GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

ラルさん強烈な再現プレイ。痛い大人達を潜り抜け、公式戦初勝利の第3話!!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

 貴重なシャイターンさんが!(Vガンダム世代の首都防衛用・重攻撃型モビルスーツ)。
※画像右下隅クリックで拡大。

 ガンダムオタク集団を敵に回し、まさかのボール無双伝開幕!

 本筋としては、セイとレイジのタッグ本格結成に主役機完成などまさに「フルパッケージ」な第3話!
 レイジの設定も語られ、物語的に一段落ってところですね。
 そんな「いい話」的なお話。

 なんですが、合間に「ガンダムオタクの集いに特訓に行く」場面をはさんだ事で楽しさも十分。
 未キット化な機体盛りだくさんで楽しすぎる!
 この世界観だとキット化済みなのか。

 ラルさんも初参戦となりましたが、最初期の300円キットでの参戦とはなかなかの変化球。

 皆いい意味で大人げなさすぎて酷い話だった!(褒め言葉)。

『一生懸命作るから戦う。自分のガンプラの強さを、傷付いてでも証明する為に』

イメージ 4

 何故、壊されるリスクを負ってでもみんなは戦うのか。チナさんの問いに会長は答える。
 彼女が一歩一歩セイ達の方へ向かってゆく物語も良いですね。

■タッグ結成
 レイジは『自分は異世界の王子だ』と種明かしをするも、セイはまるで信じなかった。
 彼はそれきり姿を消してしまい、セイはますます疑念を持つ。

 それでもセイは夜を徹し、『ビルドストライクガンダム フルパッケージ』を完成させたものの
 そもそも、レイジに『ガンプラ大会優勝の為に戦って欲しい』と思うこと自体
 自分の勝手な押し付けなのだと自省する。

 しかし、大会開始間際になってレイジは再び姿を現した。
 彼もまた大会の為に特訓を繰り返していたのだ。

 レイジ操るフルパッケージは見事一回戦を勝利し、二回戦に備える一週間を過ごす事となるのだった。

 次回、第4話「ガンプラアイドル☆キララ」
※バンダイチャンネル等で、第一話と最新話をネット無料配信中。

ラルさん『もう一戦! もう一戦だけ!! 次はゲリラ屋本来の戦法で…』

イメージ 28

イメージ 5

 可動域が絶対的に少ない、最初期の300円キット版グフで原作を再現。なんという高度なプレイ。
 黒田さんどんだけグフ好きなの。

 というかラルさんが楽しそうすぎて自分もやりたくなりますよね!

■開幕ラルさん
 今週、いきなり完敗なラルさん。
 とはいえアレは最初期の300円キットなのですよね。青一色キットからあの仕上がりはまさに古強者。

 ラルさんのグフ愛が感じられるぜ。
※バトル後を見ると、別に真っ二つにはなっていない模様。どこに判定差があるんだ………。

セイ『解ったよ。キミが可哀想なヒトだって事は……』

レイジ『ケンカ売ってんのかー』

イメージ 6

 前回、光の粒子になって消えたレイジさんいわく。
 異世界アリアンの王子であるとの事。

 王宮の宝物でこっちの世界に来たんだぜヒャッハー、との事ですが、セイ君は信じません。
 まあ当然か。

 また、彼の言葉通りなら『何の目的もない』という事になりますが、さて。

セイ『レイジの奴、しばらく来ないって言ってたけど……』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 25

 その後、セイ君はビルドストライクを『フルパッケージ』として完成。
 なあ、この世界では『オオトリストライカー(SEED運命 リマスター)』が市販されており、その改造です。
 だからポリキャップがあるんだよ!

 チナさんとの馴れ初めも彼女視点から描かれますが、距離感がなんだか可愛いですね。

一方、レイジは『ガンプラバトル以前からのガンダム愛好家』の集いへ

イメージ 29

イメージ 10

 この少年、スペシャルかもしれんぞ!(Vガンダムより)。

■(痛い)大人のアフター5
 そのレイジ、事実上の『反連邦組織バー』に。
 ここは大人が自分を解放する、アフター5の集いの場なのだよ。……連邦版はないのか連邦版は!!

 でもセプテム改(ガンダムX) vs プロトタイプドム(MSV)とか機体チョイスは嫌いではないぞ!
※作品的にセプテムか改か判別しがたいな!

『このガキ調子に乗りやがって!』『大人をナメんじゃねえぞ!』

イメージ 30

イメージ 27

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 cv中村悠一の存在感。思ったよりお兄さんタイプの人なんですな。ナイスガイ確定。

 しかしゾロ(左端)がキット化されてるとか羨ましい世界観。
 ドライセンの横のジムもいい作画です。
 実に!

■邂逅
 特訓のつもりで訪れたレイジは彼らを煽るだけ煽り、更に『最弱』として提供されたボールを使用。
 しかし、それでもVガンダム世代や∀世代の強力ガンプラを操る彼らを圧倒。

 練習にもならないとうそぶくものの
 イタリア代表の世界級ファイター、リカルド・フェリーニの乱入を受け、彼と特訓することになります。

サザキ『僕のギャンは最高だね。これで後10年は戦える』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 15

イメージ 16

 ちなみに白いのは陸ガンじゃなくてブルーディスティニー掘チ鵑なの上位互換機と言えます。
 特に胸部と腰装甲が陸ガンと違うよ!

 でも明らかに腕がデカいYO! アレかMG 1/100陸ガンの腕を改造した奴なのか!?

■地区予選開始!
 セイくんに感化され、チナさん視点から『世界大会地区予選』に。
 彼女の服装って私服だったのか!
※割とどうでもいい。

 その熱気にあてられつつも
 何故『壊されるかもしれないのに、バトルをするのか』という疑問を呈示し
 居合わせた生徒会長から『そのリスクを負ってでも、強さを証明したいのさ』と諭されるのでした。

レイジ『悪ィ……、遅れた!』

ギャラリー『新型、なんという完成度だ!』

チナ『これが……ガンプラ――!』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 36

イメージ 23

イメージ 33

 HGUCハンブラビは最近のキットだから作りやすいですよ!
 敗れたとはいえ良い動きでした。

 フェダーイン・ライフルを打ち抜かれた直後、可変して爆発から逃れるとはなかなかの腕前!!

■一回戦!
 渾身の『フルパッケージ』を作り上げたセイ、フェリーニとの200戦に渡る特訓を終えたレイジは合流。
 その出来栄えにギャラリーは一様に驚愕し――――ってどんな視力だよ!?
 というツッコミはさておき!

 驚愕の改造ガンプラ、フルパッケージの性能を遺憾なく発揮したレイジは敵ハンブラビを圧倒。
 鮮烈なデビューを飾ると共に、セイには一回戦突破の喜びを与え
 チナに『ガンプラ』を印象付けるのでした。

 しかしサザキくんはいちいち動きがズルい。どんだけスタッフに愛されてるのこの子。

チナ『弟が作りたいって。―――イオリくん、…女の子にも作れるのってある?』

イメージ 24

イメージ 26

 店番セイくんに驚いていないところを見ると、ここが彼の家だと知っての事か。

■一区切り!
 レイジの異世界設定を「信じていない」で追求しないことにし
 タッグについて『セイ(レイジ)の勝手で巻き込んでいるだけじゃ?』という部分を綺麗に幕引きするなど
 いい区切り回でしたね。ある意味、これで一旦完結。

 ここからは、一週間毎にあるらしい「地方予選」をちょくちょく挟みつつ
 いわゆる日常回的な展開となるのでしょうか。

 次回からして変な人が来るっぽいですしね!

 いやまあ今回のガノタバーほどおかしな人ではないかもしれませんが………。
 というか今回のアレ、ノリノリすぎでしょ皆さん。
 ギラついた目をしてやがるぜ!

 次回、第4話「ガンプラアイドル☆キララ」


この記事に


.


みんなの更新記事