ここから本文です

書庫全体表示

 さっぽろHT81局が、方々に確認を取って頂いた&私は総通だけの確認でしたが、ともかくHT81局が製造元メーカーであるICOMから「規格に合致しているアンテナであれば使用可能」との言葉を貰った事で、純正以外のアンテナを接続する事が全く問題無く使用する事が出来る運びになったわけでございます。

改めて使用可能とされるアンテナの型式・構成は全て「単一型」で

「1/4λ -4.50dbi」 「1/4λ -3.50dbi」 「1/4λ  1.20dbi」
「1/4λ  2.14dbi」 「1/2λ  2.14dbi」

 となっております。表記に「db」の場合はその数値に2.14を加算すると「dbi」での利得表示となります。

 また、メーカーは結構本来の理論値である「2.14dbi」の物を「2.15dbi」と表記しております。
 そもそもですが、「db」から表記を「dbi」にしてさも利得があるように表記しているわけですから、まぁこれくらい、、、ってな感じかも知れません(笑)

 dbやらdbiやらの違いに関しては、適当にググった方がしっかり説明がありますので、わからない方はそちらで調べてみてください。
 2.14dbiと2.15dbiの説明も出てくるかと思います。

 ということで、専門的な説明は専門家にお任せするとして(笑)、じゃあどんなアンテナがIC-DRC1に使えるのか調べてみました。ただし、どこまでしっかり「同調」してくれるかはわかりかねますので、お手持ちのアンテナがあればアンテナアナライザ等でお調べの上、納得し自己責任でお使い下さい(笑)
 なお、平成31年11月29日現在の現行品のみ記載とします。

第一電波工業

モービル

SG7000   1/4λ 2.15dbi
SG7100R   1/2λ 2.15dbi
SG7400     1/2λ 2.15dbi
SG9600     1/2λ 2.15dbi
SGM506R  1/2λ 2.15dbi
SGM507    1/2λ 2.15dbi
SGM510    1/2λ 2.15dbi
AZ507FX   1/2λ 2.15dbi
AZ507FXH 1/2λ 2.15dbi
AZ510FX   1/2λ 2.15dbi
AZ506       1/2λ 2.15dbi
AZ507R     1/2λ 2.15dbi
AZ510       1/2λ 2.15dbi
AZ510FMH 1/2λ 2.15dbi
AZ910       1/2λ 2.15dbi
CR77         1/4λ 2.15dbi
CR8900     1/2λ 2.15dbi
NR770H     1/2λ 2.15dbi
NR770R     1/2λ 2.15dbi
NR770HSP 1/2λ 2.15dbi
NR770RSP 1/2λ 2.15dbi
NR760R     1/2λ 2.15dbi
NR760H     1/2λ 2.15dbi
NR770S     1/4λ 2.15dbi
HV7CX       1/2λ 2.15dbi
SR780       1/4λ 2.15dbi
D220R       1/2λ 2.15dbi  ※ ディスコーン


ハンディ(BNC)

RH795       1/4λ 2.15dbi
RH789       1/4λ 2.15dbi
RH778       1/4λ 2.15dbi


ハンディ(SMA)

SRH36       1/4λ 2.15dbi
SRH519     1/4λ 2.15dbi
SRH789     1/4λ 2.15dbi
SRH940     1/4λ 2.15dbi


固定用

VX30         1/2λ 2.15dbi


コメット

モービル

CHL-19      1/2λ 2.15dbi
CHL-25S    1/2λ 2.15dbi
SB0           1/4λ 2.15dbi ※SBB0含む
SB2           1/4λ 2.15dbi ※SBB2含む
SB3           1/2λ 2.15dbi ※SBB3含む


ハンディはカタログに波長記載が無い為、確実性に欠けるので記載しません。

もういいでしょう(笑)

あとは、サガ電子のアローライン AL-144Fが1/2λ 0db(=2.14dbi)です。

 基本的に1/2λの1m近くあるタイプであれば、デジタルコミュニティ小電力無線の周波数帯でもSWRが1.5以下にはなるかと思いますけど、あくまで「思う」だけで実効値はわかりませんよ?(笑)ごく一部しか測定していませんからねぇ〜
 ぶっちゃけSWRが3以下ならいいかと思いますけどね、んなもん。
 というか、繋げてみて良く飛んだら勝ちです(笑)
 そこまで目くじら立ててSWRがどーたらこーたら言わなくて良いかと思うんですがね〜

 わしおすすめのアローラインはSWRが1.3くらいでした。
 アマチュアでもかなり実績があるアンテナですので、恐らく素晴らしい効果が期待できるとは思うんですが、何せ相手局が少なく実験もあまり出来ておりません(笑)

 あくまで参考程度にして下され。

 あと、150MHz帯の1波指定な業務アンテナは辞めた方がいいでしょう。
 指定周波数1波でアンテナを作るので、ちょっと周波数がずれると使い物にならんかと思います(笑) 4MHzもずれたら結構イケない感じになる可能性がありますわ

 ただし、簡易無線用であればブロードなアンテナになりますので、そちらであればいい感じで使えます。もっぱら私は普段これになりました。

 という事で、今晩からはアローラインでガシガシ電波出してみます♪

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事