GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

レロレロに始まり、レロレロに終わる。力は無敵! 使い手はゲス!! 「黄色の節制」回

イメージ 4

イメージ 7

イメージ 15

※画像右下隅クリックで拡大。

 オチを持っていく花京院の存在感。
 これには承太郎も苦笑い。

 能力は無敵! 使い手はゲス!! いやあ、実にバランスの取れたスタンド使いでしたねえ。

■節制の逆位置
 さて、タロットの意味は「節制」。
 節制ある生活をする、というように「ほどよくする」といった自制の意味があります。
 まさに逆位置の暴食っぷり!

 まったく節度ってモンがねえスタンドでしたなぁアアン!?

 擬態でバケた手腕も見事でしたが、演技するフリすらないのもメチャ笑わせるよなぁぁぁ!!

『こいつはマジに弱点のねーヤツだ、全く最強かもしれん。恐ろしいヤツだ』

イメージ 10
 
 食われながらも冷静すぎる承太郎先輩。鉄壁メンタル。

■暴食する「節制」
 ジョセフの念聴が探り当てた“裏切り者”、それは正確には“摩り替わり”であった。
 花京院に化けたDIOの刺客「黄の節制」に襲撃され
 承太郎は苦境に陥る。

 衝撃を吸収、周囲の「肉」を喰らい同化する節制に、近接パワー型のスタープラチナは為す術も無い。

 しかし、承太郎は諸共に海中へ落ち、節制に自ら防護幕を解かせる事に成功。
 なおも抵抗する節制を、再起不能へと叩き込む。

 一行は陸路エジプトへ。
 残る刺客は、「吊られた男」「皇帝」「女帝」「死神」の四体のスタンド――――。

 次回、第10話「皇帝<エンペラー>と釣られた男<ハングドマン> その1」

花京院『ちょっとばかりイラついていたんだ…、旅に疲れはじめてね』

承太郎『機嫌が悪い? 良さそうに見えたがな』

イメージ 1

 こいつはメチャゆるさんよなぁぁぁぁぁ!!。

■「このビチグソがァ〜
 シンガポール、街角のヤシの実売りと話していた三人だったが
 サイフをスられた花京院が豹変!

 肥溜めで生まれたチンボコ野郎のくせに
 おれのサイフを! そのシリの穴フイた指で ギろうなんてよぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!

 花京院バックブリーカーで締め上げるものの、これをアンが解説、承太郎が押し留めるのだった。

花京院『よォ承太郎、そのチェリー食うのかい? 食わないならくれよ』

『何かにとりつかれているてめーは、この拳でブッ飛んで乗りなということだ』

イメージ 2

イメージ 3

 効果音とcv平川さん仕事しすぎ!

■「レロレロレロレロレロ
 その後も、道中カブトムシを食うわチェリーを食うわと異常行動を繰り返す花京院。
 ついには「冗談だ」、と笑って突き落とそうとした彼を
 承太郎はまっすぐいってブッ飛ばす!

 色々、衝撃映像続きというか、効果音が相まってホラーだ!
 こうプチプチと潰れている実感を感じる!

 いえ、きっとココナッツのスジか何かよ………。

ハンサム『―――これが俺の本体のハンサム顔だァ!!』

イメージ 4

 承太郎は身長195cm!

■黄の節制
 力と同様、触れるスタンドである「黄の節制」。
 その意味合いは大きく異なり、カブトムシやチェリーや承太郎の肉など何でも「食う」スタンド!

 食らった肉と一体化・受肉した、一般人にも見えるし触れられるスタンドだ!

 じわじわと食うスタンド!
 のみならず、スタンド同士でも「食う」ことで、攻防一体! 使い手本人をもガードする強力なスタンドッ!!

アン『花京院さんの顔がバガッと割れたの! でも花京院さんは花京院以下略』

イメージ 5

 ジョジョ名物、意味不明瞭な電話。おちつけ!

■アニメ・オリジナル!
 一人残され、アンは急いでジョジョのおじいちゃん(元JOJO)に電話。
 が、その内容はあまりに意味不明瞭!
 とにかく花京院だ!

 なお、花京院本人は「おいてかれたから日光浴してた」と判明。ふてくされてたのかー。

ジョセフ『という事は、アン、そっちの花京院は偽物だ!』

アン『わかってるわよ!!』

イメージ 6

イメージ 8

 アンがツッコミを入れていた頃、承太郎はダイナミック大脱出をしていた!!
 スタンド対策の第一手、それは「離れる」という事!

 離れてしまえば大概のスタンドは「射程外」になるはずなのだ。

■「俺のスタンドに弱点は無い!」
 が、黄の節制<イエローテンパランス>の射程は、まったくもって広大なのだと嘲笑されてしまう。
 このビチグソがぁー!!

 承太郎は慌てず騒がず、火で、或いは氷で活動停止を試みるが、まるで効かない!

オバサン『ちょいとアンタ、火も氷もムダなんだよ!!』

イメージ 7

イメージ 9

 実はッ! このオバサンもスタッフの仕込み。

■「弱点は無い!」
 ベラベラと喋りだした傍らのオバサン、その正体もやはりハンサム!
 節制は、エネルギーを分散、吸収する攻撃型防護壁。

 承太郎はとっさに鉄パイプで殴ったが、これもパワーが分散されダメージが通らない!!

 やれやれだ
 こいつはマジに弱点のねーヤツだ、全く最強かもしれん。恐ろしいヤツだ

 だがな、空条家……、ジョースター家には伝統的な戦いの発想法があってな……………

『一つだけ残された戦法があったぜ―――、それは!』

イメージ 10

 全身を食われながらも、まったく動じない承太郎さんマジ空条承太郎。

承太郎『逃げる』『――――逃げるといっても、水の中にだぜ!』

イメージ 11

 敢えて、直接自分でブン殴る承太郎であった。

■「理解したか?」
 最強の防護壁を身にまとうハンサム、だがいくら最強だろうが、息が止まればどうしようも無い―――
 水中に落とされ、スタンドを解いたラバーソールは
 そのまま承太郎にブン殴られる!

 慌てて命乞いをするラバーソールに、承太郎は「他のスタンド使いの情報を吐け」と迫る。

ラバーソール『そ、それだけは口が裂けてもいえねえ、ぜ。誇りがある…』

承太郎『なるほど、ごりっぱだな』

イメージ 12

 思い出した。死神・女帝・吊られた男・皇帝の四人がお前らを追ってるんだった!

■両右手の男と「鏡」
 灰の塔と違い、忠誠心は無いラバーソールはペラペラペラペラペラペラと情報を吐く。
 どうやらマジで痛いらしい。
 鉄拳制裁承太郎。

 が、知っているのはスタンドの名前と「ポルナレフの仇は、鏡を使う」という情報くらい。

 スタンドはあくまで一長一短、その能力は仲間にもヒミツなのだ。

承太郎『やれやれ、自分の事というのは自分では見えにくい………』

イメージ 13

 しかし、ふとチャンスを見つけたハンサム、嬉々として不意打ちを敢行する!
 マンホールに引きずり、ジャムにしてやると勝ち誇るが……
 結果はごらんのありさまである。

 ブヂュブヂュルつぶしてェ!

 結局、無駄なことをしなかったほうがラッキーだったと思い知るハメになったのであった。合掌。

花京院『JOJO、そのチェリー食べないのか? ガッツくようで悪いが……』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 これにはJOJOもやれやれである。

■レロレロレロレロ…
 黄の節制を退けた承太郎は仲間と合流、事の顛末を語って聞かせ、陸路でインド国境を目指す。
 その最中、花京院(本物)は、ちょっぴり爽やかな発音で
 やっぱりレロレロレロレロレロ……、をするのだった。

 なお「シンガポールの父に会う」と言っていたアン、やっぱりただの家出ガールだった模様。

予告『アヴドゥル! これがインドか!?』『ね、良い国でしょォ?』

イメージ 8

イメージ 15

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 9

イメージ 11

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 17

 スタプラ様の能力図は第6話と同じだったので割愛しました。

■vs暴食ゲス野郎
 ド低俗の次はゲス野郎! 黄色の節制<イエロー・テンパランス>!!
 擬態、ダメージ無効と強力な能力は、「こいつは最強かもしれん」と承太郎に言わしめたほど。

 能力に溺れるスカタンな使い手だったのが唯一の救い!

 しかし「取り付かれているから」とブン殴るわ、ケーブルカーから飛び降りるわ豪快だな承太郎!
 そのくせ、子供には「後で新しいの買ってやるからな」と優しい……
 この二面性も魅力よなぁぁぁぁ。

 次回、第10話「皇帝<エンペラー>と釣られた男<ハングドマン> その1」
 心配ないです皆……、素朴な国民の良い国です

この記事に


.


みんなの更新記事