GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 漫画『まおゆう魔王勇者「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」』。作画:石田あきら。

「魔王奪還編」の後始末と温泉回。世界は広がる第7巻

イメージ 1

イメージ 2

 全12話で終わったアニメの「抜け」も「先」もじっくり描かれてゆく漫画版。
 裏表紙も相変わらずいい仕事してますね。
※画像右下隅クリックで拡大。

 旅商人や砦将のおっさんなど、決してメインじゃないキャラもいちいち良い感じ(砦将は割と重要キャラですが)
 第24話の「私はこの世界が好きなんだ」も一層映えます。

■種は芽吹く。前半戦終了
 ドラゴンクエスト風の魔法中世ファンタジー世界観をベースに
 単に「人間と魔族の戦争を終わらせる」だけでは本当の平和は得られない事に苦悩し、立ち向かう物語。
 帯から見るにここから第二ステージに入る模様。

 アニメ同様、人間界の戦争の膠着化と「魔王の力の継承」によって自我を失いかけた魔王の救出
 二つの大事件を収めた後の後始末がメインとなった第7巻。
 次は魔続側にスポットがあたっていく模様。

 というと小難しい感じですが、要はこれまでの話がもたらした影響のまとめと
 これからの展開への伏線と温泉回。
 そんな温泉回。

私は、この世界が好きなんだ

イメージ 3

 場面は違いますが、物事に完全な明確さを求める人は「決定」ができない(意訳)という格言を思い出す一言。
 それも彼女のカッコよさなのでしょう。

 ここまで、彼女がもたらした「きっかけ」がいろんな人によって膨らみ、独自のアレンジを加え
 彼女の想像を良い意味で上回って拡散し、世界を変えて行ったことに
 そっと涙を流す魔王。

 ここまでの「中世な世界観に、近代的な考え方を持ち込む」展開にも一区切り。

 もっとも、彼女がもたらした「鉄砲」が、密かに中央教会によって奪われ逆用されるなど
 良いことばかりではない動きも見え始めている模様。
イメージ 4

「魔王の力」拡散。

 また、前回魔王を助ける為に「旧魔王達の残存思念が宿る霊廟」を破壊してしまったのですが
 結果、残留思念は拡散し「かつての魔王達の能力」が世界中に散らばり
 各地に「魔王継承者もどき」を誕生させている模様。

 魔王も「魔族の大会議<クリルタイ>」を召集し、一挙に人間との融和を進めようとしているものの
 そんな彼女の思惑も一般魔族には通じず、どうにも上滑り気味。

■名目上の当主
 一話目に語られたように
 彼女は「魔王」の銘を与えられてはいるものの
 六つの氏族から構成された魔族は、伝統的に各氏族の長の権力が強いので、あくまでまとめ役程度。

 そんな立場は魔族なら誰もが了承していることでもあるので
 そこからどう主導権を握り、そして種族に根付いた「人間は敵である」という常識を変えて行くか。
 勇者と魔王の戦いは再出発を迎える模様。

収録

※当方は原作ライトノベル未読&アニメ全話視聴組。

 第23話「戦うには時があり、和らぐには時がある」
 第24話「私は、この世界が好きなんだ」
※ここまでがアニメ第一期。

 第25話「時が求めるから」

 第25話の砦将と女騎士の会話なんかも何気なくていい感じ。
 全3話ですが、各50ページくらいなので角川系としては普通のコミックスサイズです。

■コラム
 第22回……人間にとっての「世界」
 第23回……ロビイストの活動(いわゆるロビー活動)
 第24回……人々を癒す温泉

 カバー裏「おしえて!メイド長」は「温泉…とは なんなのでしょう」

 漫画版も累計100万部突破し次巻八月ごろ発売予定。
 ……って早ッ!?
イメージ 5


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事