GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

リゼ先輩七変化。球技大会から父の日へ、華麗なるスイッチを決めた第5話!

イメージ 10

イメージ 15

イメージ 18

 ―――うさぎ柄(cv速水奨で)。ナンスダンディだった父の日回!

■第5羽「ココアと悪意なき殺意」
 球技大会だから練習だ! うっかりワインを割っちゃったから父の日ってコトで弁償だー!!
 よし、弁償の為にバイトを増やすぞ―――と流れるように押し流され
 リゼ先輩コスプレ祭りに。

 何気に、リゼ先輩の父とダンディが旧知である事も明かされましたが
 実にダンディな友情でしたね。

 そんな父に添えたメッセージカードも可愛かった。出来た娘さんですわ―――。

リゼ『球技大会の練習とは建前、お互い叩きのめしあったのか!?』

ココア『どうしたらそう見えるのぉっ!?』

イメージ 5

 ココア嬢を、特に意味もなくランダマイズな殺意が襲う!

■球技と言う名の殺意
 サブタイ通り、悪意なき殺意に見舞われた球技回!
 これがノー・コントールの恐ろしさ!

 それでいて、自分への玉は完全回避する絶対回避。
 千夜さん、侮れない……。

 何故かココア嬢に集中したのは「だとしたら、それはもう愛です」とのコト。それが愛でしょう。

シャロ『バ・リボォ大好きィ!』

イメージ 6

 質量の無い残像。

■犠牲者+
 なお、途中で容赦なくシャロ嬢が巻き込まれた模様。
 これも愛だから仕方ない。

 得意のコーヒー・トリップは身体能力増加効果もあったらしく、このお嬢さま(仮)ノリノリである。

 やはりシャロさんは巻き込まれ型ヒロインと言えよう。

その名はブルーマウンテン青山

イメージ 4

 ちなみにティッピー=清川=お爺ちゃんの知り合いらしい。cv早見沙織の圧倒的存在感……。

■青山さんが見てる
 途中、妙に存在感のあるモブさんが居ましたが
 声優欄によれば、その名はブルーマウンテン青山女史というそうな。

 ブルーマウンテンか青山かどっちかにしたほうが良いんじゃないですかねえ。

リゼ『今日から私は、他の店でもバイトをする事にしたッ!』

ココア『わ、私達にもう飽きたの!?』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 こんなに連続でツッコまれるの初めて! ついハシャイじゃった♪

■おもちゃ
 が、練習に付き合ったリゼさん、勢いあまって父のワインを大粉砕。
 父の日がてら弁償すべく、バイトを増やすと宣言する。
 なんて無駄に高らかな宣言なんだ……。

 なお、とりあえず千夜さんのオモチャにされた模様。千夜さんてばハシャイジャッテ!

 いつかの脳内妄想もきっちり実現させていくスタイル。やはりこの少女、自分自身に忠実で侮れない。

その日からしばらく、どこのカフェにもリゼさんが居たという―――

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 いえ。先輩が着ると、この制服のいかがわしさが増すなぁ―――、と

■あっちこっち
 バイトを増やすにせよ、ツテを頼って知人のカフェを掛け持った模様。
 しかしシャロさんトコのカフェって
 誰が運営してるのだ……。

 これはもう、あの町のリゼさんファンにはたまらない毎日だったと言えよう!
※感想には個人差が無いはずです。

 てな感じにリゼさん主軸の回、だっただけにシャロさんも自然とノリノリなエピソードでしたねー。

シャロ『お金が足りませんでしたね……』

リゼ『予想以上に高級品だった…』

イメージ 17

イメージ 18

 メッセージカードの言葉がまた可愛い。

■尊敬する父へ
 が、大方の予想通り数日のバイトでどうにかなるほど、ヴィンテージワインは甘くなかった。
 シャロの機転でグラスを贈ることにしたリゼは
 メッセージカードを添える。

 いつか一緒に酒を酌み交わそう(意訳)

 可愛らしいのに、どこか男らしい文面になっているのが彼女らしかったですね。

ダンディ『アレなら、昔なじみに譲っちまったよ』

ティッピー『なんで!? なんでじゃ!? アレは、ワイン! ワーイーン!』

イメージ 15

イメージ 16

 うさぎ柄が似合うナイスダンディ、チノ父。

■出所
 ちなみに割れたワインは、ティッピー秘蔵のワインを代わりに譲ったそうな。
 ワーイーン! と嘆きまくるティッピーが気になって仕方ない!
 その姿でも飲むんですか清川さん!

 譲っちまったよ、の物言いがまたダンディでしたじゃんよ。

ココア『私より(裁縫が)上手いーーーー!?』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 14

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 しかし芳文社4コマらしい作画であった。エンドカードは「ゆゆ式」の人だな!

■殺意なきコスプレ回
 勉強はできる、パンも焼けると結構スペックが高いココア嬢ですが、裁縫は下手だった模様。
 ヒロイン5人もいるのに全員存在感があった第5話。
 コレって結構凄いですよね。

 そう五話、早いものでもう折り返し地点ですね。
 いや早いものです。
 いやホント。

 次回、第6羽「お話をする話」


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事