札幌の社労士だべさ

クリスマスプレゼントをアマゾンに発注しました。ちゃんと届くのか?(12/5)

全体表示

[ リスト ]

 コナミスポーツで26年働いていた元支店長クラスの職員は
労基法上の管理監督者にあたるのか。

 仕事内容は、一般職と同様のフロント業務を行っていたことから
支店長の仕事とは思われないということか。

 もしこのフロント業務がなければ
管理監督者として認められたかもしれないということですね、きっと。


「名ばかり管理職」認定 コナミスポーツ、東京地裁

 コナミスポーツクラブ(東京)の元支店長の女性が、権限や裁量のない「名ばかり管理職」だったとして未払い残業代などの支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は6日、同社に残業代約300万円と労働基準法違反への「制裁金」に当たる付加金90万円の支払いを命じた。

 労基法は給与などで相応の待遇を受け、労働時間に自由裁量がある「管理監督者」は残業代の支給対象外と規定。同社の支店長がこれに当たるかどうかが争点だった。

 佐々木宗啓裁判長は、女性が人員不足でフロント業務などに従事し、恒常的に時間外労働を余儀なくされていたと認定。「裁量が相当制限され、管理監督者の地位にあったとは認めらない」と指摘した。

 判決によると、女性は1989年に入社。2007年から都内などで支店長やマネジャーを務め、15年に退職した。

 判決後に記者会見した女性は「会社の労働環境は変わっていない。判決が私のように苦しんでいる人のためになればいい」と話した。コナミスポーツクラブは「判決を入手していないのでコメントできない」とした。
日経新聞(2017/10/6 20:33)

ランキングやってます
     ↑↑↑
ぽちっと押していただけるとありがたいです

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事