GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

ラルさんの機動力はファンの鑑。世界ランクが塗り変わる第8話!

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 23

※画像右下隅クリックで拡大。

 戦国アストレイ使いデビュー!
 天才少年ニルスは、あのフェリーニのライバルだったアメリカ上位を一蹴、鮮烈デビューを飾る!
 一方アイラも前世界王者をゼロコマ撃破し、その強さを見せ付けた――――

 のですが、オチでフィンランドまで行っちゃうラルさんと次回予告がまたズルかった!
 話の印象全部持ってかれたよチクショウ!
※褒め言葉。

 次回が楽しみですが、今回,、世界上位の勢力図激変に加え「プラフスキー粒子の応用」が目論まれ
 ホビーアニメらしい大事件に踏み込む予感も見せ始めましたね。

 一方セイ君は工作室にお篭り。次回予告すらもっていかれた主人公の明日はどっちだ!

ガウェイン『な、何なんだ……、お前は…………!?』

イメージ 4

 自らの能力を疑った会長に対し、実戦でその力を証明するアイラ。なんというドヤ顔。

■次世代たち
 極めて応用性の高い未知の粒子、プラフスキー粒子。
 その技術を独占し、しかもプラモビジネスにしか使用しない謎の会社「PPSE」に興味を抱いたニルスは
 持ちうるノウハウを活かし、僅か三ヶ月で世界大会のキップに手をかけた。

 しかしアメリカ予選最後の敵は、ガンプラ暦20年の強豪グレコ。
 彼に対抗する為に、現時点でのプラフスキー粒子応用術をつぎ込んだガンプラ「戦国アストレイ」を解禁し
 見事、ニルスは世界大会進出を決めるのだった。

 彼同様、タイで、アルゼンチンで、日本で、若きファイター達が次々と世界の勢力図を塗り替え
 フィンランドに至っては前世界王者が敗れる大番狂わせが発生。

 全世界65億のガンプラファンは、ニュージェネレーションに震撼する!

 次回、第9話「想像の翼」
※バンダイチャンネル等で、第一話と最新話をネット無料配信中。

教授『……そんなオモチャを動かすだけの粒子を研究テーマにするつもりか?』

イメージ 5

イメージ 6

 オリジナルカラー百式カッコ良い!

■天才少年、立つ
 現在オモチャ・バトルに独占使用されているプラフスキー粒子、それは反粒子同士の結合によるものであった。
 極めて応用性の高い未知の粒子、その独占を行っているPPSE社に近付くべく
 ニルスはガンプラバトル世界選手権出場を目指す!

 開幕Gセイバーでこっちが腰を抜かしますが、なんだか大きな話になってきましたね。
 フィンランドの怪しいジイさんもその辺が目的なのか?

百年使えるように、という願いを込めた機体『百式』

イメージ 34

イメージ 23

 という命名は割と有名ですが、対戦していたCPU機は『G-SAVIOUR SPACE』と呼ばれるもの。
 このGセイバー、設定上は宇宙世紀200年代の機体とされます。

 つまり今回、百式さんは百年後の機体とバトったんだよ!

 冗談はさておき、G-SAVIOURは日米共同作品なのでアメリカの機体にはピッタリだった訳ですねー。

フェリーニ『決勝の相手はスコットか? それともカーター?』

イメージ 7

 フェリーニさんまさかの渡米中。フットワーク軽いなイタリア人!

■ガンプラ暦三ヶ月
 過去二回、フェリーニと渡り合ったアメリカの強豪、グレコ。
 全米決勝に進んだ彼を激励に訪れたフェリーニは、対戦相手がガンプラ暦わずか三ヶ月と聞き驚愕する。

 1/144トールギス気豊靴離瓮キャノンを装備、オリジナルカラーで染め上げた専用機を駆るモデラー。
 そのデキはフェリーニも感嘆するレベルという実力者である。
 最高位は世界大会ベスト16。

PPSE技師『水中でも地上同等の性能です。さすがアラン主任の設計ですね!』

イメージ 8

 今週のユウ、もといメイジン・カワグチは噂のPPSEでテスト中。今週も一切台詞なし。謎が深まります。
 一体何キ先輩なんだ…。

 使用ガンプラも、各部に圧縮粒子を貯蔵、ハイ・ポリキャップ、イモーションペイントなどの技術が施され
 言葉の意味はよくわからんがとにかくすごい迫力を醸しだしています。

『はじめまして。フラナ機関からやって参りました、アイラ・ユルキアイネンです』

イメージ 36

イメージ 24

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 22

イメージ 35

イメージ 4

 フラナ機関出身。……そ、そうか第3話でのバーの台詞『フラナガン機関』はこの伏線だったのかッ!

■ヤルキアルネン
 PPSE社も警戒するフィンランドのチーム「ネメシス(義憤)」。
 優勝を目論み、フラナ機関でビルダーを養成、プラモもおそらく同様の機関で作成。なにこの資金力。

 元締めはアイラの若さを侮りますが、彼女はメインファイターである「ガウェイン」と模擬戦を行い
 デビルガンダムをジェガンで一蹴するファンサービス。
 会長に能力を認めさせます。

■ネメシス会長
 フラナ機関への投資を「高い金」と評するなど、どうも道楽ではない模様。
 机には意味ありげな写真もあり、何か思惑があるようですね。

 しかしアイラさん、無表情ベースとはいえ、ムッとしたりドヤ顔したり結構コロコロ表情変わりますねえ。

グレコ『―――だが世界大会にはいかせん。待っている男がいるんでな!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 17

イメージ 18

 全米予選決勝、注目度ハンパなさすぎィ!! さすがUSA。

■負けられない!
 全米決勝。全世界65億のガンプラファンが見守る中、激闘が始まった!
 グレコは『トールギスワルキューレ』のメガキャノンで攻めるも、ニルスはこれを避ける。避ける!!
 武道の奥義「見切り」を体得した彼に、砲撃は通じない!

 続いてグレコは、地形を利した落石で、メガキャノンの最大出力で、手数と威力を使い分けて攻めるも
 世界大会級の猛攻を、ニルスの『戦国アストレイ』は文字通り切り裂く!

 それでも闘志衰えぬグレコは
 トールギスならではの大推力をぶつけて彼の刀を吹き飛ばすも
 ニルスはプラフスキー粒子応用の謎の体術を披露、その意地を機体ごと吹き飛ばすのであった―――。

■最新キット
 グレコの食い下がりっぷりも男前だったが、戦国アストレイ異常すぎる……。
 キットも発売間近ですが、今年発売キットがベースなので、出来栄えも本作最高クラスと思われます。

 元々購入予定でしたがこりゃたまりませんわ……。回避機動が特にカッコよかった。

『言っただろ……、絶対に勝ちたい奴がいるんだ。――負けるわけにはいかん!』

イメージ 25

イメージ 27

 敗れたとはいえ、男の意地を見せたアメリカ最強豪の一人、猛牛のグレコ。
 本体はほぼノーマルですが、実は背部推進器が増設されていました。
 岩塊を崩して相手の進路を塞ぐ等、目の付け所もシャープ。

 良きライバル関係らしく、彼の苦境に顔色を変えるフェリーニも男らしかったですね。

『プラフスキー粒子、この粒子の秘密を解き明かせば、きっと!』

イメージ 26

 どっかの魔王の剣のように、剣風を武器にする戦国アストレイ頑駄無。
 これもプラフスキー粒子のちょっとした応用。

 単なる学術研究かと思いきや、どうも粒子の解明を足がかりに、何か目的があるような口ぶり。

■プラ粉
 また今回冒頭の模擬戦から見るに、機体そのものを粒子でゼロから再現する事も可能な模様。

ラルさん『お、乙女だ……!?』

イメージ 21

イメージ 19

イメージ 20

 そしてCパート、謎スーツ(特に頭部両端のアンテナ)着用で前回王者を秒殺するアイラ。
 わざわざフィンランドを訪れボケるラルさん。
 しかし彼女はまだ乙女だ……。

■新世界
 見せつけられた「世界の実力」の前に行き詰るセイ。
 しかしその頃、世界ではその勢力図そのものが塗り変わろうとしていた――――――。

 プラ粉技術が鍵、しかしヒントは一切なし!!
 セイくん絶賛空回り中。

 アニメがアニメなら鬱パートと呼ぶ人もいそうな展開ですが、まったくそう感じさせないのが流石!
 そして締めにラルさんを持ってくる安心感、構成力!
 これが世界の実力か。

 ホビーアニメの王道「技術の悪用」に繋がりそうな気配も見せていますが、果たしてどうなるのか。
 割とシリアスな回でしたが、次回はコメディ満載っぽくてこれまた楽しみですね。

 次回、第9話「想像の翼」。

チナ『み て く だ さ い !』

イメージ 33

イメージ 3

 次週、vs BB戦士! バトルを挑まれたベアッガイ靴篭欧蹐靴す虧笋鮗けてしまうのです……。
 オーイ誰かVガンダムのBGM持ってきて!

 そうか。
 BB戦士はこう使うのか。
 BB戦士にはこういう使い方もあるんだー!

 次回も楽しみですねっ!

EDからサザキくんが消えたァ! ……え?

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 また、今回からエンディングが『春』から『夏』へ! 桜小路を走るセイから夏の海へ変更!
 キャラも世界編相当のキャラが残され、或いは追加されました。

 って 何 故 キ ラ ラ が ?

 こりゃやはり噂の某ガンプラは彼女の機体なのか!?
 いやはや開示が楽しみですねえ。

■計四回?
 今回『春』から『夏』ということは、後二回、この調子で変更がありそう。
 物語的にも、2つの大きな展開があるのかもしれませんね。


この記事に


.


みんなの更新記事