GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

シャアの反乱の翌年。未だ全貌を見せぬ「デルタカイ」を巡る物語

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 OVA版ガンダムUCにおいて、モビルスーツバリエーション企画に関わる関西氏原作の外伝。

 ゲーム初出からキット化された「デルタカイ」を主軸に据え、その新NTシステムが孕む事件を描く。

 謎の裏切りを見せたデルタカイと、パイロットであるイング・リュード。
 彼を、未知数な素質を持つ弟ブレイアが追う。

 ストーリー的には王道ですが、さて、デルタカイを奪った連邦軍の教導隊「レイヴン」の目的とは?

■リバウ参戦
 同じくUCのMSVリバウ、そしてフロンタル仕様ギラ・ドーガが参戦したところで次回に続く!
 主人公機も、やや知名度の低い過去のMSVからチョイスされており
 ガンダム作品を振り返るモビルスーツ図鑑の様相。

 欲を言えば、大仰なストーリーなだけにあと一息だけ作画に迫力が欲しいところ。

『地球への挨拶、あの二機ならば役者として十分にやってくれるというものだ』

イメージ 4

 今回の事件に対し、自らは動かず、二機の「フロンタル専用機」を地球へ差し向けるフル・フロンタル。
 かつての専用ギラ・ドーガと、彼専用に調整されるも不要となったリバウである。

■ガンダムUC前史
 UC0094、シャアの反乱が落着し、平定に向かいつつある地球圏。
 そんな中、連邦は「ナイトロ」と呼ばれる特殊なNT機構を積んだ試作機、ガンダムデルタカイを建造した。

 だが、謎多きシステムを持つ本機は「レイブン」と呼ばれる 連 邦 軍 の 教導隊に奪取される。

 叛意を翻したパイロットの双子の弟、ブレイア・リュードはその事件を目の当たりにし
 それから一ヵ月後、仲間と共に、この不名誉な事件とはまた別の部署
 不正モビルスーツ制圧部隊「フレスベルク」に編入された。

 様々な問題を抱え、多くが試作に終わった「派手な」モビルスーツ達と共に、青年たちは再び出撃する。

 ナイトロを開発した連邦軍部隊、これを搭載したデルタカイを奪ったレイヴン隊の謎の行動
 そして、これらに介入しようとする第三次ネオジオンの思惑が絡まり
 事件は更に混迷を辿る。

収録

イメージ 5

 左から、量産型ZZガンダム、量産型Zガンダム、量産型百式改、そしてジム靴隼廚錣譴襦
 アニメ版ガンダムUCと同様の「モビルスーツ博物館」モノ。
 これらが当面の主役機となるようだ。

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダム UC0094 アクロス・ザ・スカイ、2巻」。
 シナリオ:関西リョウジ、漫画:葛木ヒヨシ、メカデザ:カトキハジメ、キャラデザ:蒼依ふたば。
 角川書店、ガンダムエース連載作品。
 2014年1月発売。

 第3話「飛来」
 第4話「蒼炎熾る」
 第5話「獣の如く(前)」
 第6話「獣の如く(後)」
 第7話「フレスベルク発つ」
 第8話「袖擦れる音」

 主要キャラクター紹介
 ジム競沺璽謄ン小隊機、ガンダムデルタカイ陸戦仕様、ジェガンD型レイヴン隊隊長機カラー
 以上、三機のフルカラーイラストが掲載(前面部のみ)。

この記事に


.


みんなの更新記事