札幌の社労士だべさ

もう6月。社労士業界の繁忙期の開始です(6/1)

全体表示

[ リスト ]

 監督官不足に対応するために
一時は社労士への委託を検討していた厚労省ですが
OBの再任用で対応することになりそうです。

 ただ、50人では足りな過ぎます。
しかもフルタイムではなく、半分程度の労働時間。

 本気でやる気があるのか。伝わりませんよ。

 総理は長時間労働是正を本気で考えるなら
監督官の人件費をもっと考えてあげるべき。

労基監督官OBを雇用 違法残業の監視強化

 厚生労働省は違法残業の監督指導を強化するため、2018年度から労働基準監督官OBを非常勤職員として活用する。約50人の採用を想定。監督官の人手不足が問題となるなか、労使協定(36協定)を超える残業が疑われる事業所への立ち入り調査などでシニアの力を借り、社会問題になっている長時間労働の是正を図る。

 政府は18年度、労働基準監督官を10人増員する方針を既に固めている。さらに検査経験豊富なOBを最大で50人雇用し、立ち入り権限を持つ監督官として働いてもらう。これまでも60歳で定年退職した国家公務員を65歳まで再任用する制度はあったが、再任用期間を終えたり、いったん退職したりした監督官OBを雇用する。

 従業員からの通報などを基に事業所を調査し、労働基準法違反が見つかれば行政指導などで労働環境改善を促す。週2〜3日の勤務を想定しており、書類送検するような悪質な事案を扱うかは今後、検討する。
日経新聞(2018/1/10 1:36)

ランキングやってます
     ↑↑↑
ぽちっと押していただけるとありがたいです

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事