GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

苗木くん、処刑……? クライマックスへ向け急転する第11話

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 前半パート、強引な学園裁判結審で苗木くんが処刑に!?
 という急展開から、後半パートでは救出、霧切さんの正体明かし、そして最終決戦へと一気に展開。

 苗木くんがこれまでにないまでに逞しい生き様を見せ
 衆人環視された環境を利用し、霧切さんと共に遂にモノクマに挑戦状を叩きつけましたが
 果たして打倒できるのか?

 そして前回から様子がおかしいモノクマの真意とは?

 次週、第12話。次回予告無し。

十神君『霧切響子! お前が犯人だ!!』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 いきなりとばしてます超御曹司

■学級裁判!
 冒頭、軽く『この学園の様子は、全国ネットで放映されている』という事に触れつつ学級裁判へ。
 調査パートを挿入しつつ、軽快に霧切さんを追い詰めるトガミ君ですが
 やはり矛盾を指摘され、なかなか前へ進めません。

『なんだよタイムアップって!? おかしいよ、何とか言えよモノクマ!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 冷や汗を流し、嘘をつき、らしくない様を見せる霧切さん。

■結審…?
 トガミ君の指摘をことごとく霧切さんが受け流し、事態は前へと進みません。
 が、学級裁判は多数決制なので、霧切さんの処刑は目前。
 守勢では分が悪い。

 と悟ったか、霧切さんは推理の行き先を苗木君へそらし
 更に、何故かモノクマが『学級裁判のタイムアップ』宣言をしたことで全員が焦って投票した結果
 見事、苗木くんがクロに!!

おしおき『補習 -detention-』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 しかし間一髪、システムにアルター・エゴが介入し、苗木くんは脱出に成功。

■処刑
 教室を模したトロッコ(?)に乗せられ、ゆっくりとプレス機へ運ばれてゆく処刑。
 しかし、潰される寸前で破壊されたはずのアルター・エゴが出現し
 苗木くんをゴミ穴の底へと落下させます。

 以前ネットワークにつないだ際、複製プログラムが学園ネットワークに放流されていた模様。

『諦めるか!』

イメージ 16

イメージ 28

イメージ 17

 カップラーメン被っちゃうとかきりぎりさんあざとい。

■希望
 アルター・エゴに助けられたと悟った苗木くんは、意気軒昂なまま一旦休息。
 一晩を明かすと、万能キーを持った霧切さんの救援を受けます。
 この諦めない根性が彼の持ち味なんでしょうね。

 霧切さんの謝罪もそこそこに『全部、黒幕が悪いんだから』と許して帰路につき
 その道すがら、彼女が本当は、超高校級の探偵であること
 だからこそ記憶を消されたことが明かされます。

モノクマの焦り?

イメージ 18

 そもそも、今回の事件は霧切さんを陥れるためだった?

■目的
 学園長こそ自分の生き別れた父だと知った霧切さんは、自ら望んで『生徒』に選ばれるよう画策。
 しかしその存在を疎まれて妨害を受け、今回は遂に殺害されかけたが
 それを苗木くんが邪魔したため、彼がとばっちりを受けた、と。

 実際、本来なら『犯人以外をクロ扱いした場合、犯人以外の全員が処刑』されるルールのはずで
 苗木くんをクロにした以上、犯人以外が処刑されるはず。
 なのに全員生きていた。

 つまり、残ったメンバーの中に『犯人』がいない、という事なんでしょうね。

『これを見ている人は思うでしょうね。絶望では希望は殺せない、って』

イメージ 19

イメージ 21

イメージ 20

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 生還した二人はモノクマを煽りたて、決戦の舞台を引き出す。

■最終決戦
 これに限らず、前回の『機能停止』以来、様子がおかしいモノクマを二人は挑発し決戦を用意する。
 苗木くんの生還を喜ぶも、後ろめたさに躊躇するメンバーを奮い立たせ
 最後の決戦、いざゆかん!

 その内容とは、学園の秘密を解き明かすこと。

希望ヶ峰学園に、生きたまま足を踏み入れた人間は、正真正銘、十六人の高校生だけ、一体なぜそんなことになったのでしょうか?

 苗木たち、学園の初期メンバーは十五人。
 十六人目を認め、問いかける。

 果たして問いかけの答えは?
 時折現れる、謎の写真の正体は?
 そして、いったい何故こんなバカげた事件が引き起こされてしまったのか?

 謎の大風呂敷をいよいよ畳む気配を膨らませつつ、次回に続く。
 次回、第12話。

■冤罪
 霧切さんの評価が分かれそうな展開でしたが
 犯人の目星がなく、二人とも犯人ではなく、どうしようもない状況だったのは間違いありません。
 難しいところですよね。

 ただ少なくとも『霧切さんのマスターキー所持』というアリバイ崩しを利用せず
 確定後も『黒幕が全部悪い』と言い続けた苗木くんは凄い。
 この尋常じゃなさ、まさに超高校級でしたよね。

■関連記事
 第10話「疾走する青春の絶望ジャンクフード(非)日常編」http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66687402.html
 第9話「オール・オール・アポロジーズ供http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66668302.html
 第8話「オール・オール・アポロジーズ(非)日常編」http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66647921.html

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事