山賊親父の 山からふきくる風

そろそろ好きなように生きたらどうだと ふきくる風が私に問う

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
空き家活用つどい家プロジェクト
改修を構想するときにでた色んな意見の中に、落語や漫才が出来る舞台を造って、お笑いで地域を賑やかす、と言うのがあった。
その具体化案の一つが、若手芸人さんが合宿して芸の研鑽を図れる場所を作る事...
提案してくれたのは鶴笑さんに入門して2ヶ月足らずの笑利さんだった。
あれから1年半、笑利さんに来て貰ってつどい家を視察して貰った。
多分、想像以上に貧相で気落ちしたんじゃ無かろうかと思う。
(なにせ、天井が低くて何度も鴨居で頭を打つし、20人も入れば満席)
トイレもお風呂も台所も、近所にコンビニも完備で無料で使って貰っていいから・・・と必死のセールス?トークを繰り出した。
(ほんと、使用料は今日のように近所の人に一席やって貰えれば充分です。)
写真は、たまたま視察当日に老人会サロンとして使ってくれるグループがある事を知った笑利さんが特別ゲストを買って出てくれた一コマ
(主催のおばちゃん(80代)が、引きこもりがちな老人仲間が気軽に集まれる場所を作ろうと、つどい家を使ってくれています。)
絶え間ない笑い声を聞きながら、四国の山奥に、お年寄りと若手芸人さんが交流する場ができたら面白いなあと夢想してました。


開く コメント(0)

蛍の棚田プロジェクトが今日(2016.4.17)の徳島新聞に掲載されました。
昨年は猪被害で「棚田の餅米全滅」と報じられましたが、今年こそは「棚田豊作」と報じて貰える事を信じて^^。

昨年のイノシシ被害に懲りず対策を強化して、今年も蛍の棚田米作りに挑みます。
今日がその初日、言い出しっぺのs先生も東京からかけつけ、後任のO先生に耕運機操作を引き継ぎます。
って、S先生は確か昨年のこの時期、イタリアだったような^^





開く コメント(0)

地域再生塾空き家活用つどい家プロジェクト
年令総計で1200才を軽く越える人達が「灯りをつけましょ雪洞に〜」と3番まで合掌、失礼、合唱してくれました。
親王飾りを用意したつどい家スタッフへの気遣いが嬉しい歌声でした。
...
主催のおばちゃんが、「みんな集まって気軽にお喋りがしたいんよ。」と、気兼ねなく使える場所としてつどい家を利用してくれました。
賑やかな話し声がお昼ご飯とカラオケを挟んで3時まで、盛り上がられてました。
またやろうと言う事で、来月27日利用の予約もいただきました。 
おばちゃん
ありがとうございます。
             つどい家亭主 ^^



開く コメント(0)

地域再生塾で取り組んできた丹生谷小学生のフォト俳句プロジェクト
そこから生まれた旅するミュージシャン奥野勝利さんと桜谷小学校の子ども達との交流
桜谷小学校閉校記念誌にその足跡を留めていました。...
(平成28年3月27日閉校)





開く コメント(0)

地域再生塾空き家活用つどい家プロジェクト
第一回ヤードセール終了
ただ捨てるなんてのは勿体ない
家庭の不用品が見る人によって掘り出し物と成る事が有るヤードセール
・・・ベンチプレスセットは漬け物石代わりに面白いと思ったが需要がなかった^^。


開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事