ここから本文です
づるづる草たまに闘病
札幌から東京へ転勤中お一人様オバサン日記。同居の招き〜ずに「貞子」呼ばわりされ(笑)。子宮体がん&股関節形成不全闘病中♪

ラルス 1回目。

本日は恐怖のラルス(密封小線源治療)1回目の治療を受けて参りました。
家を出る前に座薬のボルタレン挿入、「ワタシは腐った鯉、ゆるゆるのひこにゃん・・・」と怪しく呟きながらいざ、放射線科へ。
まずは結論。
「思ったより痛くなかった〜!」 は〜良かった!
以下、今後治療を受けるかもしれない方のご参考に、きっかり書くので苦手な方、回避〜!






治療室の壁はベージュの普通のお部屋風の壁紙。
おそらくリラックスさせる為かな?ラジオがかかっていました。

まず、マタ割れ紙製トランクスを履き、足に白いブーツカバーのようなものを付けて、診察ベッドで婦人科診療ポーズ。
サクッと診察を終えたら、消毒、機械挿入、固定の為のコットン挿入。

婦人科だと「いでえええええ〜!!」と声が出る筈なんですが、潤滑ゼリーをたっぷり使ってくれたからか、「あれ?そうでもないぞ?」。
ゼリーにも局所麻酔が入っているのかも?
固定の為のコットンも「ぎうぎう」詰められているようですが、水分を吸わせてから詰める為か、酷く痛い、って事はないです。
でも圧迫感はかなりあります!タンポンがキチンと入っていない感じ、っていうのが近いかな?

まずこのままX線撮影し、照射位置を計算。婦人科ポーズで放置プレイ
でも、女性の看護師さんが横に付いていてくれたので安心。

その後計算が終り、位置が決まったら照射。照射時はお部屋に一人です。
診療明細には「コバルト」とありました。

照射時間そのものは3分。「とん、とん!」という軽い衝撃と「ぐぐぐぐ〜ん」という軽い振動。黄門様にも振動が伝わり、軽く便意、でも耐える(笑)。
照射自体は痛みはないです。

終ったら、器材、コットンを抜き、軽くぬるま湯で洗って貰っておしまい。この間1時間くらいでした。

治療自体はホントに思った程痛くはなかったです。でもこれも「子宮が残っているか」「回数を重ねて膣内に癒着が起きた」とかで変わってくるのかも
まぁ、やる事になったら「まな板の上の腐った鯉」「なんにも出来ないゆるゆるひこにゃん」をイメージしてリラックスして挑みましょう

で・治療自体は痛くなかったのですが・・・ボルタレンが切れたせいか・・・
2、3時間後に局部ヒリヒリ、しみしみ〜!!
イメージ 1
椅子に座れな〜い。ドーナツクッション買っておいてよかった〜

さて!それら以上に痛いのがお財布です。
イメージ 2
放射線治療8回のみ・3割負担で
  合計 309,771円!!!!!
・・・個室入院+手術よりお高いのねひぃいいいい〜でしょ〜?!
まぁ「限度額適用認定証」を出しているので

今回のお題は49,100円でした。 ・・・それでもやっぱ、かかるねぇ〜

イメージ 3
フェルトちゃん3号「で?またくたびれたからオヤツ買ってきたの?」
うん。今度はちゃんと和菓子屋さんの桜餅だよー。
「長命寺」タイプ(クレープタイプ)と「道明寺」タイプ(おはぎタイプ)。
どっちも甘くて塩っぱくて美味しいよね〜♪

この記事に

開くトラックバック(0)

主治医、転院。

はい、本日は婦人科に血液検査と先日のその結果とお医者さまのお話を聞きに行って参りました。

血液検査は・・・やっぱり腫瘍マーカーは正常範囲内。
膣内局所発生だとそうなのか、たまたま私が反応しないのか?(妖怪だから?)。
やっぱ、コレって逆に怖いよね〜
医者やデータが「大丈夫」と言っても、変な症状があったら「細胞診断して下さい!」と言わないと、再発が見落とされるって事だよね。
で、

先生「ボク、3月で転院になるんで・・・」
私「へっ?」 (あと数日やん!)
先生「言ってなかったっけ?」
・・・・・はい、聞いていません!!
ははは、最後まで連絡が悪かったねえ〜先生
や〜お仕事シンドイから辛くなったのかなあ?いつも風邪気味だったし・・・
で、次の担当のお医者さんが、研修医みたいな方で…可愛いんだけれど大丈夫か〜?(笑)、あ・でも逆に丁寧に診察してくれるかも?。
は〜それにしても、ホント、お医者さん足りていないねえ〜ココ

とにかくっ!今回の治療でガンサイボーちゃんが大人しく昇天、もしくはずっと凍結してくれますように〜!(ゴジラか?)。

イメージ 1
づるづる「で?貞子、コレは何?」
 うん、職場に福祉作業所さんがお菓子やパンを売りに来てたからさ〜
づるづる2号「や〜協力するのは良いんだけどさ〜」
ごとこ「お菓子買いすぎ!買うのはパンにして、冷凍しておけばいいでしょ!!」
 てへ次回からそうする〜♪
イメージ 2
「湘南みかんぱん」。
間引きした青い蜜柑ジュース使用だそうです。
酸っぱくて甘くてなかなか不思議な美味しさでした♪

本日のお代は 診療…1,040円  
       お薬(マグミット・大健中湯3カ月分)…3,190円でした。

この記事に

開くトラックバック(0)

昨年の今日は

昨年の今日は子宮体がん・開腹手術の日。
手術後はもちろん痛かったけれど、痛み止めが効いて、思った程ではなかったな〜。
「親知らずを抜いて麻酔が切れた時の方が辛かったよなぁ〜」って思ったねえ。

翌日は使わなかった自己貯血分を輸血してもらって、チューブをいっぱいぶら下げて歩行訓練したっけ。
グルグル目眩で数メートル歩いたところで車椅子でベッドに返却されたっけ
でも「これで安心。あとは手術の後遺症に気を付けて過ごさなきゃね〜」って思ったっけ。・・・・なのに!

まったく再発するとは夢にも思わんかったわい

と・言う訳で、あすからGW明けまで治療休暇に入ります。
イメージ 1
フェルトちゃん3号「で?サプリと入浴剤と生姜?いっぱい買ったのね〜」
うん♪とりあえずビタミンと生姜を摂ってお風呂で温まって自然治癒力をUPしてみようかな?と。病気への効果はさておき、身体に良さげだし、損はないかな?

明日は血液検査と先生のお話。で…月曜日から恐怖のラルス!!!

・・・・だ・・・大丈夫うかな・・・恐いよう〜
うん、へーきへーき・・・わしは魚、まな板の鯉なの〜!(暗示中)。

とりあえず明日、病院の帰りにヤクルトと小松菜・人参・林檎・バナナを買ってこよっと!

この記事に

開くトラックバック(0)

昨日、1月に診察をして頂いた石部基実クリニックさんに正式に手術のキャンセルをお願いしました。

あ〜あ、この秋には颯爽と古都のお寺さん巡りが出来ると思ったのになあ〜
でも、これから再発治療に入るしそれなら手術待ちのお元気な方々にさっさと譲るべきだよね
あ・でも、決して投げやりになっている訳ではありませんよ?。
イメージ 1
ヨガマットとドーナツクッション購入したし。治療休暇中、脚の筋トレするしっ!
それとね〜ちょっと希望的観測があるんです。

数年前ですが、登山家&プロスキーヤーの三浦雄一郎氏の講演を聞いたのです。
氏も過酷なチャレンジやたび重なる怪我の為に股関節の軟骨が無い状態になったそうです。
が!ここからが超人アスリート。
痛みをこらえ、足にウェイトを付けてウォーキングトレーニング!もちろん医者には内緒で(笑)。
そうして数カ月後、医者がビックリ!なんと「股関節の隙間になんかできてる!」。

氏いわく、「足を振り子のように動かす事によって隙間に『なんか』はいったんでしょうね〜?」。その後、普通に痛みなく歩けるようになったそうです。

もちろん、氏が特別なアスリートなのもあるんでしょうけれど、一理あるな、と。
股関節の上からの負担は問題だけれど、ウェイトが下なら動くたびに「牽引」の作用もあるはず。「牽引」は私も整形外科でやってもらっているから効果はあるはず。
そしてマットのウェイトトレーニングもそこそこ効果があるはず。

ガッツリ筋肉つければ、痛み止めと杖の助けをかりつつでも、最後まで生活に支障がないレベルで歩けるはず!
あとは自分がトレーニングを怠けない事、だよね♪

この記事に

開くトラックバック(0)

本日、ようやく治療方針が決まり、27日から治療に入れる事になりました。
治療方法は超痛いと評判の
ラルス (RALS) =Remote After Loading System
(遠隔操作密封小線源治療)でございます
どーゆー事をやるかと、ザックリゆーと・・・痛そうなので苦手な方、回避〜!!!









診察台にカラダを固定し、膣に機械を入れて広げて棒をブッ込んで、棒が動かないように膣にガーゼを「ぎうぎう」詰め込んで放射線、照射―!!
ぎえええええええ〜!! でしょ〜?!もう拷問レベル!!
これが週2回x4周の8回!!げええええええええ〜!!!

この治療を受けた方のブログを見ると皆さん「超痛い」「もう嫌だ」って書かれていたので恐怖ですよ・・・・
お医者さまにその旨伝えると「さんの場合は子宮摘出済みで膣も短く切断済みだからそんなに痛くないと思います」との事。

でもね〜私、実は内診・触診の度に出血と痛みで寝込んでたんですよ〜絶対痛いって!
と・言う訳で、治療用に使う痛みどめ座薬を処方してもらいました。

しかし!更に恐怖なのが、副作用&後遺症です。

絶対にでる後遺症として説明を受けたのが
・皮膚炎 
・膣炎 
・膣狭窄(狭くなる) 
・膀胱炎(痛いよね〜
  ・・・まぁ、これは数週間〜数カ月で大部回復するそうです。

後日(直後〜数年後)出てくる可能性のあるものが
・直腸出血  
・膀胱出血  
腸膣瘻(腸と膣がくっ付いてトンネル状になる)  
直膀胱膣瘻(腸と膀胱がくっ付いてトンネル状になる)
・下肢浮腫
そして・・・膣切断部分に小腸と膀胱がガッツリ癒着している為
・腸間穿孔=腸に穴が開く→人工肛門(オストメイト)装着の可能性がある!!!

ぎゃあああああ〜!!!「ごく初期の子宮体がん」でコレかい?!
・・・どおりで排泄痛が1年近く経っても消えない訳だわね〜
まだ「可能性がある」レベルなので、治療が始まったら食生活は本気で気を付けて、なんとか装着しないで済むようにしないと

まぁビクビクもストレスになるから、お腹に詰まらなくて、美味しく栄養があるお料理でも研究してみます

今回のお代は診察料480円、痛み止め座薬8個で380円、
職場にお休みを頂くための診断書が3,000円でした。

通院は週2回ですが、翌日の出血ダウン、この他にも婦人科、消化器科、股関節痛の整形外科、後遺症対策の泌尿器科の通院を想定して、4月一杯お休みを頂く事にしました〜意外と忙しいかも(笑)。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事