GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

『目的が手段を正当化する事など!』。ニナの過去等も描いた漫画版

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 表紙は、二冊つなげるとこんな風に一枚絵になる仕様。物語は大戦期のソロモン海戦から始まります。
※画像右下隅クリックで拡大。

 ニナとガトーの馴れ初め、立場の異なる軍人として、ガトーと対面に立脚して言い合うウラキなど
 大筋は同じなもののストーリーの細部が異なる漫画版。
 松浦版と呼ぶこともある。

 初代ガンダムとZの『間』、一年戦争の戦後を描き、OVA全13話、その後120分に再編集され映画化もした
 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYの漫画版の一つ。

 1991年のOVA第1作から9年、1992年の映画版から8年後、2000年に描かれた。
 地球編、宇宙編、の2冊で構成されている。

 漫画版は「公式度からいえば、アニメは白。それ以外はグレーライン」とはよく言われますが
 こういうのも悪くないものだと私は思います。

ベースは劇場版

イメージ 5

イメージ 6

 冒頭の「パワード・ジムとの模擬戦」は、鹵獲ザクを駆る熟練アレン大尉 vs ジム新兵sに差し替え。
 駆け出しMS技術者だった頃のニナが、ガトーと出会い成長したという昔話も挿入。

 大筋としては劇場版に近く、全2巻という事で手に取りやすいのも魅力の漫画版。
 今回、RG GP-01Fb製作にあたって読み直しましたが
 やっぱり好きな作品です。

 0083は「コロニー落としが狙い通りだったのか否か」など結構誤解されている方も見られるなど
 話に疾走感がある一方、解りにくい部分もあるんですよね。
 その辺はやはり漫画ならではに解りやすいです。
 自分のペースで読めますから。

 ニナとガトーの一件など、話も整理されており、話に入り込みやすい良い再構成がなされています。

 人物画がちょっと「線がよれている」事、漫画版は公式度が云々とか
 話の再構成が云々など、好みが別れる面もありますけれど
 私の趣味から言えば割とお勧めです。

収録

 電撃コミックス「機動戦士ガンダム0083 星屑の英雄 地球編&宇宙編」。松浦まさふみ氏。
 地球編は2000年、宇宙編は2001年初版発行。

 地球編は『ソロモンよ! 私は還ってきた!』まで。
 宇宙編は完結までが描かれた。

 作者の方は、今よりもう少しコミカライズがフリーダムだった時代に『無人機システムのガンダム』
 宇宙世紀アナザー、ゼファーシリーズを描かれた方です。

■2000年
 巻末の『掲載誌コミックス』にあずまんが大王とかガンパレードマーチとか。時代を感じますね。
 ちなみにHGUC ガンダム試作一号機&フルバーニアンが発売開始したのはこの頃。
 そういう企画だったのでしょうね。

■関連記事
 RG ガンダム試作1号機 フルバーニアン http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66624218.html
 HGUC ガンダム試作1号機 http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66263988.html

この記事に


.


みんなの更新記事