GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

意外な強敵「たまほっしー」の脅威! 着ぐるみの真相! 賑やかな第6話!

イメージ 10

イメージ 25

 前後編二話使った節目回! 全編終始ひたすら賑やか、締めもしっとりと良い回でした!
 三人それぞれが魅力をみせ、マネージャーさんは大暴れし
 たまほっしーも良い兄ちゃんだった!

 機械のはいった着ぐるみで、運動会に出せる訳ないでしょう? 怪我をしない為の改造です!

■大人も子供もおねーさんも
 今週、一番がんばったゆい先輩もそうですが
 意外なくらい見せ場が多かった、あの沙織マネージャーも素敵でしたね。

 とってもアイドル思いで、頼りになって、しかもダメな人!

 やっぱりこの人ってば好きです。ラストの「寝顔を撮る」シーンも、全力で同意できますしねッ!

『な、なんかスゴイ光景……』『奈々ちゃん、見ちゃダメ♪』

イメージ 3

 ですよねー。なお、お姉さんも居た模様(伊達めが姉の中の人)。

■ゆるキャラ、熱闘編!
 いよいよ始まった「全国ゆるキャラ運動会」だが、勝ちに来たのは流川市だけではなかった!
 八頭身に大変身し、圧倒的なフィジカルを発揮するふなほっしー!

 けれど、ゆい達はここに勝ちに来たワケじゃない。
 目立ちにきたのだ!

 結果は総合四位、敢闘賞に終わってしまったが
 全員が全力を出し切った三人は、流川市のアピールに成功したのだった―――。

 次回、第7話「いろいろ増えてみた。」

『武器の使用は禁止です、喋れないキャラは、右手で三回叩いたら―――』

奈々子『―――どれだけ激しい競技なの!?』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 さすが全国! ルール解説のお姉さんもかわいい! そして丹北市のフンドシ!

■無茶ぶりされてみた
 やたら物騒なルール説明と共にはじまった「ゆるキャラ運動会」でしたが
 なんせ全員きぐるみですし、あんがい平和。

 ゆい先輩も送り出した奈々子と縁。
 が、むしろ自分達が窮地に! アドリブを要求されてしまった!

 コメント原稿はありませんよ? 他人の用意した言葉で、気持ちが伝わりますか?
 お二人の仕事はアナウンサーではなく、ろこどるですから。 

 言ってる事は正しいけど、せめて事前連絡とか!

ゆかり『―――奈々ちゃん落ち着いて、あるがままで良いんじゃないかしら?』

イメージ 7

イメージ 8

 普段はアレでも、背中をしっかり押してくれますよね。

■あるがままに
 禅問答のようなゆかりさん
 だって、取り繕おうにも、流川市に観光名所も特産もない、自分達だってそうなのだ。

 しかし、そんな風に見えるだけで、本当はすごーく魅力的な街なんです♪

 ゆかりに背中を押された奈々子は
 緊張などどこ吹く風、と「なんでも無いようで魅力のある街」をアピールする。

 もっとも、最後はやっぱり「にゃにゃ子でした!」をやらかすのであるが。ついに全国デビューか!

奈々子『ちょっとすいません! 噛んでしまったので、最後だけもう一度!』

『ローカルっぽくて可愛いから、全然、オッケィ!』

イメージ 9

 むしろ「インパクトが残せた」と評価されるにゃにゃ子。
 にゃにゃ子、全国デビュー!

 やはり奈々子ちゃんは、ちょっと追い込んだほうがポテンシャルが出せる! 沙織マネ解ってる!

『おおーと! 丹北市代表たまほっしー君、ここでまさかのスリーパーホールド!』

イメージ 10

イメージ 11

 このアニメで、こんなに男キャラが活躍する日がくるなんて!

■ふんどしの悪魔
 流川ガールズの奮闘の後は、ようやく「ゆるキャラ運動会」が本格始動!
 意外な伏兵、筋肉ムキムキたまほっしー!
 大人げ/ゼロ!

 見事、魚心くん決勝進出です! ここまでたいした活躍はないが、ライバル達がことごとく自滅!
 これは魚心くんの悪運の強さなのか!
 まさに流川市の蒼い死神!

 ふんどしチームの意外な活躍に気をとられながらも、テーマソングを背に見事勝ち上がる魚心くん!
 しかしアナウンサー、好き放題いいすぎ!

 ランドセル生産日本一の猫山市代表、市民の期待は背負えなかったかー! とか的確すぎである。

ゆい『相手が自滅しまくりでー!』

イメージ 12

イメージ 1

 似合いすぎ!

■奈々子、開き直る
 決勝へ駒を進めたハズのゆい、浮かぬ顔で疲れたのか?
 と思いきや、試合内容が不満だった!

 軽量化で無双かと思いきや、スペックを発揮する間もなく倒れてゆくライバル達!

 市に変なイメージがついたらどうしよう?
 と悩むゆいに、奈々子は「大丈夫! この勝ち方はむしろ伝説になります!」と励ます。

 コメント噛み噛みでも、目立ったら勝ちですっ!

 やっぱり奈々子ちゃん、一度開き直ったら強い! 頼れすぎますわこの子。

ゆい『勝つ為に改造してもらったのに、全然結果が出せなくて……』

沙織『勝つため…? 何か勘違いしているようですね』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 たまほっしーの作画、気合い入り過ぎィ!

■必要なもの
 決勝に残ったゆるキャラは強敵揃い!
 意外や苦戦!

 機械のはいった着ぐるみで、運動会に出せる訳ないでしょう? 怪我をしない為の改造です!

 ふなほっしー以下、強力なゆるキャラを前に結果が出せないと悔やむゆいを、沙織は諭した。
 直接対決で無茶をしたゆいに、沙織は逆に怒った!

 なんですか、あの最後の宙返りは! あれほど無茶しないで下さいと、念を押したじゃないですか!

 この大会はあくまで「手段」!
 元々ファンである彼女は、ファンが求めているものを知っている! 意外に大人も良いキャラ揃いです。

『最後のシーンは、優勝キャラを唯一破った名場面として使われるそうです♪』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 去り際の「中の人」の背中、カッコ良かった!

■大会終了!
 総合は四位に留まり、彼女たちらしい結果。
 けれど「流川市アピール」は成功。

 この大会はあくまで「アピールする為の場」と位置付け、親身になってくれる西深井沙織マネ!

 盛り上がる少女達に、中のヒト達もほっこりし
 そして沙織マネは不審者扱い!

 その後、総合優勝となった「ふなほっしー」の中の人も訪れ、また一人ファンを得た三人。

 並ぶとメチャクチャでかい!
 こんな人達相手に、四位なんて凄いと言わざるを得ない。そしてゆい先輩かわいい!

沙織『それで、結果の報告なのですが……』

『今はいいよ、ケガも無いし大成功だろう。限界まで頑張ってくれたんだろう?』

イメージ 24

イメージ 25

 これは撮っちゃいますよねー。

■大成功
 地味に減棒などかかってた叔父さんですが、迎えの車中でねぎらいの言葉。
 頑張ったんだろ?って前提に信頼感があって
 素敵だと思います。

 ―――でもきっと、彼女たちもちゃんと何かを得ていると思いますよ

 頑張ってくれる子たちだから
 本当に、この子たちに頼んで良かったと述懐する叔父さん。

 三人とマネージャー、四人一丸となった一大イベントを終えた第6話。本当に良い一区切りでしたね。

予告『次回、いろいろ増えてみた、って何が!?』『この辺のおにくとか?』

イメージ 5

イメージ 16

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 2

 今週、笑えるシーン、頑張ってるシーン、可愛いシーン、良いシーンがすごく多かった!

■増える!?
 奈々子ちゃんの背中を押してくれる縁先輩、開き直って頑張る奈々子ちゃん、沙織マネ!
 ゆい先輩だけでなく、みんながみんな頑張った!

 のみならず、ゲストキャラのゆるキャラ勢も輝いてた!
 あとアナウンサーがフリーダムだった!
※褒め言葉。

 得意の宙返りが攻撃に転用されたり、今までの展開を踏まえていたのも良かったですね!

 次回、第7話「いろいろ増えてみた。」
 いよいよなのか!

この記事に


.


みんなの更新記事