GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

冒頭も終幕もアーチャー格好良すぎ! 侍「アサシン」佐々木小次郎も参戦!

イメージ 30

イメージ 35

 英霊を取り巻くシステム周りの解説と共に、その仕組みに憤怒を滾らせるアーチャー。
 英霊ったって、しょせん「便利な召使い」ってのが本作ですが
 アサシン、英霊満喫してますよねー。

 良い。敵を知るには、この刀だけで十分だ。ここを通りたいのなら、押し通れ―――――!

■真っ向勝負!
 絶体絶命の士郎に現れた「助け」が、互いに嫌いあうアーチャー!
 不敵に素敵に頼もしい!

 アーチャーに始まりアーチャーに終わった!

 バトルはお預けとなりましたが、小次郎とアーチャー、二人の不敵さだけでお腹一杯の楽しさでしたね!

『ほう、護衛は要らないと?』『そんな殺気だった護衛がいるか』

イメージ 1

 ほーら殺すぞと、無言透明でプレッシャーをかけ続けてたらしい。

■柳洞寺、2面交戦
 学内に結界を張った英霊「ライダー」、そのマスター間桐慎二は、士郎に「戦いたくない」と呼びかける。
 嘘まるだしの言葉だが、否定する材料を持たなかった士郎は
 彼の言葉を信じて引き下がる。

 しかしその夜、士郎は柳洞寺を陣地とする「キャスター」の英霊にさらわれてしまった。
 唯一の入り口は「アサシン」の英霊に塞がれ
 セイバーは苦戦を強いられる。

 士郎から「令呪とセイバー」を奪おうとするキャスター、その窮地を救ったのはアーチャーであった。

 次回、第07話「死闘の報酬<こたえ>」。

アーチャー『人間の望みを叶える、“悪質な宝箱”か。私はそんなものは要らん』

『自らの意思で“呼び出し”に応じる者なぞ、お前のセイバーくらいだろうよ』

イメージ 2

イメージ 3

 英霊といえば非業の死。

使い捨ての下僕<サーヴァント>
 不仲な弓兵と皮肉をやりあう内、彼が、彼どころか「英霊の多くが聖杯なぞ求めていない」と語られる。
 英霊とは、「守護者」と呼ばれるシステムの一環に過ぎない

 想像してみろ? 思いを遂げられず死んでいき、死してなお人間どもの良い様に呼び出される者の感情を。

 聖杯が欲しいという人間たち
 その欲望につき合わされ、道具として戦わされ、不満を抱く英霊たち――――。

 英霊のトンデモパワーを知れば知るほど、彼らが、そんな理不尽に甘んじていると信じられない士郎。

士郎『そこまでのものを、何でお前は要らないって言うんだ』

アーチャー『―――私は望みを叶えて英霊となった、故に叶える望みは無い』

イメージ 4

 自分たちは、「聖杯」を欲しがる人間どもの欲望に、巻き込まれている被害者だ。
 そんなアーチャーに、聖杯が欲しくないかと言い返す士郎

 私には、叶えられない願いなど無かった

 皮肉合戦から、英霊の悲しさ、アーチャーの不可解さを聞かされる士郎
 その返答に、ただ立ち尽くすばかり――――。

 カッコよく、不可解な言葉を言い残す弓兵。

大河『ちょっと記憶は混濁してるけど、外傷も、命に別状も無いって』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 あの、快活で可愛かった美綴が何て表情に………。

聖杯問答(失敗)
 顔を曇らせて帰った士郎は、美綴が無事に保護されたと聞き、顔をほころばせる。
 当人がただ事じゃないとは知る由もなく
 そりゃ嬉しい。

 セイバー、お前は「聖杯」が必要なんだよな? ……それは何の為なんだ?

 帰りが遅かった件を怒っていたセイバーに、「勝手に同盟してきた」件で更に怒らせつつ
 とどめに「願い」を聞いてしまうシロウ。

 だがセイバーが言いたくないと悟り、深く追求はしなかった。

 セイバーと士郎、ダブル正座。不思議なシュールさ。

セイバー『私からも提案があります』

『―――これからは、実戦形式で経験を積むべきです』

イメージ 9

※この後、むちゃくちゃボコボコにされた。

 剣道の心得もあるシロウだったが、剣士の英霊に敵うはずもない。
 敵わないから、訓練として価値がある!

 オープニングでも転がされてますが、それでもメゲないシロウ、鍛えがいがあるのでしょうねえ。

間桐慎二『美綴の奴、新都で見つかったんだってね? それも路地裏で!』

『普段、偉ぶってあるアイツが、どんな風に捨てられたのか?』

イメージ 10

イメージ 11

 スーパーワカメタイム開幕! cv神谷さんノリノリである。

「憶測」
 翌日、美綴が酷い目にあったという噂をバラまくワカメ慎二に、士郎は怒る。
 第一「慎二は、容疑者」ですらある!
 だが

 憶測で話すなよ? 思いつきで言いがかりをつけると、後悔するぜ。衛宮?

 悪意全開の慎二。
 けれど、彼が何か悪事をしたという証拠は無い。

 イラッときますが手は出せません。「正義の味方」を目指す士郎なら、なおの事。私情は禁物。

遠坂『ホントにあった。たいしたものねえ』

イメージ 12

イメージ 13

 いわゆる呪刻デートである。

■呪い潰し
 放課後は凛と組み、三流マスターが学内に置いた「呪刻」を片っ端から潰して回った。
 とはいえ、結界は既に作動しているため
 効果の減退しか出来ない。

 私の見立てでは、明日にでもボロを出すわよっ!

 凛にしてみれば「挑発」らしい。
 また、「魔力が低いと魔術師として認識できない」事や、士郎が無機物探知に優れる事が明かされる。

 要は士郎も慎二も半人前過ぎて、凛から「魔術師」と思われてなかったワケか。 

慎二『―――僕もさぁ、魔力も無いのにマスターを“やらされている”んだ』

士郎『じゃあ、あの結界は何だ?』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 明日どころか、直後に動き出す慎二。凛、熱い予測ミス。

■魔術師「間桐」
 明日の準備の為と凛はさっさと帰り、独りになった士郎の前に慎二が現れる。
 間桐慎二、彼が「士郎を襲った鎖使いサーヴァント」の主。
 いわく「勇敢じゃない」マスター。

 おいおい信じてくれよ? 僕は誰とも戦いたくないんだ―――――

 襲撃も結界も、全ては「力が無い」から
 或いはサーヴァントのせい。

 教室同様、慎二は自分は悪くないと言い募り、士郎もそれを否定する材料を持っていなかった。

 彼の「同盟」提案を跳ね除けるのが精一杯。
 彼の言い分に従い、士郎は「敵同士になった以上、桜は間桐の家に帰す」と約束してしまう。

セイバー『―――シロウの得意な魔術は、“強化”だと聞きました』

士郎『得意っていうか、それしか出来ないんだけどな』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 土蔵の入り口から、ひょこっと覗いてるセイバーさんが天使。

■鍛錬とセイバー
 その夜、日課の「強化」魔術訓練をしていた士郎の下に、興味を持ったセイバーが現れる。
 自身を魅力的な女性だとまったく自覚せず
 距離感を縮めるセイバー。

 単純に物の強度を上げる事だけじゃなく、物の効果を強める事も含むんだ。

 石はより硬く、電球はより明るく、エロゲはよりエロく。
 その為に「対象がどんなものか解明し、魔力を通して適切に変更する」事が必要となる。

 が、集中し切れなかった士郎は失敗。

 単に「自分が居ては邪魔なのだ」と思ったセイバーは、早々に引き上げる事となる。セイバーさん痛恨のミス!

士郎『魔術師<キャスター>の、サーヴァント……!』

キャスター『ええそうよ? セイバーのマスターさん』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 27

 cv田中敦子さん、最近では「ジョジョ」のリサリサや、Gレコのベルリママン等。

■キャスター
 その夜、衛宮邸に密かに侵入した「魔術の糸」に士郎はさらわれ、第6のサーヴァントと対峙する。
 街全体に結界を仕掛け、事故に見せかけ生命力をすすっていた魔女
 魔術師の英霊<キャスター>である。

 その「令呪」を貰ってあげるわ――――。

 甘く優しい声で、魔術回路ごと「令呪」を引き抜くと迫るキャスター。
 その様、まさに毒婦!

 キャスター・クラスは「陣地を作れる」ルールがあり、柳洞寺を陣地に、冬木市全体を侵食している。

山門の侍『暗殺者<アサシン>のサーヴァント、佐々木小次郎』

『立会いの前に名を明かすのは、当然であろう?』

イメージ 26

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 cv三木眞一郎さん、その圧倒的な存在感!

■最後のサーヴァント
 一方、士郎を追ったセイバーは寺を覆う「英霊を通さない結界」に阻まれ、唯一開いた山門に立つ。
 そこに待っていたのは、暗殺者とは程遠い風情を持つ侍
 第7の英霊「佐々木小次郎」であった。

 良い。敵を知るには、この刀だけで十分だ。ここを通りたいのなら、押し通れ―――――!

 いきなり名乗り
 セイバーの名乗りを止めさせ
 真っ向からの勝負を楽しもうとする「自称暗殺者」のサーヴァント!

 ここを通りたいのなら、押し通れ! 自分に勝ってみろという静かな戦意! カッコイイ!

『ふん、とうに命は無いと思ったが、存外にしぶといのだな?』

アーチャー『なに、ただの通りすがりだ』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 通りすがりのドヤ顔アーチャーさ!

■弓兵vs魔術師
 剣士と暗殺者が立会っていた頃、士郎の危機を救ったのは、どこからともなく現れたアーチャー!
 英霊は侵入不可という、強力な結界内に悠々と現れ
 皮肉交じりに士郎を救う!

 女の激情というのはなかなかに御し難い。まったく、少しばかり手荒い事になりそうだ……。

 令呪、ひいては「セイバーの主の権利」を奪われそうになった時
 颯爽と現れる赤外套の弓兵! 

 皮肉交じりに余裕綽々、癇癪を起こす魔術師の英霊に、弓兵が立ち向かう!!

予告アサシン『その信念、力ずくでこじあけようか――――!』

イメージ 5

イメージ 7

イメージ 9

 改めて衛宮邸パネェ。 

■英霊、揃い踏み!
 前回の「ライダー(慎二)」を含め、ルール上の「七体の英霊」が全て現れた事となります。
 というか、アーチャーさんかっかぇ!

 士郎の危機にセイバーは間に合わず、結果的に「セイバー自身が風前の灯」となったその時!

 英霊阻止の結界+アサシンで悠々としていたキャスター
 赤外套の一撃!

 次回、第07話「死闘の報酬<こたえ>」。

 予告時点で「自分を魔女と呼ぶな!」と怒るキャスター、セイバーと小次郎の死闘!
 今から楽しみでなりませんね!



この記事に


.


みんなの更新記事