青い紅玉

ふと気づいたら4年以上もブログを放置していました…

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

『はじめての文学』シリーズ(全12巻、刊行予定)のうちの1冊です。
「文学の入り口に立つ若い読者へ」という視点から、著者自身が選んだ作品のアンソロジー。
もちろん、既発表の作品ばかりですが、活字が大きめでルビも多く、若い読者のみならず、小説などになじみの薄い年配の方にもよいのではないかと思います。

この『宮部みゆき』には、『心とろかすような』『朽ちてゆくまで』『馬鹿囃子』『砂村新田』の4編が収録されています。

内容について先入観を与えない、シンプルなデザインの表紙もGood!

閉じる コメント(3)

顔アイコン

以前、誰かに勧められて彼女の本を片っ端から読みました。でも記憶には全然残っていない(自爆)

2007/6/7(木) 午後 5:15 coc*i4*2000 返信する

顔アイコン

私は『茂七親分』シリーズなどの時代物が好きです♪ 以前『茂七の事件簿』というタイトルでドラマ化されたときには高橋英樹さんが演じていました。『霊験お初』は最近コミック化されていますね。…お目々きらきらの少女漫画っぽい絵で、あれはちょっと…。

2007/6/9(土) 午前 7:08 さふぁいあ 返信する

顔アイコン

『霊験お初』がコミックになっているんですか。知りませんでした。小説の中のお初は可愛くて、芯が強くて、度胸がよくて、なんとも微笑ましい少女でした。私の頭の中のお初のイメージですけどね。

2007/6/13(水) 午前 10:37 [ 七転び八起き ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事