GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

みこりん、その繊細さと女子力と合コンと。“友田”と青春を駆ける第4話!

イメージ 5

イメージ 7

イメージ 1

 思えば、第一話並みに「野崎くんが」場を引っ掻き回した第4話。
 ただしヒロインはみこりんである。

 何であんな事言っちまったんだよぅ……、合コンなんて行った事ねえよ〜〜〜!

■その恋はゲーム化されてゆく
 一方、Aパートほぼ丸々出番なしかと思われた千代ちゃん
 ゲームボイス担当で出演。
※多分。

 野崎くんって、けっこう小さい人なんだね・・・・

 キャラ説明やリアクションも完璧に千代ちゃんで、変なところで存在感出してましたね。さすが!

野崎くん『自慢じゃないが、俺は“女心の代弁者”とまで言われた男だ』

イメージ 2

 いつでも全力野崎くん。いつでも暴投野崎くん。

■戦う時を間違えた男たち
 実は女子と話すのが苦手だったみこりんは、ギャルゲーから克服しようと頑張っていた。
 が、ゲーム攻略を相談した結果、二人で「友田ぁ!」と叫ぶ事態となり
 野崎くんと徹夜。

 そうとも知らず、“女子に人気のみこりん”に、男子は合コン参加を要請。

 安請け合いしたみこりんは、相談しちゃいけない二人に相談し、女子会スキルを上げる事となる。
 なお、合コンは鹿島くん(女子)が美味しく頂きました。

 次回、第五号「恋を思い描く男子。」。また逢おうぜ、全国の子羊ちゃん達♪

みこりん『三年前、現実の女と上手く話せなかった俺は―――』

野崎くん『―――仕事とプライベートは分けたいと思っている』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 第一話時点で、みこりんがこんな男だと想像できた人がいるだろうか!

■野崎くん、挑戦する
 今日は泊まって「相談ごとをしたい」と言い出したみこりん。
 お前なら女心に詳しいだろう、と。

 が、持ち出してきたのはギャルゲーであった。

 内心ヘタレのみこりんは、女性対策のつもりで三年前に始め、今はすっかりハマッてしまったらしい。
 野崎くんにもやってみろと勧めるが、ご想像の通りである。

 行き詰った二人は、女友達である千代ちゃんに相談もするのだが……。

野崎くん『自分の考えに自信が無くなったんだが……』

千代『(―――野崎くんが弱ってるぅ!)』

イメージ 6

 なお千代ちゃん、御子柴君は「みこりん」で登録していた模様。みこりん……。

■ここぞと
 野崎くんは「想定外の反応」に弱った訳だが
 実際、まったく同じシチュエーションで、千代ちゃんは想定通り好感度ダダ上がりだったり。

 御子柴、LOSE!

 また、野崎くんが選んだゲーム・ヒロインのcvも千代ちゃんと同じだったり、存在感爆発であった。

みこりん『なんで“友人”を活用しねえんだ? 情報教えてくれるぞ?』

野崎くん『―――これはトラップだ』

イメージ 8

 やがて、ギャルゲーにつきものの友達「友田君」に言及しますが、なんだこのイメージ!?
 野崎くんは、こういうすぐ友達ヅラするヤツ
 イジメの元締めだと言ってのけます。

 ていうか、どんなイジメだったのコレ!?

野崎くん『何故“友田”はここまで献身的なんだ……? 一体何の得が?』

『―――さては主人公に気があるんだな!』

イメージ 12

イメージ 9

 オープニングのバスケットマンとそっくりですが、ちょっと髪の色違いますよね? アレ?

■友田と駆けた青春
 そのまま、スムーズに「友田って主人公に気があるんじゃね?」と思ってしまった野崎くんに
 ついつい「そっちの視点」で追ってしまう二人。

「友田! お前、こんな主人公の為に三年間も………!」
「お前も青春しろよバカぁ!」

 深夜、ギャルゲー友達キャラを想って熱い涙を流す男二人。
 なんというシチュエーション。

 というか、みこりんの「バカぁ!」が無駄に乙女っぽい! さすがだぜみこりん!

野崎くん『こうなったら、俺がお前の物語を描いてやる!』

みこりん『ああ! 幸せにしてやろうぜ、俺たちの友田をっ!!』

イメージ 10

 結果、千代ちゃんにクリティカル!

■俺たちの友田
 で、漫画家の野崎くんはそのスペックをフルに活かし――――、って誰と幸せにしたら……?
 主人公じゃねーか!

 熱い青春を白い紙にぶつけた二人は、たった一夜で一話書き下ろすのでしたとさ。

 野崎くん
 なんて優秀な漫画家なんだ……。

千代ちゃん『でもそれって、ゲームの中だけでしょう?』

みこりん『―――見てな! 魅惑のトーク術、披露してやるぜ!』

イメージ 11

 その後、事の顛末を話してもらった千代ちゃんは、言ってはならない領域に突入。
 売り言葉に買い言葉、みこりんは女子の群れに突入し―――

 件名:ごめんなさい/たすけてください

 チャラ男だったみこりんは、一体どこへ行ってしまったんだ………。

男子『頼む! 週末合コン付き合ってくんねぇ!?』

みこりん『―――後で後悔しても遅いぜ?』

イメージ 14

 そして即座に後悔する(自分が)。

■男には、戦わねばならない時がある
 その舌の根も乾かぬ内、モテ男っぷりを見込まれたみこりんは、安請け合いをしてしまう。
 そんな事言っていいのか? その場の全員が俺の虜になっちまうのに…
 からのガン泣き

 何であんな事言っちまったんだよぅ……、合コンなんて行った事ねえよ〜〜〜!

 弱ったみこりん
 またも「相談しちゃダメな人」、もとい、野崎くんに予行練習を頼んでしまう。頼んでしまったか……

野崎さん『御子柴さんは……、ずっと、女子校で?』

御子柴さん『そうなんですよぉ、周りが女の子ばかりで緊張するって言うか…』

イメージ 15

 もし、女子が足りなくなったらみこりんが代理をせねばならない。
 先の先まで見越す野崎くんの先見の明。
 という名のボケ。

 溢れる女子力! さすがですみこりんっ!!

野崎くん『―――よし、女の子を退屈させるなよ、御子柴!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 19

 深刻なツッコミ不足。

■週間少女御子柴くん
 遅れてきた千代ちゃんも交え、合コンの練習に励むみこりん。
 鈍感野崎くんと、野崎くんしか見えてない千代ちゃんと共に練習に励むみこりん!
 って練習になる訳ねえ!

 お前ら! 合コンにはぜってー行くなよ。迷惑だから!

 逆に叱りつけたり
 仲間外れ扱いを嫌がったり、ホントみこりんは本作随一の乙女だったというお話。

鹿島『いやあ、御子柴にどうしてもって頼まれちゃってさぁ』

男子『もしかしてアイツ、合コン苦手だったのかな?』『悪い事しちゃったな』

イメージ 20

 なお、美味しいところは「代役」となったプリンスが全部もってきましたとさ!
 ちくしょう美味しいなコイツ!

『俺の担当さんだ。―――彼女だったら、こんなに焦らないと思う』

『(彼女以上……だと!?)』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 21

 このパターンって一話以来だわ!

■次回、野崎くんが空を駆ける!
 濃厚すぎたみこりん回というか「友田回」というか………、俺たちの友田!
 相変わらず笑えすぎですが
 次回も!?

 次回、ついに「担当編集」登場!

 しかし予告には最低三人の新キャラが並んでおり、一体誰が担当なのだか……!?
 というか、台車に鹿島を乗せて走る野崎くんが忘れられません
 一体何が起こってるの!?

「みこりんって、子羊ちゃん、ってよく言ってる気がするけど羊好きなの?」
「バーカ! キメ台詞なんて山のように持ってるぜ!」

「次回、第五号“恋を思い描く男子。”。また逢おうぜ、全国の子羊ちゃん達♪ ―――ハッ!?」

この記事に


.


みんなの更新記事