GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 次回、アニメ第一クール最終回……ッ!

所在不明の「奇襲」スタンド! 四大スタンド全員をあしらう「女教皇」の恐怖!

イメージ 6

イメージ 16

イメージ 17

※画像右下隅クリックで拡大。

 潜水艦すら一夜で沈没するという、ジョセフの悪運。もはやお払いが必要なレベル。
 そんなジョセフ爺ちゃん、今週も大ハッスル!
 ひと時も目が離せませんでしたね!

 てめーはこの空条承太郎が、じきじきにブチのめす。

■ファンキー婆さま、想う
 承太郎のスタープラチナのみならず、アヴドゥルらも全員あしらう描写が追加!
 さらに、スージーQのアニメオリジナルも追加。

 承太郎が家族の為に戦っている印象
 そして、自在に化ける女教皇の厄介さがえらいことになってましたね。実にキモかった!(褒め言葉)

花京院『法皇の緑!』

イメージ 13

 一行側のスタンド攻撃は、大半がオリジナル。作画カッコいいぜ!

■激情のスタンド
 追っ手を確実に迎撃すべく、侵入経路の極めて限られた移動手段、潜水艦で紅海に挑む一行。
 しかし、小型スタンド「女教皇」はソナーにもかからず
 気付かれぬまま船内に侵入する。

 擬態で無生物に化け、素早い動き、攻防共に厄介な「女教皇」!

 ジョセフの妻、スージーQを電話口で安心させつつ
 一行は沈み行く潜水艦から脱出、スキューバで「無生物のない」海中へと逃れようとするのだが……?

 次回、第24話「女教皇<ハイプリエステス> その2」

ダイバーたちは口を揃えて言う。“世界で最も美しい海”と!

『わしも操縦できるよ! わしも!』

イメージ 2

 なお、ジョセフの主張は承太郎に却下された。

■サブマリンin一行
 金持ちが道楽で使うタイプの、いわば遊覧潜水艦を購入したジョースター一行。
 その利点は、周囲、全方位をソナーで探知できる点と
 海の中ゆえの安全さにある。

 だがもし、この中で襲われでもしたら、逃げ場はねえな……

 金のかかる安全策を取ったジョセフに、いちいち辛辣な承太郎。
 しかしジョセフ、いちいち金かけすぎである。

 さすがニューヨークの不動産王!
※忘れがちな設定。

スージーQ『あ〜らジョセフ、あなたなの? ご無沙汰♪』

ローゼス『え!?(cv清川元夢)』

イメージ 3

イメージ 4

 ローゼスさんの気苦労、うかがわずにはいられないッ!

■大事な電話
 そのニューヨークへと、潜水艦内から電話するジョセフ。
 彼女こそ、彼が若い頃イタリアで出会った美女、愛妻スージーQその人であった。

 彼女を心配させない為に、真相を隠し、敢えてこまめに連絡を取るジョセフ。

 愛ですね愛。
 原作では「スージーQの台詞だけ」で終わった話を、オリジナルで演出。こんな電話してたのか……。

 事情を知る家令、ローゼスさんもナイスな気苦労ムードだ!

スージーQ『まあ良いわ、お茶にしましょ? お前も飲むわよねぇ?』

ローゼス『奥さま! お座り下さい、お茶なら私めが!』

イメージ 5

 にしてもスージーQ、富豪のご夫人なのに、いちいち動作が若々しくて良いですね。
 若い頃は、ジョセフの母の小間使いをしていましたが
 その時のままだわ!

 手ずからお茶を入れようとしてる辺り、あの頃の面影がみえて凄くグッドだと思います。若いわー。

ポルナレフ『けど安心しな、俺達がついてるぜ!』

アヴドゥル『一刻も早く助けましょう! 私も、その為に戻ってきたのです!』

イメージ 1

 カッコイイ事を言いつつ、即座に怒られるポル。

■決意! そして伏線
 どうも今週、半分以上オリジナルな気がしますが、決意を表明する花京院たち!
 マッチョなのに優しい男たちだわ!

 意外とカンタンだなぁ、これならアヴドゥルにも操縦できる訳だぜ?

 その後、ノリノリで操縦させてもらったポルだが
 激しい衝撃に見舞われる。

 ポルの単なる操縦ミスかと思いきや……。まあ、ポルナレフですしね。仕方ないですね。

承太郎『おい花京院……、なぜカップを6つ出す? 5人だぞ?』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 今週のビックリドッキリスタンド!

■上陸間際
 いや、改めて嬉しくてな。久々だろ? こうして五人揃うのも―――。
 決意を新たにする五人だったが、そんな話をした直後、花京院が間違えて「カップを六つ」出す。
 まったく、ボケはジョセフだけで十分だぜ!

 という話ではなく、なんとこのカップがスタンド!

 一瞬で元の姿に戻るや、ジョセフの左手を切り裂いてしまう!
 義手! これで何個目だ!?

 実は、さっきの「衝撃」こそ、スタンドが乗り込んできた証だったのだ。

アヴドゥル『女教皇だ、相手は「女教皇」の暗示を持つスタンドだ―――』

ポルナレフ『で、電話ァ!? こんな時にいったい誰が!?』

イメージ 9

イメージ 10

 鳴り響く電話! どうみても新手のスタンド攻撃だったが……?

■女教皇
 その正体は「長射程」と「擬態能力」を持つスタンド。
 金属やガラス、プラスチックやビニール、無機物の類なら何でもバケてしまう、暗殺力の高いスタンド。

 承太郎!? 出張中のジョセフの傍に、なんでお前が居るの!?

 刻一刻と破壊されてゆく潜水艦の中で
 電話を手に取った承太郎は、祖父と同じように「心配させないように」振舞う。

 心配はいらねえぜ、スージー婆ちゃん。爺さんには、俺がついてる

ポル『やっぱりこうなるのかぁ! 俺たちの乗る乗り物は、必ず大破するのね!』

承太郎『もう二度と、潜水艦には乗らねえ』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

※この後、花京院はメチャクチャ首筋に一発食らった。

■翻弄する「女教皇」
 狭く、無機物に囲まれた潜水艦内は、女教皇の格好のテリトリー。
 擬態をくり返し、すばやい動きで翻弄する!

 承太郎に一杯くわせるなんてなんて、何て敵だ……!

 計器に化けて花京院を
 ハンドルに化けてはアヴドゥルを奇襲し、たとえ捕まっても「カミソリ」に化けて逃れる!

 厄介すぎる女教皇に、思わず花京院も驚愕院であった。

ジョセフ『こ、この状況はッ!? よく解らんがもしかしてピンチぃ!?』

承太郎『黙れジジイ』

イメージ 15

 にしても、昏倒から目覚めて第一声がコレである。
 なんて愛らしい爺ちゃんだ!

 孫も酷え!

アヴドゥル『ならば! 触れなければ良い! “魔術師の赤”!』

ポルナレフ『“銀の戦車”! ―――硬い! チャリオッツの剣先が刺さらぬとは!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 承太郎さんの熱いリベンジ宣言。

■この俺が
 魔術師の赤を避け、銀の戦車をブロックする女教皇!
 ここはジョセフの助言で、ジョースター家伝統の「逃げ」に徹する一行。

 てめーはこの空条承太郎が、じきじきにブチのめす。

 しかし「硬ェ!」て
 カミソリに化けた時もそうでしたが、擬態のみならず、硬度すら自由自在。厄介なスタンドである。

『このジョセフ・ジョースター! このような状況は何度も経験しておる!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 はりきりジョセフ!

■スキューバ!
 無生物への擬態を得意とするスタンドには、機械に囲まれた船内は不利!
 沈み行く潜水艦を捨て、一向はスキューバで外へ!

 ―――きっとジョセフを、色々助けてくれているのでしょう。

 一方、ジョセフの危機を悟った愛妻は
 承太郎に彼を託す。

 彼がジョセフを助けているかはともかく!
 ともかく、一行は海中に出ることで、女教皇の「擬態」から逃れようと画策するのだが――――。

予告『ウキキキキキキ! ウッキィィィィィ!』

イメージ 12

イメージ 11

イメージ 22

 なお、女教皇ミドラー担当はcv久川綾さん。……バリバリのヒロイン声優になんて真似を!?(褒め言葉)

■狂乱のスタンド
 見た目と言動は不気味そのものながら、やってる事は頭脳プレイ!
 承太郎にも一杯食わせる、キレ者「女教皇」!

 アニメ追加により、花京院・アヴドゥル・ポルナレフをも翻弄し、ますます厄介さを増す女教皇!

 一方、同じく追加シーンで「ジョセフの危険」を解りやすく理解したスージーQ
 でも熱い信頼と元気な姿が、実に嬉しかったですね!
 ローゼス執事も超美声じゃないか!

 次回、第1クール最終話「女教皇<ハイプリエステス> その2(第24話)」。


この記事に


.


みんなの更新記事