GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

山の前に階段だ! 階段とロープウェイを越えるんだ! EDもステップアップ!

イメージ 14

イメージ 26

 いつも笑ってるひなたも、実は内心では同じように不安がり、気遣っていたと良く解る回。
 こういう、いつもと視点を変えた回が入ると
 いっそう好きになれますよね。 

 そう、大丈夫! 一緒なら困難は乗り越えられる。行こう、もっと先へ…、私たちの約束の場所へ!

「黒崎ほのか」登場
 内容的には、ひたすらあおいが怖がりまくる回でもありましたが
 残り3話に向けた新キャラも顔見せ。
 EDも修正です。

 また、「登山届け」を書いておくシーンは、否応なしに御嶽山事故を連想しますよね。大切ですわ。

ひなたパパ『いよいよだな? なーに、富士山登れたなら楽勝だよ』

イメージ 4

 確かに。というか、欲を言えば富士山再挑戦まで見てみたかったなぁ……。

約束した場所へ
 8月11日、あおいとひなたが幼い頃に登った「原点、再登頂を約束しあった山」だった谷川岳へ
 いつもの四人はえっちらおっちらと挑む。

 が、登山以前に「ロープウェイ」と「リフト」が立ちはだかった!

 高所恐怖症のあおいはしり込みするが
 いつものように、そして内心で「約束を果たす不安」を感じながらも、ひなたが手を引き、四人は進む。

 次回、二十ニ合目

ひなた『(でも……、“約束”が叶っちゃったら…、どうなるのかな?)』

『体調だいじょうぶぅ? また、登ってる途中で気分悪くなるんじゃなぁい?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

 悪口っぽく、あおいの健康チェックを忘れないひなた。

転換点?
 前回、「いつか登ろう」と約束していた山へ行く事に、一抹の不安を覚えていたあおい。
 でも実は、飄然としたひなたも同じだった。

 何かが変わっちゃったりするのかな……、ずっと“このまま”が良いのに………。

 むしろ「今の関係が終わるかも」と、ひなたの方がネガティブ。
 実は内面は……。

 約束を果たしたら、もう一緒に登る必要は無くなったねと、そう言われる不安を感じていたのです。

あおい『バスを使うのが便利なんだけど、土合駅から登るのが“通”なんだって!』

楓『ホームから、とっても長い階段があるのよっ♪』

イメージ 6

イメージ 7

 長いってか、長すぎィ!

登山の前の
 幼い頃、あおいとひなたが「いつかまた、二人で来よう」と約束した谷川岳
 その登山道として、一行は玄人好みな道を選ぶ

 でも、記憶よりスゴいかも……

 が、幼い頃も通ったはずの「土合駅」は、階弾数462段を数える難所!
 まだ山じゃないのにィ!

 ああ、でもこういう土深い場所を登っていくのって、何だかワクワクしますよね!

楓『ウォーミングアップ代わりにゆっくりねーっ!』

ここな『先に、行ってまーすっ!』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 にしても、毎度ながらここなちゃんスペック高すぎィ!

「「えっちらおっちら」」
 462段もあるだけに、200段目にはベンチも置いてあるというファンサービス。設置するの大変だったのでは。
 登山慣れした二人が先行し、あおいとひなたは遅れて登る。
 えっちら、おっちら。

 なんだか懐かしい、えっちら、おっちら

 なんというプレ登山エリア。

ひなた『なに書いてるんですか?』

楓『登山届けよ? 遭難した時、警察の人が使うの』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 そうなんだー

■登山届け
 人数、ルート、下山予定時刻を記載し、その半券を提出する「登山届け」。
 察するに「帰り際に、残りの半券も入れる」事で
 無事に帰れたと伝えるワケね。

 まず「下山予定に戻ってるかどうか」で、遭難しているか判るし、万が一では捜索に役立つ

 連絡は大切!
 にしても、まだ24段あるから頑張ってね!の張り紙が笑えます。

 ちなみに遭難が多いのはホントで、わざわざ「群馬県谷川岳遭難防止条例」が制定されている程だとか。

ひなた『(――――顔、真っ青だ……、怖い、よね…)』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 ロープウェイは危険ですよね、スタンド攻撃を受ける可能性もありますし! レロレロレロレロレロ.

あおいの壁
 階段を乗り越えたあおい達は、開けた視界、夏の山の景色を楽しんで進んでゆくが
 ロープウェイを前に、あおいが立ちすくんでしまう

 その際、あおいがチケットを落とした事で、「写真家」の少女との縁も生まれた

 ちょっと少年っぽいですが、少女、ですよね?
 cv東山奈央さん。

 キービジュアルにも描かれていた少女が、残り4話でようやく登場! なお今回は顔見せのみ。

ひなた『(あおいはこんなところで立ち止まったりしない……、前に、進める!)』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 1

 ちょっと前に、つり橋で手を引いてくれたときも、内心はこんな想いだったのでしょうか。

■前に進める!
 高所恐怖症のあまり立ちすくんだあおいを、ひなたは手を引き、精一杯に元気付ける。
 立ち遅れていた四人は、実質、貸しきり状態で乗り込んだ。

 がんばれあおい! 上見て! これからあそこに登るんだよ、あたし達の、約束の場所!

 元気付けまくるひなた!
 というか、「本当に登ってもいいのかな、関係が変わるかもしれないよね」と迷っていた彼女が
 自ら、「進め!」と手を引くって、凄く素敵ですよね。

 関係が変わるかもとかそんな心配をスッ飛ばして、あおいならやれる!って信頼する、力強さ!

ひなた『やったじゃん、やればできるじゃん、あおい♪』

あおい『ありがとう、ひなた♪』

イメージ 22

 にしても、クリア成功を喜ぶあおいが可愛すぎる!

楓『第一関門、通過おめでとう♪ さあ、第二関門が待ってるわよっ!』

あおい『そうだったぁ…………』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

※なお、まだまだリフトが続く模様。かわいい。

■遮るものなんか無い!
 が、続いてリフトだった事にあおいは動転、それでも一緒に乗り込んでゆく。
 一歩一歩、約束の場所へ進んでゆくひなた達。

 そう、大丈夫! 一緒なら困難は乗り越えられる。行こう、もっと先へ…、私たちの約束の場所へ!

 あおいはそれどころじゃない!
 けれど、実は、ひなたの方もけっこう気にしていたのだと描くエピソード。

 家を出る際は登っていいか迷っていたひなたが、ぐいぐい背中を押す側になっていくのが心強い!!

 そして混乱しまくるあおいが可愛い!

EDが小改修され、ほのかの顔も描かれるように。いよいよ「登山」開始!

イメージ 27

 残り3話、どんな風に絡んでくるのでしょうね。

あっというま!
 何故か、いつも以上に「もう終わり!?」感があった第二十一合目、続き物は体感が早い!
 約束を果たしたら、もう一緒に登る理由も無くなった
 そう言われる事を恐れあう二人。

 しっかり描きこまれた背景が素晴らしかった! あと谷川岳って意外に遭難が多いらしいですよ?

 山場の「高所恐怖症」を越し、いよいよ「登山」スタートですが
 残り3話、どう描かれるのでしょうね。

 次回は第二十ニ合目



この記事に


.


みんなの更新記事