GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

セイくん怒りの大乱戦! ファイターの誇りが燃え上がる年内最終話!

イメージ 5

イメージ 17

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 開幕ラルさんで思い切りコメディに振ったと思ったら、返す刀で少年の怒り!
 得にもならない戦いを何故やる?
 ファイターだからだ!

 最初の15分で大いに盛り上げ、残りのパートで来年に向けワクワクさせる二段構え!
 ちょっと変わった配分でしたがこれもまた面白し。

 燃える! 燃えるぞ!!

 普段温厚なセイ君がキレるわ
 計算高いニルスも我知らず熱くなるわ
 アランに「冷静になれ」と諭され、勝手に戦い、なお反論するメイジンも熱かった!

 どいつもこいつも楽しすぎて来年も楽しみですね!
 一気にレイジにデレつつあるアイラさんの明日も気になる良い年内分最終話だった!
※次回、来年1月6日放送。

キララ『ダメーーーーーーーーっ!!』

イメージ 4

 リカルド達の危機に「あの」キララが絶叫する! ニルスといい普段との温度差がズルかった!

■ファイター達
 レイジの出現に動揺した会長は、CPU戦用の1/48、レイジらの約三倍もの巨大なガンプラを起動した。
 アレは主催者側の機体、戦っても何ら得はない―――
 誰もが退く中、セイとレイジは前に出る!

 執拗につけねらうメガサイズに、返す刀で立ち向かう二人。そして同調する各ファイター達!

 見事巨人を打ち倒し、第二ピリオドを勝利で飾ったセイとレイジ。
 しかし、レイジを危惧するマシタ会長の陰謀が
 今度は強豪ルワンを差し向ける。

 そして立ち向かうべきレイジは、不慮の事故で利き手を痛めてしまっていた――――。

 次回、第13話「バトルウェポン」
※バンダイチャンネル等で、第一話と最新話をネット無料配信中。

ラルさん『いかんいかん寝坊するとは。このラル、戦いの中で戦いを忘れた!』

イメージ 2

イメージ 6

 容赦なき開幕ラルさん名台詞。視聴者を笑い殺す気か!
 まさかその台詞をここで使うとは。

 実は丸々寝過ごしていたラルさんの眼前に、巨大ガンプラ「1/48メガサイズ ザク」が立ちはだかる!
 落ち着け。これが地球の遠近法と言うものだ! 
※色んな意味で違います。

メイジン『対CPU戦に格納されていた無人機体、それが動いたというのか!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 33

イメージ 34

 X魔王、何かが脱落したと思ったらサテライト砲を早々に失った模様。

■アリアン
 幼い頃のレイジを知るマシタ会長は、「アリアンからの追手」と勘違いし、刺客を差し向ける。
 世界大会級ファイターをも、どよめかせる巨大機
 それはCPU戦用の無人機であった。

 追われるレイジ
 得にもならぬ戦いを避けるファイター達
 そしてアレが、本来は『大会側の機材のハズ』と知るカワグチは怒りに燃える―――

マシタ『良いよ良いよォ! あのメカ、なんだっけ?』

イメージ 9

 マシタ会長、まだ登場2話目なのにキャラ立ち過ぎィ!(褒め言葉)。

■会長の「余興」
 大会への乱入を『余興』と称し、メガサイズによる介入を公にするマシタ会長。
 その姿を前に、アランは無言で席を立つ。

 そして怒りに燃えていたのは、もちろんカワグチだけではない!

セイ『―――だよね、こんな無茶苦茶ッ、されたんじゃッ!!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 32

 普段温厚なセイだからこそグッとくる!

■「そうしたいの?」
 逃げるかと問うたレイジへ、セイは静かに問い返す。
 もちろん毛頭そのつもりはない!

 反撃に出た二人だったが、サイズ相応の性能を誇るメガサイズを前に苦戦を強いられる。

ラルさん『決まっている。それは彼らが、ファイターだからだッ!!』

イメージ 5

イメージ 12

イメージ 31

 たとえ話にすらGガンを使うスタッフの愛。

■何故
 窮地を救うフェリーニとマオ。
 続々と、得にもならない戦いに身を投じる彼らに「何故」と考えるニルス。
 その答えは、戦いを見つめる観客達が知っている!

 勝負を弄ぶメガサイズを睨みつける観客達を代表し、ラルは「それは彼らがファイターだからだ」と応じた! 

アラン『僕たちが目指すのは優勝だけだ……。自分の立場を忘れるな』

イメージ 13

 同じく、馳せ参じようとしたカワグチに「冷静になれ」と務めて冷たい声音で命じるアラン。
 それこそがメイジンだとアランは言う。

『レイジ、ディスチャージだ!』『おう!』

イメージ 1

イメージ 17

イメージ 28

 たかがメインカメラをやられただけだ!

■ディスチャージ(解放)
 三機がかりの猛攻に頭部を失うも、なお闘志衰えぬCPUザク。
 対し、二人はとっておきを解禁する!

 全ての粒子を砲撃につぎこみ、無防備となってしまうスタービルド。
 彼を必死でカバーする二機のガンダム。

 1/48スケールの巨大なミサイルが襲う!

『これが俺たちの、ガンプラの力だ!』

イメージ 4

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 3

イメージ 18

 いい最終回だった。

■Imagination > Reality
 寸前、愛刀を犠牲にミサイルを切り裂いたのは「得にもならない」と称していたはずのニルス。
 そしてどこからか飛んだ、一条のビームがザクの足を止める!

 助勢を受け、ディスチャージ「ライフルモード」が発動。
 巨大ガンプラは轟音と共に爆砕。

 その轟音と共に、第2ピリオド・バトルロワイヤルは終了を告げるのだった―――。

ニルス『――礼には及びません。あなた方のガンプラを見極める為でしたから』

イメージ 29

イメージ 19

イメージ 30

 グレコを倒したニルスを認め、その本心を看破するフェリーニ。良い兄さんである。

■「ほぉう?」
 観客席から終戦を見届け、メガサイズがスタービルドを執拗に狙っていた事を危惧するラルさん。
 また、戦い終えたフェリーニはニルスを見舞うが
 小生意気な物言いにやりかえされる。

 が、そんな彼を「胸の中が熱くなったからだろうに」とフェリーニは苦笑するのだった。

メイジン『ただ勝利するだけではない! ベストな相手を圧倒してこそ!』

イメージ 20

イメージ 21

 いたい! 会長の腕、いたいぃ〜〜〜! マシタ会長の台詞がノリノリ過ぎると思います!

■メイジンの誇り
 一方、戦いを乱されたカワグチは会長に怒鳴り込んだ。
 勝手な真似をするなと立ち去った彼を、アランは「キミもだろう」と笑った。
 最後の助勢、スナイパーライフルはキミの仕業だろうと笑うアランに、カワグチは誇りを口にする。

 メイジンとしての矜持にこだわるカワグチ、その理由やいかに。

セイ『状況次第では使うかもしれない。第三のシステムを!』

イメージ 22

 買い食いに行くレイジに寛容なセイ。相棒感ありすぎである。

■第三の粒子技術
 敵のビームを粒子に変容、吸収する「アブソーブ(吸収)」システムに早々と対応され
 これを解放、活用する「ディスチャージ(解放)」も見抜かれつつある。

 メンテナンスを進めつつ、セイは「第三のシステム」を口にするのだった。

アイラ『あんたなんかに借りを作りっぱなしは嫌だから!』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 アイラさんがヒロインの風格。なおチナさんは既に嫁の風格に達しつつある模様。

■アイラ・キガスマンネン
 買い食いに出たレイジを待ち受けていたアイラ。
 肉まんを投げて寄越すアイラだったが、待ちすぎてとっくに冷めていた………。

 いらん。
 と冷めた反応を返すレイジ
 うけとりなさい! と熱いやり取りを交わすアイラ。

 二人をバカップルと笑った通りすがりの男らと、レイジはケンカになり――――。

ベイカー『会長のご要望通り、セイ、レイジ組の対戦相手を調整しておきました』

イメージ 26

イメージ 27

 第三のシステムを待機させるセイ、利き腕を痛めたレイジ、またも借りを作ってしまったアイラ。
 三者三様の想いを他所に、マシタ会長、まーたも余計な差し金を!
 次の相手はタイ代表ルワン・ダラーラだ!

 次回、第13話「バトルウェポン」。

 戦いを邪魔する輩に怒る戦士、そして冷めた奴らの熱い乱入!
 いい共闘回でしたが、次回はいきなり苦戦フラグ。
 しかしバトルウェポンって一体何を。

 年内放送分はこれで最後。
 ここに後を引く幕引きを入れたのはあざとい。実にあざとい。実に楽しみですね!


この記事に


.


みんなの更新記事