GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

世界級の痴話喧嘩。アイラ・ユルキアイネン救出劇、完遂!

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 4

 ガンプラで「バーカ!バーカ!」をやらかす事案が発生。

 いやーすっきりした!
 世界を舞台に、いつもの痴話喧嘩をやらかした第21話。
 彼女に投資してきたフラナ機関には気の毒かもしれませんが、おかげで全部吹っ飛んだわ!

 やっぱり啖呵一発で吹っ飛ばす展開は好きですね。
 すっきりします。

■最終局面へ!
 アイラを救ったキーアイテムは、一話でレイジがくれた石。やはりアリアン由来だとか。
 次は決勝、いよいよ焦るマシタ会長の次なる手とは!

 次回は、その決勝の相手を決める「メイジンvsメイジンにもっとも近い男」!
 メイジンの証、グラサンをかなぐり捨てたユウキ会長
 次回にも期待が高まりますね。

 また、他ならぬ前回の戦いで我を失ったフェリーニが
 レイジに「楽しんで欲しい」と願う辺り、やっぱり良い先輩がいるってのは良いモンですよね。

『うるさいジジイ! そこの子供も、勝ちたいなら自分でやりなさい!!』

イメージ 1

 ふっきれたアイラさん、ネメシス会長と孫を一喝、ニヤリと笑う!

■決勝へ!
 アイラの強さの秘密、それは生まれ持った「粒子の流れを目視する」能力にあった。
 身寄りがなく、生きる糧を得る為にネメシスから離れられない彼女は
 否応なしにレイジと激突する。

 しかし、戦いの最中「アリアンの石」を媒介にプラフスキー粒子領域に投げ出された彼女は
 同じくアリアンの石を持つレイジと意思を通わせ
 その心を開いた。

 帰る場所がないなら、一緒にセイの家で暮らそうぜ―――

 しがらみを解き放ったアイラは、ネメシスとシステムを捨て、真っ向からレイジと激突。
 拳を交し合い、準決勝にて世界大会から敗退する。

 レイジは約束通りアイラを迎え、こうして不敗伝説は終わりを告げたのだった――――

 次回、第22話「名人vs名人」
※バンダイチャンネル等で、第一話と最新話をネット無料配信中。

レイジ『必ずお前を倒す! アリアン王家の、名誉と誇りにかけて!』

イメージ 5

 おもろいポーズで固まらんでください会長。

■宣誓
 隠し事なんかどうでもいい!
 大事なのは誇りだ!

 非道なファイトをしたアイラに怒り、アリーア・フォン・レイジ・アスナは必勝を宣言する―――

 怒るレイジ
 ショックを受けるアイラ
 そして面白いポーズで固まるマシタ会長! 異世界設定が強く出た話となりましたね。

 黒幕説が根強いものの、その挙動から「違うんじゃないの?」と言われる会長。その行方や如何に!!

レイジ『あの女は、戦う相手に敬意を払わねえ、クソったれのファイターだ!』

セイ『……本当にそう思っているの?』

イメージ 6

 バーサーカーシステム(Gガン)的なものは規定違反とのこと。誰だルール設定したガンダムバカは!

■相棒
 観戦を終えたセイは、アイラがあんな事をする人とは思えないと言う。
 これを受け、さっそくニルスがスーツを指摘。
 さすがアーリージーニアス。

 だが、大会規定があるからそれはない、とマオが一刀両断。

 議論を断ち切り「どうでもいい」とレイジも吼えるが、それをセイが静かに問いただした。
 セイは、アイラを信じたいのだ。

 レイジもまた、自分が見た惨状と日頃のアイラが一致しないのか、迷ったままホテルを出て行く。

バルト『我が機関の最高傑作が、淡い恋心程度で揺らぐというのか!?』

イメージ 7

 あの「白いほうが勝つわ」が布石だったとは……。

■第三の力
 アイラとの出会いを振り返るバルト。
 彼女は、ガンプラバトルで「機体の周りの粒子」を視る能力を持っている。

 その流れを見れば、次にどう動くか解るし、どちらが強いのかも察する事が出来る―――

 直接粒子を見る力。
 製作技術、操縦技術ともまた違う、第三の力!!

 バルトはストリートチルドレンだった彼女を拾い上げ
 教育し、ファイターに育て上げると共に、その特殊能力を強化するシステムを作り上げた。

 一人養い、報酬を払い、その専用強化装置まで作ったのだ、アイラに負けてもらうわけには行かない!!

職員『他人から見れば、ただのコスプレ衣装です』

イメージ 8

 ならもうちょっとデザインをなんとかしようYO!

■アイラ専用
 現時点では「粒子を見る」素養は彼女特有のため、システムを他人がチェックすることは不可能。
 なのでルールには抵触しないという。

 手の込んだコスプレ衣装にしか見えないという訳。

ネメシス、渾身のガンプラ祭り

イメージ 9

イメージ 10

 ガンダム00より、イナクト(お披露目カラー)に対し
 シルエットフォーミュラ初出の「Gキャノン・マグナ」がガンキャノンのポーズで迎撃!!

 吹っ飛ぶイナクトの壊れ方が、00一話でエクシアにやられたときと似てるのも笑えますね。
イメージ 11

 アイラの「キラキラしたの」の解説には、V2バスターガンダムが。
 HGUC化はまだか!

イメージ 12

イメージ 13

 アイラの訓練では、飛び去るZガンダム、ウエイブライダー形態を
 SEED運命の「ムラサメ」が追うファンサービス。


 …ファンサービス?
イメージ 14

イメージ 15

 更にHi-νガンダム(ベルトーチカチルドレン)と、武者七人衆のお坊ちゃん「武者仁宇頑駄無」
 ガンダムXのニュータイプ機、フェブラルが空を舞い

イメージ 16

 ジャムル・フィンの可変、メガブースター装備状態(ガンダムZZ)
 ガンダム4号機(宇宙、閃光の果てに…版)、

イメージ 17

イメージ 18

 ノイエ・ジール(0083スターダストメモリー)、クスィーガンダム(閃光のハサウェイ/BB戦士版)に……

 えーと、それと、あと初期のアイラさんのガンプラは
 量産型キュベレイだったようです。

 久々と言うか、今週のモブ・ガンプラ多すぎィ!! 有り余る情熱! 通常の六倍のモブか!

バルト『代価は十二分に払っている! それでも不満なら故郷に戻れ!』

イメージ 19

 故郷、と言う言葉への反応。アイラ、異世界人説再燃か?

■焦燥のアイラ
 アイラが嫌がる一番の理由、それは脳波を利用するスーツが原因だった。
 これを着ると、頭が痺れる感覚があるのだ。

 それでも戦えと命じられ、安らげたレイジに憎まれ、アイラは戦うしかないと決意する。
 他に、生きる術など解らないのだから。

『――自分への戒めだよ。憎しみではなく、バトルを楽しんで欲しいのさ』

イメージ 20

 木陰で見守るラルさんがまたナイスガイなんだコレが。

■男の喧嘩
 一方、腐っていたレイジは、フェリーニにケンカを売られ、淀んだものを吐き出していた。
 フェリーニは、彼らに楽しんで欲しいのだ。
 自分のようにならないように。

 怒りと勝利に囚われた男だからこそ、この台詞が映える! いい男ですわフェリーニ。

それぞれの決戦前

イメージ 21

 アイラを信じ、レイジを気遣うセイは、いつかの「石」を見つめて何が出来ないか思う。
 マシタ会長は側近たる完璧な秘書に秘策を問い、必勝を約束。
 そして、チナは何故かアイラに「贈り物」を贈る―――

 相変わらず発言が自爆フラグな秘書

 そして、どことなくかみ合わない行動を取るチナさんの行動の意味は、この後すぐ!!
 どっかの秘書よりよっぽど脅威な作戦が炸裂する!
※誰とは言いませんが。

レイジ『ない知恵絞っても答えは出ねえ、だから、何も考えないことにした!』

イメージ 31

イメージ 22

イメージ 23

 ええい、女は御しがたい! って鉄仮面みたいな事を! バルトさん!(ガンダムF91より)

■スタービルド、奮戦
 準決勝、憑き物が落ちたレイジ、スタービルドは奮戦する!
 クリアファンネルを特殊塗料入りバルカンでさばき、次々とライフルで撃ち落していくスタービルド。
 しかし、その隙を突いてパピヨン本体が強襲する―――

 が、寸で躊躇い、刃を外すアイラ。
 その様に御しがたいと吐き捨てたバルトは、自らシステムを高出力化する―――

 塗料入りバルカン!

 ってコトは、弾丸を一個一個手作りし、頭部に詰めている……だと…?
 米粒より小さいじゃないですか! 小さいじゃないですか!
 さすがにそれはどうかと思うよ私は!

セイ『―――先回り!?』

イメージ 32

 頭痛システムに突き動かされ、解放される為にレイジを襲うアイラ。
 先読みの前に、スタービルドは為す術もない。

 だが、苦境に陥ったレイジ、苦痛に歪むアイラ、二人の苦境に、アイラの胸の宝石が輝いた。

 第一話のセイのように「助けて欲しい」という願いに石が反応する―――。

メイジン『この光! 心の光だとでも言うのか!?』

イメージ 24

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 25

 メイジンと秘書さんに癒される第21話。このメイジン、ノリノリである。

■「助けて…!」
 チナが預けたお守りの正体、それは「アリスタ」と呼ばれる石。
 以前、セイがレイジに貰った異世界の石だった。

 石が粒子に感応、異常増大させ、きらめく粒子の中でレイジとアイラは出会う―――

 戦いたくないと泣きじゃくるアイラ
 しかし、それを見たレイジは「戦いたくなかったのか」とあっけらかんと言った。
 それすら誰も知らなかったのだ。

 でも、身寄りが無い自分は戦うしかない、という彼女に、ならセイの家に来いとレイジは笑う。

レイジ『俺はいつだって本気だ!』

アイラ『そうだね……、バカが付くくらいに、そうだったね―――』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 4

イメージ 30

イメージ 2

イメージ 3

 バルトも会長も一喝で黙らせ、ニヤリ笑って向き直る!

■世界的痴話喧嘩
 彼の言葉をアイラが信じたとき、現象は「システム」と共に終わってしまった。
 戸惑う観客、バルトたちをそっちのけに二人は続ける。

 そもそも、正直に相談してれば良かったろというレイジ
 でも、あんなに楽しそうにバトルしてるのに、あたしが勝っちゃったら……と吐露するアイラ。
 これにはレイジも苦笑い。

 何言ってんだよ勝つのは俺だ。
 いや私よ?

 勝つのは「俺(私)だ!」

 正直な対話は、いつしか激しい言い合いに!
 世界を舞台に痴話喧嘩を始めた二人に、観客は呆然、ネメシス会長も呆然!

 クールな不敗伝説、アイラ・ユルキアイネン。その神話がガラガラと崩れ始めた瞬間であった……。

『行くわよレイジ! 本気でバトルをやるあたしが、どれだけ強いか!』

イメージ 1

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 なんだ、あたし、特別でもなんでもないじゃない……。いい笑顔だった。

■「そんなものっ!」
 システムを放り捨てたアイラとの本気のバトル! それでも彼女の勝利は揺るがない!
 アイラは粒子の流れが読める、それは彼女自身の能力。
 だから、この戦いもあたしの勝ちだ――

 だが、RGシステムで爆発的に粒子を振りまくスタービルドに、その顔色が変わった!

 視界が粒子一杯になってしまえば「粒子の流れを読む」もクソもない。
 むしろ、粒子が見えるからこそ目隠しされたも同然!
 そのままパピヨンを胸部を貫かれ―――

 こうして、アイラ・ユルキアイネンとキュベレイ・パピヨンの不敗神話は終わりを告げた―――

 なんという身も蓋もない攻略法。
 そして、なんという世界的痴話喧嘩であったか。これには視聴者も苦笑い。良い最終回だった!

となると、「あのガンプラ」は彼女の機体か?

イメージ 38

イメージ 39

 ラスト、リア充レイジに感極まったか、「ミサキちゃーん!」と唐突に叫ぶマオがまた可愛かった。

■そして、仲間がまたひとり
 こうして家主の知らぬ間に、イオリ家に居候がまた一人。
 ていうかこっちに住み着いてンのレイジ!?
 異世界帰れないの!?

 しっかし、こうやって仲間が増えていく展開はやっぱり良いですわ。
 だがイオリ家の家計は大丈夫か!

■ミス・アイラ
 また、この流れからすると「最終決戦」でアイラがパピヨンを使う可能性は低そう。
 例の白いガンプラは、彼女の機体なのかもですね。

 そして次回は「メイジン vs メイジンに最も近い男」!
 さて、その意味するところとは!?
 燃えあがれガンプラ!

 次回、第22話「名人vs名人」

 予告に出てきた「名人にもっとも近い男」とやら。
 ユウキ会長の外伝を連想しますが、例の「トオル君」とは髪の色からして違う模様です。


 ガンダムビルドファイターズA 1巻 今ノ夜きよし&千葉智宏
※第二話で振った、セイに対するユウキ会長のこだわりが察せられるシーンあり。ネタバレ?

この記事に


.


みんなの更新記事