GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

「吐き気のする悪」と、花京院典明の登場回! ハイテンション過ぎるぜ第2話!!

イメージ 10

イメージ 15

イメージ 13

※画像右下隅クリックで拡大。

 今回も、アニメ版の独自演出、再構成が原作をさらに盛り上げてくれた第二話!
 特にラスト、ラッシュを決める直前の演出! 過剰すぎィ!!
 あの拳の固め方、殴られた花京院に同情します。

 新オープニングも、一部と二部のジョジョが出てくるのがまた良いですわー。

■吐き気のする悪
 ジョジョシリーズ中でも印象深い台詞の一つ、「吐き気のする悪」論も登場。
 てめー自身のために弱者を利用し、踏みつける奴の事だ!
 ましてや女を!

 このマッチョな正義感、やはり小気味良いものです。

 しかし花京院、DIOに脳をやられたとはいえ、実に圧倒的なゲスっぷりであった……。

承太郎『オララララオラ! 裁くのは、俺のスタンドだーーーーッ!!』

イメージ 20

 法律には見えないから裁けない、だから、俺が裁く! よく助かりましたね花京院ッ!

■スタンド使い
 晴れて四日ぶりに登校した承太郎を待っていたのは、ディオが差し向けた転校生、花京院典明であった。
 他人の「中」に潜む能力で、女医を人質に迫るスタンド
 法皇の緑を前に、承太郎は苦戦する。

 なんとか本体を引きずり出した承太郎。
 しかし彼は単に卑怯なだけでなく、「魔術師の赤」と同様、遠距離攻撃もこなす強力なスタンドでもあった!

 だが弱者を盾に、無意味に傷つけ、なお恥じぬ精神を前に承太郎の怒りが炸裂する。

 法皇の緑の攻撃をパワーで強引に押し切った承太郎は圧勝。
 しかし、情報を引き出そうと自宅に連れ込んだ所、祖父ジョセフから意外な真実を聞かされる。

 次回、第3話「DIOの呪縛」

承太郎『木の枝で切ったのか? いや違う、落ちる前から切れていたッ!』

イメージ 4

 今思うと、この頃の花京院には確かにディオのような嫌味さがあった。紳士的なウザさがあった!!

■絵を描く男
 母ホリィ(45歳)にかまわれ、ファンの女の子たちに囲まれ……。
 再び、いつもの日常に戻った承太郎。

 だがそんな彼を、眼光鋭い男が睨む!
 彼の筆が一閃すると、承太郎の「絵」と「本物」、両方に同じように傷が開かれるのだった……。

 いきなり何かが押してるのか、二話にして前回のあらすじからスタート!

拳放つ 聖なるヴィジョン スタンドォォォォォォォォォォォッ!

イメージ 5

 それにしてもこのポルポル君ノリノリである。

■OP主題歌「STAND PROUD」
 一期二期を思わせる、ちょっとCG感のある作画と、二期を思わせるドハデな色彩!
 メインは三部の承太郎たち、所狭しにも程があるアクションに
 ちょいちょい出てくる一部二部キャラも良い!

 もうイントロからテンション上がりまくり!

 ちょっとキャラが足りない辺りは、13話辺りでオープニング変更する為でしょうか。

花京院『キミ。左足を切ったようだが……、このハンカチで応急手当するといい』

イメージ 6

イメージ 7

 女の子が口々に言い募るシーンは原作同様、動きはアニメ独自。この演出、面白いな!

■花京院典明
 石段から落下するも、かろうじてスタンドで助かった承太郎。
 彼を気遣う男、花京院が登場する。

 おっそろしく怪しい男ですが、ハンカチを借りた事にはちゃんと礼を言う承太郎。さすが育ちがいい。

『しかし! この肉体は親子の絆のようなもので、奴の子孫と通じているらしい』

イメージ 8

 解説に定評のある冒険。

■「排除せねば…」
 元凶たるディオの解説が始まったッ!
 当時、首だけだった彼は、けっきょく当初の予定通り「波紋使いジョナサン」の肉体をのっとる事に成功。
 さらにッ! これによって新たな力を手に入れた。

 それが「幽波紋<スタンド>」。

 だが海底から解き放たれた時、ジョナサンの肉体が子孫に信号を発信し、彼らにもスタンドを目覚めさせた。
 長所と短所は表裏一体、ままならぬ事でございます―――。

※なお「承太郎の父」は入り婿なので、ジョースターの血統ではありません。

ジョセフ『何なんだァ、このせまっくるしい部屋はァ!!』

イメージ 9

 ジョセフさん、茶室はそういうものなんです。いやホントに。

■意外、それは茶室!
 一方その子孫、ジョセフは茶室でコーヒーを飲んでいた……。なにしてんのメリケン人。
 実際アメリカ人みたいなもんですよね
 ジョセフはんって。

 というかアヴドゥルの作法が完璧すぎて眩暈がしますが
 まったく違和感ないのは流石!

 原作で「茶室に居る」という台詞がありましたが、多分そこからのオリジナルですね。ジョセフひどい。

『―――何をって、体温計を振って、目盛を戻しているんじゃあないのッ!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 モブに優しくない! なおこの直後、不良sは逃げ延びた模様。

■錯乱
 登校した承太郎は、まず足の傷を治すために保健室に向かいます。
 なお「ケンカはするが、傷を負ったことはない」だそうな。
 さすが最強。

 が、保険医が錯乱。
 万年筆を「これは体温計だ」と振り回し、酷い有様に――――。

 なお当時の体温計は水銀式なので、まず「振って」、中の水銀を下げるのが定番でした。懐かしい…。

『やあ、さっきぶり。その女医には、私のスタンドが取り付いて操っている!』

イメージ 13

 じわじわくる「やあ、さっきぶり」。

■法皇の緑<ハイエロファント・グリーン>
 そこに現れた元凶、ディオ麾下のスタンド使い花京院!
 女医を人質に、スタンドを取り付かせ、承太郎と伍する力に仕立て上げた花京院は余裕を見せる。

 私のスタンドを攻撃する事は、その女医を傷つける事だぞジョジョ?

 悪党の定番台詞を吐く花京院に、承太郎は敢然と吼え―――

『おおおおおおおおおッ!』

イメージ 14

 キスすることで、そのまま口からスタンドを引きずり出す!
 さすが(以下省略)!

承太郎『な、何だ? 奴のスタンドの手から緑色の液体がッ!?』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 1

 お前のせいだ、お前がやったのだ―――、の、一連の論理が酷すぎる(褒め言葉)。

■エメラルドスプラッシュ
 法皇の緑を拘束され、なお花京院は余裕の態度を崩さない。
 その決め技、破壊のエネルギーを解放する!

 彼のスタンドは、エネルギーをエメラルド状にして放つ能力があったのだ!

 スタンドに与えたダメージは、当人である承太郎に反映される。
 勝利を確信し、花京院は勝ち誇った。

 更に承太郎が守ったはずの女医も、実は傷つけられていたと判明。
 愕然とする承太郎に、「お前が抵抗しなければ良かった」「お前のせいだ」「お前がやったのだ」と言い募る。

『―――この空条承太郎は、いわゆる不良のレッテルを貼られている』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 作画も演技も承太郎やりすぎだわ!(褒め言葉)

■正義と悪
 弱者を利用した花京院に、承太郎の怒りは漲る。
 こんな俺にも吐き気のする悪は解る!

 だがスタンド犯罪は、スタンド使い以外には見えない、裁かれることは無い―――だから、俺が裁く!

 勝利を確信し、悠然と「勝者が正義、負けた者が悪なのだ」と返す花京院に
 なら、やっぱりテメエが悪じゃねえかと承太郎が吼える!

 エメラルドスプラッシュを力づくで弾き、承太郎のスタンドは「法皇の緑」を圧倒する――――!

ジョセフ『ダメだなこりゃあ。手遅れじゃ』

イメージ 22

イメージ 23

 諦めるの早ァ!? と思いきや問題は「肉の芽」、ディオの一部にして彼の精神を伝播するモノ。
 この「肉の芽」がもたらす死とは?

 次回、第3話「DIOの呪縛」

 今回、承太郎が「ジョジョ」と呼ばれまくっていて何だか懐かしい!
 これが最初で最後の学生編となろうとは……。
 作画も荒らぶりすぎィ!

 原作ほぼ2話分と、かなり余裕のあるペース配分だけは気になるところ。

この記事に


.


みんなの更新記事