GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

長い夜の攻防! タツミ、三度目の正直。正義を信じ、セリュー散る

イメージ 7

イメージ 29

 第5話ではヒロイン風に、第6話からは、許せぬ仇敵かつ捻じ曲がった少女として描かれてきたセリュー
 長い長い戦いの末、最後の最後にして盛大にはっちゃけて散る――――
 完全に読みきっていたマイン、強かった。

 まだ悪を倒しきってないのに、こんなところで……、嫌だぁ……。

そして死亡フラグ
 フルアーマーなど「十王」装備をフルに活かした末、弱々しい少女に戻って散る。
 彼女は、その気持ちを他人も持ってると知らなかったのだ…。

 一方、ナイトレイドも死亡フラグ乱立!

 ヒロイン化が加速するマイン、欠かせぬ存在のスーさん、そして予告でヤられてるラバック! 過酷!

ウェイブ『なんだろう、この人、スタイリッシュと同じ何かを感じる……』

イメージ 2

 cv松井恵理子さん……。なるほど変態だ!(確信)

■武装蜂起、定まる?
 帝国への「同時多発反乱」の口火とすべく、武装教団「安寧道」のNo2暗殺を狙うナイトレイド。
 その真意は知らず、現地に派遣されたエスデス将軍のイェーガーズは
 大臣の羅刹四鬼と連携し防衛に当たった。

 ナジェンダの策は嵌り、ナイトレイドは「No2.ボリック司祭」の暗殺に成功。

 防衛戦力であった最後の四鬼スズカと
 イェーガーズの正義少女、帝具ヘカトンケイル使い「セリュー」をも葬る。

 戦いの中、今度こそ仲間を救えたタツミは喜びに震え、救われたマインはとある決断をする。

 次回、第20話「修羅を斬る」

ナジェンダ『この一手で革命軍の狼煙が上がる―――、失敗は許されないッ!』

スーさん『みんな、食事だ。今日の俺は本気も本気、覚悟は良いな、お前達!』

イメージ 3

イメージ 4

 アカメのが予想以上にデカくてビビる! さすがスーさん!

■「安寧道」開放作戦
 今回の暗殺は、ひいては安寧道の武装蜂起、 彼らと連動した革命軍と賛同者の一斉蜂起の端緒となる。
 作戦を前に、スーさんの料理も気合横溢意気軒昂!
 まさに必殺料理<スペシャリテ>! 

 もう俺たち、スーさん無しじゃ生きられないぜっ!

 とはラバックの弁。
 まさか、アカメ見てラーメン食いたくなる日が来ようとは!

 この団欒、スーさんの死亡フラグに見えてなりませんでしたが、とりあえず大丈夫なのでしょうか?

マイン『メイク、落ちてる?』

タツミ『お、落ちてるぜっ!?』

イメージ 5

 いやいや、赤い糸云々が無しでも照れますわよマインさん。

■糸といえばラバック
 任務自体は、宮殿奥のボリック副司祭を暗殺するのみ、決して困難ではありません。
 タツミとマインは陽動役、敵の目をひきつける事ですが……。

 何テレてんのよっ! まさか“赤い糸”のコト本気にしてるんじゃないでしょうねっ!

 陽動しつつラブコメとかいう高等テク。
 うーんこの。

 また、この時の「援護しなさいよ! 肝心な時にまったくぅ!」が布石だったようで。

セリュー『十王の裁き、2、7、8番を組み合わせた殲滅装備で砲撃するッ!』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 フルアーマーかっけぇ!

■十王の裁き
 二人の陽動にかかったのはセリュー、そして「羅刹四鬼」の生き残りである武闘家スズカ
 タツミ達と直接追わず、わざと外へ誘い出したセリュー
 十王の火力を存分に活用する。

 マインに手出しはさせない! お前の相手は俺だッ!

 その後、突っ込んできたスズカをタツミは迎撃、結果「一対一」が二つ出来上がってしまう。
 というかタツミ、護るならマインから離れちゃダメでしょ!

 前回一話で三人散ったものの、四鬼の強さ自体は本物、よってスズカも相当の強さを見せる!

スズカ『イバラを倒した奴がいたのは驚いたけど……、君じゃないみたいねえ?』

タツミ『(また力不足――――、力量差があっても覆すッ!)』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 18

 cv松井恵理子さん、未確認で進行形の紅緒さま役など。

■力量差
 アカメが奇策で勝った「イバラ」と比べ、タツミは実力がまるで足りないと嘲笑する四鬼スズカ。
 帝具補正で、基本スペック自体はタツミが勝るようだが
 根本的な技量が違う!

 さ、さすがにそんな責めは勘弁!?

 力で勝っても、合気道のようにことごとく受け流してしまうスズカ。
 正面からでは勝機は無い。

 そこでタツミは、廃墟に誘い込み、倒壊させて技量もへったくれもない状況に追い込む!

 さすがタツミさんパワーバカ!(褒め言葉)
 スズカ、ギャグみたいな最期の言葉でしたが倒せたのでしょうか? グッバイ羅刹四鬼、永遠に。

エスデス様『―――あいも変わらず、姑息な作戦を立てる!』

ナジェンダ『お前の強さは解っている、正面から当たるような真似はしない…』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 28

 ウェイブさんマジ主人公!

■暗殺者集団
 一方、エスデスを信用しきれなかったボリック司祭は逃走を図り、華麗に暗殺される。
 状況が完全に必殺仕事人である。

 来いよ殺し屋ども! これ以上、仲間を傷つけさせやしねえッ!!

 クロメとウェイブは善戦
 エスデス様も、肝心のアホが逃げてしまった事で任務失敗……。

 ナイトレイドの一方的勝利ともいえる状況に。

エスデス『貴様の身は私が護る。だから、この部屋から一歩も動くな…!』

イメージ 17

 前後しますが、絶対に部屋から出るなと言明していたシーン。
 久々にドSさま全開!

 ただコレ、ビミョーにボリックさんの頬が赤いのが気になります!

 エスさまに、顔を踏まれているのに!
 踏まれてるから!?

セリュー『直接断罪しにきてやったぞ? お前も“仲間たち”のように捕食してやる』

『二人仲良くおやつになった……、お前もそうなれ!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 セリュー、もはやお馴染みとなった悪鬼の形相!

「壊れてる」
 セリューと「帝具ヘカトンケイル」相手に、二対一となったマインだったが、逆に圧倒する。
 セリューはマインを知らないが、マインはセリューを知っている! 

 正義を口にする割に、オーガやスタイリッシュを盲信し、やつらが外道である事に気付けなかったのね。

 互いに挑発し、ヘカトンケイルの復元を待つ二人。
 マインにとっても「ピンチになるほど、パンプキンの火力が上がる」絶好のチャンスとなるのだ。

 その特性を知らないセリューは、優勢のはずが押し込まれてゆく。

マイン『対策済み! その帝具のネタは全部割れてんのよ!』

セリュー『貴様! 殴殺刑だぁぁぁぁぁぁッ!!』

イメージ 12

イメージ 19

イメージ 20

 コロの奥の手、ビームかと思ったら「音」か!

掴め成功<サクセス>
 一度、シェーレとコンビで追い詰めた相手というだけあり、マインはヘカトンケイルを手玉に取る。
 散々弾丸を叩き込んでおり、その「核」のアテはある!
 むしろ厄介なのはセリュー自身だ。

 将来、この「不幸な分」を取り戻し、差別のある理不尽な世界を変えてやるって……!

 マインは、セリューが持つDrスタイリッシュの遺産「十王の裁き」と
 肉体改造を前に窮地に陥る。

 が、自分自身の戦う理由を思い起こし、闘志も新たに立ち上がる!

 マインさん男前! 思考が主人公過ぎる!!

マイン『―――今こそ! 撃ち抜けぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇッ!』

セリュー『なぎ払っただと……!?』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 先週ほどあからさまじゃなかったですが、またも規制! 真っ白!

■浪漫砲台パンプキン
 ピンチになるほど高出力化する真意は、使用者の精神をエネルギーにしているから。
 帝具すら、オーバーヒートするほど昂ぶらせた一撃は
 セリュー達を一薙ぎに引き裂く―――。

 正義に負けは無い……、何が何でも“悪”は滅する! 最終番“五道転輪炉”……!

 二人に致命傷を与えたマイン
 しかし改造人間セリューには「切り札」の自爆装置が残っていた。

 もうマインが逃げ切れないと確信したセリューは、高らかに起爆スイッチを押してしまう。

セリュー『お前はもう爆殺刑確定だッ! 怯えながら死ね!!』

イメージ 1

 まだ悪を倒しきってないのに、こんなところで……、嫌だぁ……。
 逃げ去るマインを見送ったセリュー、最期の涙。
 コロと共に散る……。

 もう、この爆薬自体を武器として使ったほうがいいんじゃないか!?

 そんな野暮さえ浮かぶ一発と共に、正義の少女セリュー、ここに散る。
 頑固で揺るがぬ正義、終焉。

 親御さんを「犯罪者に殺された」後、あの不正隊長オーガに師事したのがいけなかったのでしょうか……。

マイン『ちくしょーーーーーーーーーーーーーっ!』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 29

 直後、マインさんが吹き飛ばされるかも? とかドキドキしましたが、無事生存。

■今度こそ
 死を覚悟したマインだったが、ギリギリでタツミが乱入し事なきを得る。
 タツミにしてみても、三度目の正直だった。

 アニキの時は力不足だった、チェルシーの時は間に合わなかった、けど今度こそ死なせやしねぇ……!

 後悔を力に変えた男の顔!
 マインも、今度こそ決定的に惚れたようですが「その答えは生き延びてから」と死亡フラグ。

 幾度も手が届かなかったタツミ、今度こそ救う!

 良い笑顔でした
 直後「ズドン!」とやられて台無しにされそう!と思うくらい、良い笑顔でした!

次回、大臣の息子「シュラ」参戦。ラバックの行方は!?

イメージ 10

イメージ 18

 気になるのはマインが「換装部品(背中)」を失った事と、スズカがギャグっぽいので生きてそうな事?

そして夜明けへ
 やはり、マインvsセリューにして雪辱戦の格好に。
 かつての敗戦を糧にしたマインは、ヘカトンケイルを完全に手玉に取る強さ!

 あわや相打ちもタツミが救い、彼のトラウマも救いを得る展開に。

 基本、悪意は無いだけにセリューは気の毒でしたが
 救いようのないキャラだっただけに、ようやく安らかにという印象もある回でしたね。

 とはいえ、エスデス様がいるんじゃ武装蜂起なんて出来ないはずですが
 次回はシュラ回になる模様?

 次回、第20話「修羅を斬る」




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事