GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

第一クールを締めくくる共闘回! 波乱含みで来期へ続く

イメージ 1

イメージ 2

 会長の差し金、巨大ガンプラ「1/48メガサイズ」の強襲を退けた第12話「ディスチャージ」。
 一方レイジも着実にアイラさんとのフラグを(無自覚に)構築中。
 セイよりよっぽど鈍感主人公だったとは……。

■乱入者
 戦いの真っ最中に「余興」と称して好き勝手する会長
 怒りをぶつけるセイとレイジ、呼応するフェリーニ、マオ、メイジン
 そして、第6話での会長戦を思わせる「熱くなった観客」、ニルスが乱入を決めた共闘回!

 セイを「相棒」と呼ぶレイジも良かった。
ガンダムビルドファイターズ 第12話「ディスチャージ」、感想記事追記の追記。

『おうおう派手だねえ。巻き添えくらっちゃあ、たまんねえ……』

イメージ 3

 一方、冷静に「戦いを避けた」メンツの筆頭、アルゼンチンのレナート兄弟も印象的。

 おそらく、ずっと水中に潜んでやりすごしていたのではないでしょうか
 今回は改造ハイゴッグ(ポケットの中の戦争)を使用。
 ちなみに倒した敵はゾノ(SEED)。

 合理的な戦術や、本来「合理化された機体」という位置付けである量産機を愛用している面からして
 彼らのキャラクターが垣間見えている気がしますね。
※予選ではジムキャノン(MSV、Zカラー)。

会長『この少年が王子である訳がない。……しかし』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 回避が低いレイジ。その割に地形対応評価が高いのは戦闘内容を評価してか。

■異世界人?
 また、今回キャラがハッキリしてきた人と言えばマシタ会長。
 ザクすら知らない辺り、お金儲け第一主義か。

 幼い頃のレイジを知っており『ガンダムに興味がない』点も彼と共通。
 同郷確定のようですね。

 あちらでも極秘扱いの粒子を勝手に持ち出して大成功、それで追っ手を恐れているってところでしょうか?
※なお「プラフスキー粒子は10年前に発見された」と劇中で明言。

メイジン『何故だ……! 誰の仕業だッ!!』

イメージ 7

イメージ 8

 激昂するメイジン……はさておき、より詳細が明らかになった「無人機」システム。
 ガンプラを、あらかじめバトルステージ「内部に」セットし
 コンピュータ制御で動かした模様。

 第8話「逢戦士」でニルスが戦った無人機も、同様にステージ内部にセットされていたのでしょうか?
 ともあれ、これで無人制御のガンプラと無尽蔵に戦わされる!
 なんて物量戦もやれますね。

今回は「第2ピリオド」。8戦目まで続きます

イメージ 9

 繰り返しになりますが、まだ負けても「4ポイントが取れない」だけで脱落ではありません。
 前々回、今回を含む8回のピリオドでポイントを稼ぐのが第一の目的。

 その為か、10話の第1ピリオドでフェリーニに負けたのと同じガンブラスター(V)使いの姿も。
 もし同一人物だとしたら、こだわりを感じますね。
※今回はカラーリングがガンイージ寄りなので「予備機」なのかも。

リカルド『―――あの機体!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 しかし今週、基本「ガンプラに冷めた奴ら」が熱くなる展開なのは良かった。
 わざわざ礼を言いにいったフェリーニも兄貴感が良い。

■「まだです!」
 乱入ザクどころか、そもそもロワイヤル自体を避けていたニルス。
 その彼が、敢えて愛刀を犠牲にしてまで助太刀する!

 合理主義者が熱くなる展開は、まだまだこれから! そんな印象を残す成長のワンシーン。

リカルド『さっきの借りを返すぜぇ!』

イメージ 15

イメージ 16

 まずニルスに「何故こんな戦いを」と言わせ、ラルさんに「ファイターだからだ!」と応じさせ
 借りを返すと助太刀に入ったフェリーニらを映してから
 瞳を揺らすニルスを入れて……

 と、段階を踏んでから「助太刀」に移ったのもさすが。
 ちゃんとワンクッション入ってる辺りから、彼が心を動かされたのが伝わってくるのが良い!

アイラ・カリヲツクリタクナイネン

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 同じくレイジに心を揺らすアイラ・ユルキアイネンさんは次回さらに可愛いともっぱらの噂。
 アビゴルバィンさんもますますマッチョだ!

■次回「バトルウェポン」
 世界大会は第3ピリオドに突入。
 その内容は、大会主催者側が用意したオリジナルウェポンのみを使用し、1対1で戦うというものであった。

 用意された武器がなにかは、バトルが始まるまでわからない。
 慣れない武器に困惑しつつも、実力者たちは順当に勝ちを拾っていく。
 セイとレイジたちの対戦相手は、大会屈指の強豪、タイ代表のルワン・ダラーラだ。

 覚悟を決め、バトルフィールドへと飛翔するスタービルドストライク。
 そのフィールドに置かれているウェポンコンテナの中には、ボールとグローブとサンバイザーがあった。
 ガンプラバトル史上例を見ない、ガンプラベースボールの幕が開く!
 プレイボール!

 いやあ次回も楽しみですね!

ダメ会長の敏腕秘書、ベイカー女史の謎

イメージ 21

 まあ今回一番の謎と言えば、いかにも才媛っぽいベイカー女史がなぜダメ会長に忠誠を誓うか。
 会長の「(痛いの)飛んでけして〜」は、別に演技じゃなさそうですし
※独白パートからして、賢い人ではなさそう。

 その幼稚さに敢えて付き合う彼女。
 マシタの技術や財産目当て、或いは「同じくアリアン人で、彼の監視役」というのが定番ですが
 さて、どんなキャラクターなのでしょうね。

 情報未解禁扱いの、某ネタバレガンプラは彼女の機体なのかも。
※ネタバレ記事はこちら。


この記事に


.


みんなの更新記事