GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

更に存在感を増すスガ・アキラ! 嗚呼、ギャン子、敢えなき敗退の第8話

イメージ 20

イメージ 26

 スガッキラーが「元・全国優勝メンバーの一人」と確定、ギャン子回であると共に、スガ回だった!
 ギャン子は完全に翻弄され、スガの改造機「G-BOMBER」と
 スドウの「百万式」が堂々のデビュー!

 そうだよ、遊びだよ? これ、ガンプラバトルなのよね……!

■百万の因縁
 次回、ギャン子やシモンの思いを背負って戦う事になるセカイですが、スガさんが不気味ですよね。
 意外や「セカイvsスガ」「ユウマvsフドウ」の図式となり
 まだギミックを持つ百万式も不気味。

 セカイがスドウと戦うと思っていたら意外な流れ、もし2位でもOKなら、負けて全国でリベンジするのもアリか?

『メイジン杯グランプリを獲得したのは……、サカイ・ミナト君です!』

イメージ 1

 なお夢オチだった模様。トライゼータ! ゲーム「ガンダムトライエイジ」のトライゼータじゃないか!

■矛盾を破るもの
 アンダー19ガンプラバトル大会、西東京地区予選・最終トーナメント。
 世界大会ベスト16である兄、サザキ・ススム譲りの盾を誇りに、セカイと交わした約束を糧として
 ギャン子は前年優勝校「宮里学院」に挑む。

 しかし勝負は非情、チームメイトは一矢報いる事なく破れ、愛機R・ギャギャは盾ごと両断される。

 その戦いに、前日の会話に、セカイは「スガ・アキラ」に
 自分と同じ格闘家の匂いを感じていた。

 次回、第9話「決戦のソロモン」

スレッガー『面白い学校に転校したもんだ……、オレもツいてきたなァ?』

イメージ 2

 公式愛称「スレッガー」、台詞までいちいちアレである

【悲報】ジオ・ジオング詳細不明
 ガンダムUC「ネオ・ジオング」の改造機らしきデカブツ、というかパーツの大きさ的に他に候補が無い…
 を易々と撃破したスガは、実は前年優勝メンバーと確定。 

 小さな事言うなよ部長サン? 地区優勝じゃなくて、狙うは全国優勝だろう?

 出オチだった「サカイ・ミナト」の作風も理解するなど、造詣も深い底知れないファイター。
 果たして、彼の戦う理由とは?

 地区予選ながら、「プレ全国大会」を越えたレベルになってきた! 

砲弾学園『“MAの規定”にまで大型化させた、このスーパー・ザメルで!』

『私たちの戦車道<タンク道>を、見せてあげるわっ!!』

イメージ 3

イメージ 4

 ザメルは改造機だったのか! そういやキャノン砲が違うわ!

■怪獣大決戦
 決勝トーナメント寸前、最後の一戦を制したのは、VガンダムのMA「ドッゴーラ」を操るチーム!
 タンク道! 流行りものに便乗するチームは瞬殺の運命か!

 三人で一機の、モビルアーマー(MA)を操るチーム………!

 ドッゴーラ!
 その力強い響きに違わず、設定全長369mにも達するモビルアーマーである!

 当初は宇宙で、後に海中で活躍した事から、汎用性が高いとも「海中用が開発された」とも言われるッ!

ギャン子『去年の優勝チームだろうが、私たちが勝たせてもらうわ……』

『年下だから、女だからと、ナメてかかったら痛い目に遭うわよ?』

イメージ 5

 手を差し出すスドウに対し、ギャン子、積極的に煽っていくスタイル。

その盾、その誇り
 水竜の勝利に伴い、いよいよ「地区ベスト4」確定
 特に全国大会に複数チームが出られると思しき描写は無く、優勝狙いが目的となるが……?

 ガンプラバトルは甘くない。第10回世界選手権ベスト16、サザキ・ススムの妹君とあればなおさらだ。

 スドウはギャン子に丁寧に挨拶をし
 中学時代にススムと戦い、完敗した事を告げるのだったが……。

スドウさんは高校生(学年不肖)、フミナ先輩は中学三年で、ギャン子も同年齢と思われます。多分。

『良いギャンと……、良い盾だった…。俺の完敗だった』

イメージ 6

 ダメだ、真面目な台詞なのに「良い盾だった」で笑ってしまう!

■スドウ・シュンスケ
 中学時代に完敗した想い出を、良い敗北だったとかみ締めるスドウ。
 良い男じゃないの。

 なお前作で争ったのは第7回世界大会、ビルドバーニング(原型)でセイが参加したのは第11回です。

 本作は第7回大会の7年後、という設定。
 というか、当時もまだギャンバルカンだったのねサザキ君。

ギャン子『セカイくん! セカイくぅん! もうセカイ君と戦えないわ〜!』

イメージ 7

 ギャン子の陰謀! そして陰謀といえばジオニック社だ諸君ッ!!

ギャンギャギャーン!
 不敵なギャン子! だが会場からの帰り際は一転し、涙を流しセカイにすがり付く。
 無論、目薬を活用して。

 少しだけ、敵に塩を送ってあげます……。宮里学院、昨年の優勝高と戦う重圧は私にも解りますから

 たとえウソでも、そのプレッシャーは本物。
 ギャン子の強がりを感じたのか、譲るフミちゃんは淑女、レディである。

 セカイは一人居残り、ギャン子を慰める事に……。

セカイ『飲みなよっ。前に弁当作ってくれたお礼……、……要らないなら?』

イメージ 8

イメージ 9

 飲むのかよ! やるなギャン子!!

燃える盾
 が、いざ慰めようとファストフード店に誘ったセカイだが
 予定外の攻撃を受ける。

 なら、挑戦する気持ち……、頂戴? 明日、私のチームが勝ったらデートして? デート……

 ヤツの本当の狙いはこれか!
 が、鈍感なセカイは「またデート?」と口を滑らせ、ギャン子、猫かぶりモード終了。

 そのまま、素に戻ってしまうギャン子であった――――、が!

サカシタ・ヨミ『前日に男子とイチャつくなんて、私たちもナメられたものね?』

ギャン子『―――って、アナタも男連れじゃないのっ!』

イメージ 10

イメージ 11

 いちいち可愛いものの、バトルの尺がどんどん縮む!と気になってくる!

■この盾に誓って
 が、遅刻したスレッガーにオゴらせようとしたヨミとかちあい、口論になるギャン子。
 不可解な! スレッガーなのにミライ狙いじゃないとは!
 初代ガンダム的な意味で。

 あんま、コイツの事バカにすんな。コイツは本気でガンプラバトルしてる。―――俺の拳が聞いている

 セカイは彼なりの言葉でとりなし、ギャン子と再戦を誓う。
 いーい男じゃないの。

 なお「拳で聞いた」というファンタジー発言に、ヨミはドン引きした模様。

スガ・アキラ『面白い技を使うじゃないか、次元覇王流拳法……!』

イメージ 12

 しかし、その「次元覇王流」を知っている風な口ぶりのスガッキラー。
 まあセカイってば、いつも叫んでますが。

 もっともスガが全国優勝メンバーの一人、そして「格闘家」と匂わせる以上、発言の重みは十分!

 一話のセカイによれば、マイナー拳法らしい次元覇王流ですが……?

フミナ『皆、いい? ドッゴーラには分離機能がある事、理解しておいてね?』

セカイ&ユウマ『はい!』『了解!』

イメージ 13

 いやあ、「改造ガンプラの強み」が良くわかる一戦でしたね。でしたとも。

■2分足らずの悲劇
 なお聖凰と当たった水竜は、ドッゴーラ得意の「宇宙」をフィールドに得るも、瞬殺の憂き目を見た。悲劇!
 長大な「尻尾」を分離、多彩な攻撃を行える強みを持つが

 我々が分離するのを狙って…………!

 なにぶん、ガンダムを齧っていれば周知のネタである故に、逆に意表を突かれてしまう。
 これが「原作どおり」のガンプラの欠点かッ!

 設定通りに作り上げた場合、設定面の特徴を理解していれば対策できるという悲しさ!

 せめて漫画版ラスボス「ドッゴーラ改」ならば、電子レンジに入れられたダイナマイトだったろうに!(錯乱)

『R・ギャギャ! サザキ・カオルコ、ソノホカニメイ……、約束を果たすッ!』

その他2名『カヲル子さま!』『はしょりすぎですわっ!』

イメージ 14

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 カッコイイなオイ!!

■百万の初陣
 残り、正味5分足らずでいよいよ始まった北宋の壺と、宮里学院「Gマスター」の準決勝!
 Gマスターは、全ガンプラを変更していた。

 あの「百式」ベースの機体は! ―――作ったのは、心形流のサカイ・ミナトです!

 キットはデルタガンダムですが、劇中的には百式ベースなのですってば!
 その猛威に、北宋はあっと言う間に瓦解する。

 かつてカオル子は、フミナ達へ「一機落ちた時点で、もう勝敗は決している」と勝ち誇った

 が、まさに真逆の展開となってしまった。

余談ですが

イメージ 15

 このフィールド、無数の爆光が舞ってますがコレ一体だれが戦っているんです!?
 謎が多いフィールドである。

 月面が近い為、低重力戦闘と宇宙戦闘、けっこう多彩にバトれそうな雰囲気。

カオル子『撃ってこない!? あのGファイター、人をおちょくって!』

スガ『そうだよ、遊びだよ? これ、ガンプラバトルなのよね……!』

イメージ 20

イメージ 21

 悲しいけどこれ、戦争なのよね!(初代)のオマージュか!

モビルファイター的な意味で
 その最中、スガのGファイター改「G-BOMBER」は部分変形し、会場と視聴者を震撼させた!
 もしやコレは、GファイターはGファイターでも
 格闘家の「ファイター」なのか!?

 あの戦闘機……、体術を使いやがった!

 ビックリギミックと、その「体術」を用いた操縦技量に、セカイは震撼する。
 この「遊びの心」に満ち溢れたギミック!

 もしやこのGファイター変形か? 変形しちゃうのか!? どうなんですスガッキラーさん!?

スドウ『流石はサザキ・ススムの妹…、しかし、その防御力を越える剣があれば』

『“矛盾”は生じん!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 29

イメージ 26

 HGBFの「百万式」に、新規造形ビームサーベル刀身が付いてくるのは、そういう理由かッ! バンダイィ!

百万の絶望
 単機でなお奮戦するカオル子だったが、スドウは、かつて彼自身を破った無敵の盾に正面から挑む
 今の彼なら、サカイが生んだ「無敵の矛<ビームサーベル>」ならば
 無敵の盾に勝る!

 そんな!? 私のR・ギャギャが……、私の、盾が……………!?

 なんという迫力!
 冷酷にすら映る「百万式」の一刀は、サザキ・ススムが作った「無敵の盾」を両断してしまう。

 カオル子の完敗、そしてスドウの完全なる勝利であった――――。

 結果だけいえば、昨年のギャン子も「ベスト4」ですから別に恥じる結果では無いのですが……。

アラン『まさか、転校した“スレッガー”が東京の学校から出場しているとは…』

イメージ 27

イメージ 28

 てか、「スレッガー」って呼び方は公式だったの!? ビックリだよ!

私立ガンプラ学園にて
 一方、スレッガーの活躍に驚いていたのは、彼の母校「ガンプラ学園」の監督・アランも同様だった。
 前作では、大会運営側の「ガンプラ作り専門チーム」の主任として
 世界最強チームを率いた男!

 この口ぶりからすると、スレッガーはガンプラ学園に反発し、対抗する為に転校したのでしょうか?

 リーダーの青年はアランを「叔父」と呼び、スレッガーを歯牙にもかけない実力者か!

予告セカイ『次元覇王流が通じない………!?』

イメージ 19

イメージ 25
 
 通常、カメラアイがサングラス風の百式系。その無表情さがカッコイイ!!

ギャン子、脱落
 確かに敗北は見えていたキャラでしたが、前作「フェリーニvsアイラ」のような激戦かと思いきや
 ほぼ徹頭徹尾、「宮里学院」の底知れなさを描く格好で敗退。

 というより、ここまでの流れ自体が「宮里学院をライバルとして強調する」流れだったのかも。

 ならば、次回こそ最大の激戦となるのか
 或いはトライファイターズも、ここにきて土の味を味わう展開となるのか?

 ビルドバーニングの修理に一切触れなかった点も気になりますが、普通にユウマが直したのか?

 次回、第9話「決戦のソロモン」
 むしろここまで盛り上げた以上、まだ宮里には退場して欲しくない気も



この記事に


.


みんなの更新記事