンガ造りと好対照をなしている。
 明治三十九年に水道が出来て以来、下関は西日本屈指の国際貿易港としてますます発展しました。
 増え続ける水需要にこたえるため、昭和四年、内日に新たな貯水池をつくりました。
着工/竣工:/1928
文化財
 内日第2貯水池溢水隧道入口 登録有形文化財 平成10年1月16日(1998)
【貯水池からあふれ出た水を流すためのトンネルの入り口で、御影石が組まれた馬蹄形アーチの上部には、「清波」と彫られた石板がはめ込まれています。】
 下関市水道局内日第二貯水池取水塔 登録有形文化財 平成10年1月16日(1998)
【第2貯水池の南にある。高さ24m(水中部を含む)の鉄筋コンクリート造の円形の塔で、上部に円形の上屋がある。上屋のドーム形屋根や周囲に巡る歩廊の高欄の意匠に特徴があり、その意匠は第1貯水池取水塔と好対照をなす。】
資 料:ダム便覧、現地説明碑、国指定文化財等データベースなど
撮影日:2016年10月6日
近隣施設:内日第1ダム

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

洪水吐けと池溢水隧道
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

取水塔
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

内日上十二号橋 現存する重要な土木構造物2800選
上路単RC開腹アーチ(リブ+柱)
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16


この記事に

開く コメント(0)

日内第1ダム

ダム名:日内第1ダム
ダム湖名:内日第一貯水池
河川名:綾羅木川
住 所:山口県下関市内日字一の瀬
所在地 マピオンマップ↓↓↓↓

堰堤長:85.2m
堰堤高:21.2m
総貯水量:1100千立方m
目 的:上水道供給、
形 式:アース
ダム事業者:下関市
着工/竣工:/明治39年(1906)
資 料:ダム便覧、現地説明碑、文化遺産オンラインWEBなど
撮影日:2016年10月6日
近隣施設:日内第2ダム、湯の原ダム

内日第一貯水池取水塔=登録有形文化財:平成10年(1998)1月16日
山口県下関市大字内日上字猿山356-9
煉瓦造ドーム屋根 高さ23.1m 上部内径3.0m
 イギリス人「バルトン」技師の調査によって、水源地を内日につくることになりました。
 ここから取り入れられた水は、約12㎞離れた高尾浄水場まで運ばれ、市民の皆さんの飲み水なります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8



イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

この記事に

開く コメント(0)

徳仙(とくせん)の滝

名 称:徳仙(とくせん)の滝
住 所:山口県下関市豊田町大字江良
場 所:マピオンマップ↓↓↓↓
河 川:木屋川水系江良川支流
山 名:華山
標 高:
落 差:二段12m余
伝説等:慶雲二年(705)役小角(えんのおづぬ)が来山した頃、徳仙上人はこの滝にこもり修行していたので、この滝の名を「徳仙の滝」といいます。
 また、玉の簾を垂らしたように見えるので「玉簾ノ滝」ともいいますし、地名が「蟹廻り」というので「蟹廻り滝」ともいわれ、様々な呼び名で親しまれています。
 旱魃の年には、菊川町岡枝の桜井八幡宮の「蟹廻り神事」が行われます。
 この滝のある華山(大神山)、神上山、標高713.3mは、豊田県立自然公園に位置し、緑豊かな景観が展開しています。
 上流にはキャンプ場もある。
文化財:
資料等:現地説明板、滝ペヂィア、
撮影日:2016年10月6日
周辺施設:湯之原ダム、華山温泉、

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

上の滝
イメージ 5

上流域
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事