GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

驚け! 竦め! ガンプラの性能も活かせぬまま死んでゆけーーーっ!!

イメージ 25

イメージ 16

 分離した機体は一人で操る事、というルール解説にかぶせての分離殺法、ウイニング・ロード!
 早くも開陳された大技の前に、優勝経験高校も形無しでした
 一方、ユウ君は一時リタイアフラグ?

 これが私の考えた勝利への道――――、ウイニングロードよ!

■ウイニング!
 実質、“セカイ達は連携できる”と見せる為に、連携戦に優れたチームを撃破させた、という格好。
 更にミナトがフミナを見初め、彼がデレるフラグも。
 てっきりミライさんに惚れるのかと…。

 ライバル宮里学院も、スレッガーさん(初代ガンダム)みたいなのが加わり、ますます乱戦模様か!

回想サカイ『ジブン、ワイとの勝負から逃げる気ィか?』

イメージ 2

 ユウ君、サカイとの「勝負」は本気だったらしい。

■挑戦者vs支配者
 4ブロックで構成された西東京地区予選
 その第2回戦にて、セカイ達は、3年前の地区予選突破校「成練高専」と激突する。

 科学部の技術と情報収集で、相手チームを自分のペースに乗せる「戦場の支配者」!

 トライファイターズもその戦術にハマってしまうものの
 予測を上回る想像力、ウイニングが生み出す奇想天外なギミックと、バーニングのパワーで薙ぎ散らす!

 要となったフミナの発想にサカイ・ミナトは見惚れ
 また、昨年の地区予選優勝校「宮里学院高校」に、新たにスガ・アキラを名乗る男が加わっていた。

 次回、第7話「素組みのシモン」

大会ルール解説『<皆さん、大会ルールをしっかり理解し、楽しいバトルを!>』

ユウマ『……何故、今更こんなビデオを?』

イメージ 4

イメージ 5

 敗因は顧問。

ネクストバトル!
 一回戦を突破した聖凰は、勝利を祝うと共にルールをおさらいする。
 が、二回戦は「三年前の地区突破校」と判明。

 ことごとく先手を読まれ、敗北に追い込まれる。そう「成練は戦場を支配している」と――――

 緊張する挑戦者・聖凰。
 その成錬も、前回で聖凰をじっくり観察し「敵はコウサカ・ユウマだけじゃない」と確信していた

 ……ハズだったが、顧問の一言で「ユウマだけのワンマンチーム」と結論してしまう。

余談、大会ルール解説

イメージ 3

 バトル時間は15分以内、経過時点で多いほうが勝ち、同数ならリーダー決戦というルール。
 聖凰の場合、フミナが部長ではありますが?

 何? コア・ブースターのコアファイター部(先端)と、ガンダムのサイズ比がおかしい?

 これは初代ガンダムの忠実な再現ですよ!
※定番ネタ

 航空機は「コアブースター」、そしてガンダムとガンキャノン、初代ガンダムより。

サカイ『ジブンのおらんコンテストで勝っても、意味なんて無いで!』

イメージ 6

 冷コーヒー、略してレイコー。関西人の定番ネタかよ、チキショウ!

■メイジン杯
 ところかわってコウサカ家の喫茶店、マオの「エクストリームガンダム」は今もあるのでしょうか?
 ともかく、サカイによる的確なアドバイスタイム。

 バトルにはさっさと見切りつけて、八月のメイジン杯に集中せえ!

 聖凰の連携の無さ
 そして、八月に「メイジン杯」の製作大会があると語ってくれるサカイ。

 元々「トラウマの敵」が存在する為、脱落フラグを抱えるユウ君。更なる戦線離脱フラグが……?

セカイ『どうしたんですか、センパイ? こんな時間に部室に呼び出して』

ユウマ『しかも、ガンプラ持ってこいって』

イメージ 7

 サイコガンダム(Z)じゃないか!? サイコ・モックじゃないか!

■vsメガサイズ
 その夜、部室に呼び出されたセカイとユウ君は、部長に秘密を明かされる。ガンプラ的な意味で。
 メガサイズ、通常の約3倍の巨大ガンプラに対し
 その力を解放した――――。

 これが私の考えた勝利への道――――、ウイニングロードよ!

 決め台詞か!
 フミちゃんが決めゼリフ込みで考えていた必殺技は、巨大ガンプラを爆砕する!

 サカイが見せた「自由な発想」に触発された、いわばフミナ式の心形流! フミナ流ガンプラすげぇ!

ギャン子『そんな事では、このR・ギャギャの盾に傷一つ付ける事などッ!』

『その通りですわ!』『禿同(激しく同意)ですわ!』

イメージ 8

イメージ 9

 メッメドーザ(V)、ティエレン高機動B型(00)、スーパーカスタムザクF2000(ビルダーズ)の改修機が!?

■盾ェ!
 二回戦、ギャン子「北宋の壺」もバトル
 模擬戦と同様の装備のまま、敵チームをあっさり壊滅させてしまう。

 盾! 盾! 盾! 盾ェェェェェェェェェェェッ!

 違う!?
 それ絶対「盾使い」として間違ってる!?

 しかしあの盾は、コロニー壁をも打ち抜くパンチに無傷で耐えるスーパーシールド!
 これを打撃武器に使ったギャン子、マジ盾魂。

 兄といい、成長の方向がどっか間違ってるぞギャン子!

フミナ『この局面を、私たちだけで乗り切れないなら、全国なんて夢また夢!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 1

イメージ 13

 フミちゃん、万年一回戦負けだったのに強気ね!

■戦場の支配者たち
 第四試合、“ラルさん遅刻'”というラルさんがラルさんである以上、避けえぬ事態が到来。
 自力勝利を誓ったフミナ達のバトルが始まった!
 が!? 

 三号機、“バグ”をバラまけッ!

 バグ!? F91のアレか!?
 いえ、要は「ビーム」「レーダー」「通信装置」をかく乱し、無力化する子機が展開!

 そんなモン作れるの!?

 連携の悪さどころか、視界の悪さも加わり、連携不能に追いやられていくトライファイターズ。

サカイ『ファイターの性格まで把握して練られた戦術………!』

スドウ『成練が戦場を支配している!』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 このギミック! こうした無茶がSDガンダムの面白さよ!!

■勝利への道
 聖凰の三機を完全に分断した成練は、勝利を確信、カサにかかって攻め立てる!
 本来、情報処理を担当する機体まで前進し
 火力攻めに――――

「直前で分離しおった!?」「あれは昨日の! ――――ウイニング・ナックルッ!!」

 しかし、それこそが成練の敗因。
 未知なる「完全オリジナルガンプラ」であるウイニング、そのギミックを考慮しなかったのだ!

 分離したウイニングは、バーニングの拳・ライトニングのライフルを強化!
 二機の長所を引き上げてしまう!

 バーニングのパンチは、とんでもない風圧で周囲の阻害装置全てをフッ飛ばしてしまった――――!

オカモト『こ、こんなの情報にないよ……………』

イシバシ『バカな! 戦場を支配する我々が―――――!?』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 情報収集には長けていたものの、聖凰学園の古株たるラルさんは知らなかった模様。

「ええ女やないか」
 ビームさえ使えるようになれば、後はライトニングガンダムの独壇場!
 ウイニングも、相手が驚いた隙に勝ってしまい
 バーニングも圧勝した。

 あのSDや。アレが他の二機に連携を図らせた――――。その為に工夫され、作られたガンプラ

 その勝利を、サカイは「チームワークではなく、フミナが連携させたのだ」と分析。
 オリジナルの発想で、連携の中核となるガンプラを作った
 その手腕を高く評価する。

 意外! ミライさんに惚れ、ユウ君とコメディを始めるのかと思ってた!

 そんなサカイ君がフミナさんを見初めつつ
 万年一回戦負けだったはずの聖凰は、見事「優勝候補」へと昇格する事となる――――。

『スガ・アキラ。今日付けでここに“転属”になった…、転入生だよ』

『よぉ、俺のねぐらどこ?』

イメージ 23

 台詞回しといい格好といい、初代ガンダムの追加キャラ「スレッガー・ロウ」のオマージュだ!

スレッガーさん!
 一方、宮里学院には新キャラが着任。
 オープニングに出てる「Gファイター」は、ヤスじゃなくて彼だったか!

 この癖の強さからすると、「Gファイターの中身」も俄然気になりますね!
 単なる支援機ってワケじゃなさそう。

 しかし、まだセカイ達と面識も無いのに着々とキャラが濃くなってますね彼ら。

予告『戦う理由は誰にだってある』『僕達にも』『そして相手にも』

イメージ 24

イメージ 25

 OPが更新され、ウイニングに差し替え。カーディガン完全終了のお知らせ(1カット残ってますが)

戦場を支配できなかったよ…… 
 やはり「情報を重視するチーム」は、予想外の情報でドンガラガッシャン!のコースであったか――――。

 楽しみにしていたEz-SR回でしたが、どちらといえばウイニングの販促回でしたね。
 もう、最初から装備させてた方が良いんじゃね!?'

 三機でバランスよく戦うも良し
 フミナ機をほぼ無力化、代わりに二機の性能を跳ね上げるという戦法も取れる多目的ガンプラ。

 価格も比較的安価ですし
 ガンプラ、普段SDを買わない層にもウケそうですね。

 次回、第7話「素組みのシモン」



この記事に


.


みんなの更新記事