GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

底知れぬ狂戦士。“英雄六騎に相当する”、ってのは伊達じゃなかった!

イメージ 7

イメージ 28

 技巧ではセイバーが、奥の手ではアーチャーが魅了しつつも、バーサーカーの底知れなさがスゴすぎる。
 さすが、大英霊+ステータス最重視の「狂戦士」は伊達じゃない。
 こりゃ攻略不能ですわ。

 ならばこそ、全霊で応えよう! 行くぞ、ここが貴様の死地だ! バーサーカーッ!!

■最優vs最強
 互いに使い魔同士、なお武人として応えようとするセイバーさん
 早々にアレを投じるアーチャーと
 見所たっぷりでしたね。

 通常戦闘でも、第0、1話同様の超高速戦闘が見れたのに、その印象すら持っていく演出でした。スゴいわ。

『私はイリヤ、イリヤスフィール・フォン・アインツベルン―――』

イメージ 3

 イリヤの名乗りに、強張るセイバー。Zeroだなぁ。

■英霊たちの戦い
 シロウと凛を知る少女、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは「バーサーカー」を解き放つ。
 高位の英霊から理性を取り払い、性能だけを高めた最強の英霊!

 対しセイバーは「最優」の異名通り
 優れた基礎能力と、地の利を活かす戦術で、巧みにバーサーカーを追い込んでゆく。

 だが絶命したバーサーカーは、即座に修復を開始、アーチャーが追い討ちに「魔術」を使う。

 なおバーサーカーは倒せなかったが、撤退させることには成功した。
 しかし直後、士郎が吐血し倒れてしまう。

 次回、第04話「戦意の在処<ありか>」。

アーチャー『これは凄まじいな、アレ一体だけで、他の六騎を敵に回せるぞ?』

イメージ 2

イメージ 4

 無邪気というか、不敵というか。

■アインツベルン
 小柄な少女が連れるのは、素人目にもわかるほど、危険で強大なサーヴァント。
 専門家の凛は、スペック的にはセイバーをも上回ると評し
 正攻法を断念する。

 できるなら、何とか逃げなさい―――――。

 士郎、何がなんだか解らない!
 その辺はおいおい、という訳で敵対するんですが、強敵オーラがとんでもないですね。

イリヤ『じゃあ、殺しちゃうね? やっちゃえ、バーサーカー』

イメージ 38

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 本気を出せば、それだけで地面が陥没!

■狂戦士
 今までサーヴァントと異なる雰囲気の「バーサーカー」。
 その意味は「狂戦士」。
 なのだが……

 上手すぎる! どこがバーサーカーなのよっ!?

 本来、理性を失う代わりに、基礎戦闘力を引き上げるというクラスのはずだが
 小柄なセイバーに「剣を抑えられた」瞬間、敢えて剣を捨て
 逆に隙を突く!

 戦いの勘をまったく失っていないバーサーカーに、凛さんもびっくり! 視聴者もビックリ!

セイバー『さぞ高名な英霊なのだろう』

『狂気に飲まれようと、失われぬ太刀筋………。感服する他ない 』

イメージ 8

 一撃でも食らえばミンチにされそうな怪物相手に、冷静に剣を構えなおすセイバーさん。
 やはり、“最優のサーヴァント”の異名は伊達じゃない。

 アーチャーに言わせれば、身体に染み付いた剣の術理だけは消え去らないという訳らしい。

 頭でなく、身体に剣技が染み付いている!
 さっすがバーサーカー、本来なら「バーサーカーにするのは勿体無い」大英霊っぷりである。

イリヤ『―――潰しなさい、バーサーカーっ』

凛『させるかッ!』

イメージ 9

 雨あられのように矢を食らっても、まるで平然としているバーサーカーさん(?歳)。

■元気の秘密は宝具です
 戦いが進むうち、バーサーカー陣営は「凛を無視する」よう指示を出す。
 凛の魔術、アーチャーの弓、二人がかりの連携でも
 傷ひとつダメージが通らないからだ。

 呆れるほどの強力なバーサーカー!

 セイバーの剣は軽々とかわすが
 アーチャーの渾身、続いては十数発の連射を与えても、まったくダメージが通らない。

 セイバーとバーサーカー、やはり肉弾スペックが桁違いなのか!

イリヤ『どうせ凛とアーチャーじゃ、あなたの宝具は越えられないんだから』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 本格的に、アーチャーの火力は無視できると考え、イリヤは攻撃をセイバーに集中
 しかしセイバーは、目を山のほうへ走らせると
 戦場を移し始める。

 良い、アンタは逃げるのよっ!

 忠告と共に走り去る凛に、士郎はその場で震えだしてしまった。
 そりゃそうだ。

 英霊同士の戦いを目撃し、ランサーに殺されたばかり
 それは数時間前のことで、今、それすら遥かに上回る怪物同士を目撃したばかりなのだから。

士郎『一緒に戦うって、決めたばかりじゃないかッ!

イメージ 13

 だが士郎もまた、ついさっき「聖杯を悪人に渡さないために」、自分の惨劇を繰り返させぬ為に
 聖杯戦争に参加すると決めたばかり!

 士郎は自分を叱咤し、山へと駆け上ってゆく。

 士郎が死ねばゲームオーバー!
 しかし、サーヴァントの限界を越えさせる強制命令、令呪を持つマスターは、切り札にも成り得ます。

言峰綺礼『まずは待とうではないか、初戦の結果がどのようになろうかを……』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 なお、今回の戦いを「無かったこと」にする後処理は綺礼のお仕事です。

■愉悦部活動記録
 聖杯戦争の「初戦」と、「古い知己に再会した気分」に高揚を覚える言峰綺礼。
 この戦争が、僅か十年という短いサイクルで再発生する
 と、言い当てた男と語り合う。

 口元が歪んでいるぞ、聖職者? 他人に見せられたものではないなぁ―――。

 綺礼に、対等以上の態度で接する金髪男。
 桜と接触した男。

 金髪の青年、cv関智一さん…、彼は一体ナニモノなんだ………。謎だな! 実に謎だなッ!!

イリヤ『そもそも、ここで死ぬ人間に何を語れというのかしら?』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 おお、どっかで見たような魔術だ!

■アインツベルン
 マスター狙いで動いた凛は、年端もいかない少女、イリヤに魔術で圧倒される。
 イリヤこそ、アーチャー評価で「一流」の凛をも上回る
 怪物的な魔術師。

 じゃ、これでお仕舞い。はしたない女鹿には串刺しがお似合いよ。

 独立行動する使い魔に対し、凛が防御を展開すれば、それをも上回る貫通力で襲う!
 イリヤ、さすがの強さですイリヤ!

 凛はアーチャーの介入により、なんとか逃げ延びる。

アーチャー『すまない、さすがに視界が悪い。敵マスターまでは追えない』

イメージ 21

 マスターである凛なら知覚できるが……と言い、イリヤは攻撃できない旨を伝えつつ 
 妙にイリヤを避けるアーチャー。

 会話中も位置を変え
 狙撃位置を探知されないよう、心を砕いているのがアーチャーらしい。

 会話の最後は、思わせぶりに拳を握ったりするシーンも。

士郎『遠坂!?』

遠坂凛『遠坂、じゃないわ、よっ!』

イメージ 22

 さすが凛、肉弾戦に強い!

■戦う
 セイバーの助勢を決めた凛は、駆け戻ってきた士郎とハチあわせ!
 した瞬間、彼を逆手に絞り上げる!

 それにな遠坂、自分に出来ないことを、他人にやらせる気か? お前。

 無力だから逃げろ
 そう促す凛に、士郎は「自分だって逃げられないくせに、他人に逃げろなんて言うな」と言い返す。

 事ここに至っては、凛だって無力に近い。それでも逃げないのが凛なのだ。

『語り合う思いも無く、名乗りを上げる自由も無い。我らが交えるのは剣戟のみ』

『ならばこそ、全霊で応えよう! 行くぞ、ここが貴様の死地だ、バーサーカー!』

イメージ 23

イメージ 1

イメージ 24

イメージ 30

イメージ 25

 傷つき血を流し、怯まぬ騎士!

■誇り
 セイバーが場を移したのは、遮蔽物の多い場所で、小回りを生かして戦う為だった。
 最強のスペックに対し、自分の特性を活かして戦う!
 さすが最優のサーヴァント!

 互いに「使い魔」に成り果てた者同士、武人としての礼儀で応えるセイバー!

 無敵の守りを持つバーサーカーに
 セイバーは懐へもぐり、風で隠していた剣を開放、真っ向から打ち破る。

 バーサーカー粉砕、さすがセイバーさんだ!

凛『アーチャー? え? 離れろってどういうこと?』

セイバー『あれは、“死した瞬間”に発動する宝具! 来てはダメだ!!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 31

 矢を撃ったってレベルじゃねえぞ!

■壊れた幻想
 バーサーカーがすぐさま再生し始めたことに、セイバーは即座に迎撃体制をとろうとするが
 士郎は、何故か「アーチャーの魔術回路」を感知し
 ただならぬ気配に驚く。

 見事だ。だが、それでは足りん。

 士郎は、セイバーの手を取り退避
 蘇生中のバーサーカーに対し、アーチャーのとんでもない宝具が炸裂した――――。

 威力、とんでもねえ……。
 これで「ランクA相当」ってマジですか先生。

イリヤ『ふぅん、やるじゃない凛。あなたのアーチャー、見直したわ』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 アーチャー、してやったり。

■初戦、閉幕
 ランサーが言った通り、聞いたこともなく、そして今回の「通常戦闘」の通り、たいした火力も無い。
 木っ端英霊だと思っていたアーチャーを再評価し
 イリヤは興味がわいたと訂正した。

 それじゃあバイバイ、また遊ぼうね、お兄ちゃん?

 バーサーカーは撤退させたが
 気を抜き、急に立ち上がったシロウは吐血してしまう――――。 

 マスターとしての魔術師的な負担か? いやシーン的に見れば、やっぱり誰かさんの思惑なのか?

予告『あなたには、聖杯を手に入れて貰います。私の望みを叶える為に』

イメージ 29

 全体にカッコイイ中、このシーンが可憐。

■螺旋剣・炸裂!
 士郎が介入しまくるイメージだったんですが、バトルを中心に圧倒してゆく内容!
 セイバーの初戦ですし、その魅力を重視した感じ。

 かと思いきや、イリヤがどっかで見たような魔術で凛と戦いだす
 アーチャーはブロークンするし!

 Unlimited Blade Worksという事で、凛陣営のウエイトが強かった感じでしょうか

 といいつつ、士郎に手を引かれるセイバーも可愛かった!
 セイバーさん魅力的ですよね。

 次回、第04話「戦意の在処<ありか>」。



この記事に


.


みんなの更新記事