佐沼ラグビークラブ

佐沼のラグビーをみんなで盛り上げましょう!

全体表示

[ リスト ]

いよいよ、ベスト4の激突〜!仙台工業との試合を振り返りましょう。前半試合開始2分に仙台工業が先制トラ〜イ!!キックも決まり0対7とリードされるがすぐさま反撃開始、3分に佐沼がトライを奪い5対7と食らいつきますが、さすが仙台工業、5分にトライを奪い返し5対14とセーフティーリード圏内に入る。
このまま前半が終わるかと思いきや、佐高もトライを奪いキックも決まり12対14でのシーソーゲームで前半終了。
ドキドキ感を引っ張りつつ、後半開始〜!後半開始1分に佐沼がトライを奪い、17対14とこの試合初めてのリードとなる。仙台工業のアタックを選手全員が体を張って止め、後半4分まで試合は膠着したままだったが、この試合最後のトライを佐沼が奪った結果、22対14とセーフティリード圏内に。その後も体格に勝る仙台工業を相手に体を張り続け、ノーサイドの笛が…。
この試合もSH(会長)のスクラムサイドの突破があった。成功した伏線としてBKラインの3人が「何やら打ち合わせ」風な雰囲気を出し、さも「孝洋がどっかで動く」様なイメージを醸し出したのを仙台工業のSHが敏感に察知。佐沼スクラムでボールが入った瞬間にオープンサイドのディフェンスをすべくスクラムから離れ、ボールからも目を離してしまいました。
そこを利発な会長が見逃すはずもなく、「するするっ」とスクラムサイドを駆け上がると、トライを奪ったのでした。
ここまでの試合、15人制の試合で目についた「隠れている」プレイヤーが一人もいません。セブンズはBKもブレイクダウンに入るし、FWが攻める場面が多く、倒れている人数や時間が多ければ、アタックするにもディフェンスするにも不利に働くから、意識して「早く立ち上がる、ブレイクダウンにかける人数も減らす」ことに徹しないと、短時間の試合を勝ち残れません。
また、よく声が出ていました。特にラックに時間をかけてアタックラインを整備する際や試合時間を消費するために、意図的に「レイト、レイト」とコールしていました。
そして、孝洋を意識しているディフェンスラインに対してCTBの陽が縦突破を仕掛け、ディフェンスライン裏に出ており、「佐沼のFB(孝洋)がいる」ことの心理的圧迫が裏表に効いています。
また、孝洋のディフェンスの際の緩急をつけた追いこみ能力が目にとまりました。佐沼ディフェンスラインの大外を突破されるまではゆっくり走り、突破されたのを確認してからギアをトップに入れ急加速、きっちり仕留めてくれる「信頼され、計算できる」最後の壁になりました。
この2年生のプレーを支えているのが3年生のFW陣。肩の故障から復帰第一戦でありながら体格に勝る仙台工業の「巧」をマッチアップの末、体を張って止めていた太郎、気合の入ったヘアスタイルで前回は遮二無二ポイントに突っ込んでいましたが、今回は良く見極めが出来ていた孝平。そのウェイトでスクラムとポイントで圧力をかけ続けた翔、キャプテンとしてタックルを繰り返した雄翔。BK陣は、前回は「俺が行かねば」と気持ちが入り過ぎていましたが、今回はパスを早く回すことに集中し、外展開を引きだしピンチの際には体を張り続けた陽翔、激しいタックルでトライを防ぐために何度も倒し続けた友幸。
 
敗れた仙台工業は3位決定戦では、佐沼との試合とは全く違ったチームに見えました。あえてポイントを作らず、オフロードパスの連続でグラウンドを縦横無尽には走り、石巻を寄せ付けません。この状態で佐沼と試合をしていれば、違った結果になったのではないでしょうか。
ならば何故そうならなかったのか?15人制の仙台三高戦でもそうでしたが、対戦高は佐沼との試合になると、「自らの強みを出すために集中」するのではない状態になってしまうような気がしました。
相手の強みを消すことを否定しませんが、先にすべきは「自らの強みを出し、相手に意識させる」ことかもしれません。その上で「相手の強みを消す」ことが出来れば、対戦相手のペースが崩れます。しかも、このチームは「リードされても逆転出来る」と考えている「超ポジティブシンキング」かも…。そんな事を考えていたら、試合時間の調整か、約15分ほどの空き時間がありました。
その間に、彼らがしていたのはなんと「ドロップキックの練習」、しかも楽しそうに。
決勝戦の前にこんなことを、こんな雰囲気でしているチームは観たことがありません。そうそう、決勝トーナメントに入ると彼らは試合開始前に「アップ」をしませんでした。仙台工業はタックル練習を声を出してしていましたが、佐沼はギリギリまで座っていました。つい近くの父兄と「こりゃ、そうとう大物か、そうとう間抜けか…」と話していましたが、間抜けはオイラでした。充分に上がり切っていたので「レスト」に重点を置いての対応だったらしいのです。
ついに決勝戦です。春のジャパンセブンズ(高校の部)で優勝したことがフロックでなく、チームの中心を佐沼高校であったことを証明する機会でもあるのです。
東北学院を相手に、佐沼は前半チームの主軸である孝洋を温存という大胆な作戦に出ました。孝洋がいない分、全員で攻め、全員で守ることが必須です。どこで孝洋を投入するのか、はたまた故障で出れないのか。
真実はわかりませんが、いよいよキックオフです。前半試合開始1分に佐沼高校がトライを奪い5対0、すぐさま学院高校もトライを奪いキックも決まり5対7とリードを奪われます。3分と7分に佐沼がトライを奪い17対7とセーフティリードを奪い、前半終了。
後半に入り、いよいよ孝洋がグラウンドに出てきましたが、本人の早とちりらしく、後半のキックオフ前にまたまたベンチに逆戻り。どうなってんの〜〜??
後半開始1分に東北学院がトライを奪い17対14と1トライで逆転可能圏内に迫ってきて、その後もトライを奪われ17対21と遂に逆転されてしまいました。
いよいよ孝洋投入、チームはトライを奪いキックも決まって24対21と再逆転に成功、試合終了間際にももう1トライを追加し29対21でノーサイド。
え、えっ〜〜、優勝?このチーム、おもしろ過ぎです。表彰式終了後の写真をアップしておきますね。
そして男子とともに、佐沼高校の女子マネージャーを中心としたチームが「女子の部」で優勝ということで、アベック優勝だぁ〜〜。すごいなぁと思いながら帰途につくと、今月下旬に予定していた「高校総体慰労会」を、今夜急遽開催することとなり中田の菅原屋さんで祝杯を挙げてきました。
そうそう、中学宮城選抜で一緒にやってきた子供たちに、色々と声をかけていただきました。
気仙沼向洋の「寿樹、藤田、タクマ」には「やられました〜。新人は佐沼と組みたいです」と嬉しいことを。仙台工業の「寛太、優吾」とも、キャプテンのコバ健にも挨拶してもらいましたし、東北学院の「リンペイ」や宮城水産の「マオ」にも。嬉しいことですね。
なんやかんやで最近毎晩呑んでいますが、選手達の『宴』は菅原屋の特製鳥飯と大将自慢のラーメン、オードブルで更けていくのでした。
 
文責 佐藤
※皆さん、コメントよろしくお願いします…。
 
追伸:
来週は豊里花の公園で「ミニラグビー」の大会です。低学年を含めチビッ子たちが一生懸命頑張り、楽しみますので、時間が許す方は是非応援に来てください。
 また、なっち&ヒゲ監督出演のミヤテレ放映の影響か、スクール入団(お試し含む)の子供たちが激増しています。嬉しいことですね〜。
イメージ 1

閉じる コメント(4)

顔アイコン

7人制優勝おめでとうございます!
全国優勝は佐沼があってこそ!ってあらためて思っています。
中学選抜の仲間との対決、おもしろいけど、本人たちは一緒のチームでやりたい気持ちが強いですよね・・・。
いつかまた、一緒にプレーさせてあげたいですね。 削除

2012/6/4(月) 午後 10:55 [ 仙台のおばちゃん ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。試合の前後にいろんな話をしてたみたいですね。ホントに、また一緒にプレーさせてあげたいと思います。三高惜しかったですね〜〜。

2012/6/5(火) 午後 8:11 [ やっし ] 返信する

顔アイコン

なんだかみんなめんこくて・・・。
敵のはずなのに、憎めないよね・・・。
また一緒にやったらいいっちゃ! 削除

2012/6/5(火) 午後 10:25 [ おばちゃん2号 ] 返信する

顔アイコン

そうですね〜。オール宮城で再会できれば良いんですけど…。水戸や横浜での楽しい時間が「ずっと昔」のようですね。

2012/6/6(水) 午前 6:00 [ やっし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事