GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

名勝負請負人、リカルド・フェリーニの敗退戦。アイラ解放の鍵とは?

イメージ 1

イメージ 2

 第18話での「ジムスナイパーにEXAM!?」に続き、まさか!?となるほど!が同時に来る、隠し技の第20話。
 常々フェニーチェを相棒と呼んできた彼が、まさか自爆装置を仕込んでいたとは。
 でもウイングガンダムと言えば、やはり自爆装置ですよね。

 とはいえ、彼の活躍によって、キュベレイ・パピヨンも手持ちの能力を全て曝け出したことになります。

 今回を出題編に位置付けるなら
 あの先読み能力に対し、セイとレイジがどんな回答を出すのか
 そして今回改めて呈示された、苦境にあるアイラをどう助け出すのか、楽しみですね。

■特殊能力
 公式の予告を見る限り「特殊能力」を駆使し、アイラはこちらを攻め立ててくるとのこと。
 しかし、セイとレイジの勝利は揺るがないというのなら
 果たしてどんな回答を見せてくれるのか!

ガンダムビルドファイターズ 第20話「裏切りのアイラ」、感想記事の追記。

フェリーニ、男の花道「自爆装置!」

イメージ 4

イメージ 5

 パピヨンとアイラの真価、それは「先読み」により、常に相手に先回りする能力にあった。
 RG状態のスタービルドのように、単純に「速くて強い」のではなく
 無駄を無くす事で優位に立つパピヨン。

 ここまでは見抜いた! だが、その先の「解決策」まで見出すには至らなかったフェリーニ。

 だが、だからと言ってナメられたまま終わるなど男の意地が許さない!
 自爆で相討ちを狙うという戦法に出る―――

■相棒
 今回も含め、常日頃「相棒」と呼んできたフェニーチェを自爆させようとするイタリアの伊達男!
 ウイングガンダムなだけに、やっぱり付いてたんですね。

『付き合ってもらうぜ、俺の自爆ショーに!』

イメージ 6

イメージ 7

 やっぱりこのシーン、男性キャラにしか見えないキララさん。作画的な意味で。男塾っぽい。

■「軟弱者!」
 この辺、結構賛否あるようです。
 つまり「ウイングガンダムなら自爆してほしかった」と!
 ただこのシーン、実は「トロワの自爆シーン」のオマージュなんですよね。ガンダムWの13話の。

 トロワが自爆しようとして、キャスリンに怒られるというあの一幕。

 ついでに言えば、自爆スイッチも「デスサイズの自爆スイッチ」を真似た作画になってるという。
 どっちも[自爆をしようとして失敗する]シーンが元ネタ。

 つまり自爆失敗するのが妥当というオマージュだったんだよ!!(迫真)

 もちろん、15話「戦士のかがやき」を踏まえることで
 お前、フェニーチェで勝つ為に戦ってるのに自爆させてどうすんだ!という叱咤も素晴らしかった!!
※この辺の感想はこっちの記事で。

トロワ『始めるか。俺の自爆ショーを』

 新機動戦記ガンダムW 第13話「キャスリンの涙」より。
 なおキャスリンに怒られた模様。

 思えば、キララの格好がなんとなくサーカスっぽいのって、このオマージュを見越してたのかもね!(適当)

『フェリーニ選手の棄権により――――』

イメージ 8

 なお、キララの説得を受けた直後の表示がこちら。要するに棄権ですね。
 アナウンスでも「棄権」と明言。

 なので、この時点で「降参宣言」をシステムに打診したものと思われます。

アイラ救出の鍵、ネメシス会長

イメージ 10

イメージ 9

 なおネメシス会長&お孫さんは、この「降参宣言」の時点で大喜びしてました。その後は描かれず。

■「出資者としての命令だ!」
 またアイラ救出の鍵は、ネメシスから引き離す、或いはネメシスの組織改善。
 会長さんの戦う理由は、単にお孫さんに良いトコ見せたい、というシンプルなものだったと判明したので
 お孫さんさえ心変わりすれば、結構あっさり解決しそうな予感も。

 それこそお孫さんがガンプラバトル自体を好きになれば
 ネメシス自体の体質改善になりそうな気も。
 疾風!アイアンリーガー的に。

 ただ「アイラが廃人になろうが構わん!」とやっちまったのは流石にドン引きですわー。まさに外道。

バルト『道楽にも程がある……、が、大事な出資者だ』

イメージ 11

 一方、外見も言動もクールな主治医ナイン・バルト氏は、意外に人間味がある人だったという。
 ただの中間管理職じゃないですか!

 今回、アイラを切り捨ててしまいましたが、そうしければ「フラナ機関」の全員が路頭に迷う!

 まさに憎みきれないろくでなし。
 また、バルト氏と一緒のアイラさん、今となっては貴重なクールビューティーな表情です。ホント。

なおアイラさん、スタッフにこんなことを!

イメージ 12

 余談ですが、ツイッター上で「ラクガキ」されている事に定評のある作画スタッフ松川哲也氏
 2月22日、にゃんにゃんにゃんの日にまたもやらかす。
 あざとい!(褒め言葉)。

 なお、この方が次週のキャラ作画監督となられます!

※氏のイラストはラクガキです。オフィシャルではございませぬぞ!
 詳しくは松川氏のツイッターにて。

ビルドファイターズ「新型機」について、関係者がコメント

 また、雑誌で既に情報が来ている新型機は、とある漫画作品が初出。
 その作者である方が、コメントを出されているようです。
 ネタバレ禁止と念押しされているとか(笑)。

 詳しくはこちら。
 http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=59

■関連記事
 その「新型機」についての、該当写真抜き出しはこちら。こっちは本ブログ内の記事です。

レイジ『何やってんだよてめえ…、勝負はついただろうがッ!!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 17

イメージ 16

 最後に出た表示は「バトル中断」の意。中断遅いよ何やってんの!!

■レイジの乱入!
 そしてもう一つの熱いハプニングといえばやはりコレ。
 ビギニングガンダム再び!

 第16話「再会、父よ?」で作ったビギニング、お前も持ち歩いてたのか!
 作画的にも抜群に格好よかった!

 でも、その思い出のガンプラをアイラは無残にも切り裂いてしまう訳ですよ。

■レイジの視点
 そして、レイジから見れば「アイラが意図的に切り裂いた」ようにしか見えない。事情知りませんから。
 そりゃ裏切りのアイラと付けられても仕方ない一幕。
 アイラさん追い打ち多すぎィ!

 悪気が無いどころか、むしろ彼女は苦しみ傷付きっぱなしというのがまた。

そして気になる「エクシア」の行方は

イメージ 26

 噂のアメイジング5、エクシア。PPSEワークスチームが開発中だったものをアランが急遽要請。

 PPSEの技術の粋、ケンプファー・アメイジングに絶対の自信を持っていたアラン
 その自信がスナイパーK9で撃ち砕かれてしまった以上
 新ガンプラ要請は妥当ですが……。

■夜なべしてガンプラ
 もっとも、あの戦いはメイジンに言わせれば「メイジン失格」です。
 お互いに責任を感じ、それぞれ「自分のせいだ」と言い募っていたのがまた好感度高いですよね。
 さて、今頃、アランさんが夜なべしてアメイジングしているのでしょうか。

 ただ、あの電話が本当にアランからのものだったのか? という疑いは残りますが…。

次回、アイラは救われる―――?

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 19

イメージ 3

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 20

イメージ 27

 しかし敗北後、ニルス君とマオ君のポンコツ化が激しい。マオくんってば可愛すぎやしませんか。
 私は、今後この三人が協力して新型を作る流れだと思っています。

 以下、公式サイトより抜粋。
 また次週、個人的にはフェリーニ戦を思わせる流れになると良いなあと思っていたり。
 できればあのお孫さんも巻き込む感じで。

 あと最後に、今週もポンコツ秘書さんが素敵で何よりです。なんて完璧な避難訓練なんだ……。

■次回、第21話「きらめく粒子の中で」
 「倒す! 次のバトルで、俺とセイが、必ずお前を倒す!」
 ……レイジの怒りに震えた叫びが、アイラの胸に突き刺さる。

 自分はここでなにをしてるんだろう? アイラは回想する。
 バルトとの出会い。スカウト。強要されるバトル。果てることなく続く訓練。
 ……そう、自分は戦うしか道はないのだ。相手がたとえ、レイジであったとしても。

 感情を押し殺し、レイジとの対戦に向かうアイラ。
 キュベレイパピヨン、そして自身の持つ特殊能力を駆使し、アイラはスタービルドストライクを攻めたてていく。

 脚本=黒田洋介/絵コンテ=大塚 健/演出=大久保朋・角田一樹/キャラ作監=松川 哲也/メカ作監=大塚 健


この記事に


.


みんなの更新記事