札幌の社労士だべさ

もう12月。1年はあっという間になってきました(12/2)

全体表示

[ リスト ]

 長時間労働の指導や調査は本気だな。

 監督官不足をOBや非常勤の社労士で対応するようだけど
やるなら徹底的にやって欲しいですね。

 いままで調査対象になっていない事業所が多すぎ。
5年程度の1度は監督署が調査するということが会社に伝われば
もっと労働時間を真剣に考える会社が増えると思う。

労基署の窓口指導員5割増 長時間労働是正へルール説明

 厚生労働省は主に中小企業を対象に、違法な長時間労働の是正に向けた指導を強める。同省の基準は時間外労働について月45時間までなどと定めるが、理解不足から違反するケースが後を絶たないため、労働基準監督署の窓口でルールを説明する指導員を2018年度に約5割増やす。企業を直接訪れて自主点検を促す指導員も1割近く増員。社会問題化する長時間労働に歯止めをかける。

  労働基準法は労働時間を1日8時間、週40時間と定める。これを超えて働かせるには、労使が合意して協定(36協定)を結び、労基署に提出する必要がある。

 ただ36協定を結んだ場合でも、時間外労働は厚労省の定める基準で月45時間まで、年360時間までなどと定めている。36協定の提出時などに労基署の窓口で企業の担当者に対し、「時間外及び休日労働協定点検指導員」が、こうしたルールを守るよう説明・指導している。

 厚労省はこの指導員を17年度の198人から18年度に300人に増やす。同指導員は非常勤で雇用した社会保険労務士などが担う。人員増で説明時間を十分確保し、残業時間の削減に向けた助言がしっかりとできるようにする。人手不足が問題視されている労働基準監督官の負担を減らし、労基法違反が疑われる事業所への立ち入り調査に注力させる狙いもある。

 現在の制度では、労使で特別協定を結べば青天井で残業時間を延ばすことができるのが実態だ。こうした職場では長時間労働が常態化している恐れがあるという。このため、企業を直接訪れて従業員の労働時間の自主的な実態調査を促す「労働時間管理適正化指導員」についても、18年度は10人増やして154人とする方針だ。

 厚労省によると、監督官が計画に基づいて企業に立ち入り調査する「定期監督」は16年が13万4617件。このうち長時間労働など労働基準関係法令の違反があった企業の割合は66.8%で、01年以降は6割台で高止まりしている。
日経新聞(2018/2/26 19:00)

ランキングやってます
     ↑↑↑
ぽちっと押していただけるとありがたいです

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事