GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

前回と、キレイにつながる第十六合目。とにかく踏み出せ、第一歩!

イメージ 10

イメージ 28

 久々に、四人揃って「谷川岳行き」を具体化するエピソードでしたが、あの雨具がここで生きるとは。
 つくづくシナリオがつながってて面白いです。
 ほんわかしますわ。

 自分が“怖い”とか“不安に感じてる事”って、本当は大したことじゃないのかもしれないわね

まずは動いて見る!
 あおいの「高所恐怖症」を、まずは言葉で軽くして、そして実地で挑むための第16話。
 きっと登山だけでなく、多くのことに当てはまる言葉ですよね。

 タイトル通り受け継いだ雨具、心地よい新OPとED、なんとも嬉しくなる話でした。

ありがとお♪ い・つ・も・隣に居てくれて♪

イメージ 2

 新曲「毎日コハルビヨリ」。またもポップな動画!

■いざ谷川岳へ!
 次なる登山を決めたあおい達だったが、あおいの高所恐怖症により足が鈍ってしまう。
 しかし、同じく高所恐怖症だった楓の励ましもあり
 あおいは谷川岳行きを決める。

 その際、もう着れなくなってしまったけど、大切にとっていた「楓の思い出の雨具」を譲り受け
 あおいはますます燃えるのであった。

 次回、十七合目

ひなた『はぁ? 怖い?』

あおい『だってロープウェイあるんだもん、やっぱり無理だよ!?』

イメージ 3

 cv井口裕香さん、ホントかわいい。

■冷静に考えて
 だって冷静に考えてみたら怖いよぉ、高いよぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 と、開幕早々ヘタれるあおい。
 かわいい!

 なぁに言ってんの、誰かに頼るのも才能だよ?

 なお相談を受けたひなた
 楓さんへ、熱い丸投げ発言である。やはりタダモノではない。

 そんな二人の丸投げは、ちょうど前回のラストシーン辺りだったらしい。繋がってるって素敵ですね。

楓『友達がねえ、少しは女の子っぽい格好しろってうるさくて』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 29

イメージ 6

 ここぞと出てくるSDゆうかさん可愛い。

■山ガール・ハウス
 翌日、楓さんの家に集って相談しようってな寸法だが
 楓さんがお嬢様仕様だったり、初めてだけに、楓さんの家を想像するここなちゃんが可愛い。

 一体どんなお家なんでしょうか〜♪ ……ひょっとして、富士山のような?

 いや、その発想はおかしい。
 相変わらずおかしい。

 オールラウンダー・ハイスペックここなちゃん、しかし発想がおかしい。

楓『狭い部屋だけど、ゆっくりしていってね?』

ここな『いえ、とっても広いです』

イメージ 7

 ここなちゃん家、アパートですもんね……。

■山ハウス
 楓さんの家もやっぱり豪邸で、自室も、所狭しと山グッズが揃った山ガールの堂々たる本拠地!
 中学生時代より、装備関連が明らかに増えてる!

 天窓、屋根の梁、ハイジの小屋みたいだね♪

 そんな感想を漏らすひなたと、まるで解らないあおい、二人のギャップは今日も深刻。

楓『あそこは、キレットっていう場所なんだけど――――』

ここな『山が深く切れ込んで、低くなっているところです』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 なにこれ超楽しそう。

■死ぬね(確信)
 先日、「行ってくるねー♪」とノリノリで出かけていったキレットの話に。
 なんとスリリングな!

 凄いところ歩くのよ、足場もあるんだけど、下、何百メートルもスパッと切れ落ちてるのよ♪

 踏み外せば死ぬ
 そんな山に登ったことを、嬉々として話す楓さん。

 いやぁ、こりゃ踏破するのが楽しそうだし、周りが開けてるぶん視界も凄そうだわ…………。

あおい『楓さんって、なんでそんな怖いところ平気なんですか……?』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 楓さんにもそんな時代が………。

■勇気の一歩
 楓さんも、昔は高いところが苦手だったと聞いていたあおいは、ここぞとヒントを聞く。
 返ってきた答えは、「慣れること」だった。

 自分が“怖い”とか“不安に感じてる事”って、本当は大したことじゃないのかもしれないわね

 もっと言えば、実地で体験すること。
 それがきっと大切なのだ。

 過去の経験が生み、ついつい想像で倍増しにした「怖さ」を、今、体験することで払拭できるかもしれない。

あおい『朝日がホント綺麗だった思い出があって、また見たいなって』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 三つ峠に登ったとき、行きで怖かった道が、帰りは不思議と怖くなった経験に照らし合わせ
 歩き出せば、どうって事ないかもしれないと思いさだめる。

 そうだ、進もう、思い切って足を踏み出すんだ――――。

 三人の快諾を得たあおいは
 小屋泊で予定を組み、「綺麗な朝日を見る為に」再び谷川岳に登ろうと決意するのだった。

 極端な高所恐怖症、果たして克服できるのでしょうか?

あおい『………持ってません、結構高価くて……』

楓『あおいちゃん、身長何cm!?』

イメージ 20

イメージ 28

イメージ 21

イメージ 1

 まさか、先週の話がここで生きるとは。

■受け継ぐ想い
 しかし雨女の楓さんに触発され、天候、雨具の話となってあおいは曇った。
 高価だから、まだ持っていなかったのだ。

 友達と一緒に選んだものだから、捨てるのもイヤだったしね。使ってくれたら嬉しいな♪

 そこで、楓が中学時代に買った雨具
 ゆうかさんとの思い出で、捨てられなかった雨具をプレゼントする。

 嬉しげに着込み、お礼とツッコミを軽快にいれつつ、あおいは新たな装備「雨具」を手に入れたっ!

『勇気を出して、一歩踏み出すんだ…、きっと素敵な景色が待ってるはずだから』

イメージ 22

 写真だけでも、口から心臓が飛び出るくらい怖いけれど。
 でも、あおいは懸命に挑む。

 思い出の、素敵な景色をもう一度、今度はみんなで見る為に。

 いや写真でもダメってどんだけ!?
 これは、今クールは谷川岳で終わっちゃいそうなペースなのかも!?

晴れた日も 雨の日も幸せだったら 天気予報はいらないね♪

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 27

 エンディングも、フルに模様替えして「Cocoiro Rainbow」に!

 紙と色鉛筆だけで、どんな夢も叶えられた、子供の頃の気持ち 取り戻したような日々
 楽しかった、季節一つ、終わる

 ちょっとさびしい感じかな
 と思ったら「十二色パレットじゃ描けない世界、心に焼きついてるよ」から広がっていく感じが素敵。

 軽やかに歌い上げていく感じが、なんだか好きな新エンディング。

次回、そろそろ「エンディングのカメラ少女」が登場?

イメージ 26

 イメージイラストには出ているものの、エンディングでは顔も映らず。

■一歩踏み出す勇気
 昔、高所やロープウェイが怖かった楓さんが
 大丈夫、きっと慣れるし、ダメなら戻れると励ます姿が快い第十六合目。

 怖いと頭で組み立てていても、一歩踏み出せば変わるかもしれない。

 あおいは克服できるのか?
 そして、残り八話にしてまだ姿を見せぬメンバーの行方は?

 次回は第十七合目!


この記事に


.


みんなの更新記事