GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

承太郎の圧倒的暴力! 圧倒的パワー!! イギーもセコいじゃあないか!

イメージ 1

イメージ 2

 大筋的には、ンドゥールの覚悟、イギーと承太郎の交友が美しいようで、ひでえ流れも多々見られた26話!
 承太郎は犬をブン投げるし、イギーも裏切るわガムを仕込むわロクでもねえ!
 このクセモノっぷり、これがイギー!

 死ぬのは怖くない。しかし、あの人に見捨てられ、殺されるのだけはいやだ――――。

悪には悪の救世主が必要なんだよ
 一方、シリアスに徹しきり自害まで為したンドゥール、その存在感がDIO様を盛り立てる……!
 こうした原作に加えて、今回、カメラワークで楽しませようと
 映像として魅せようとしたスタッフもグッド!

 原作既読ですが、こうした工夫があるから一層楽しく見ることが出来ますね! イギー役の福園さんもすげぇ!

ンドゥール『抜き足差し足で歩いてるな…? 聞こえる、聞こえる……』

イメージ 3

 敵が「音で探知している」と気付いたアヴドゥル、奇策を打つ――――!

神々の化身
 ようやく、DIOがひそむエジプトの地を踏んだジョースター一行。
 彼らを待ち受けていたのは、大地を伝う「音」によって感知し、正確無比な遠隔攻撃を行う達人だった。

 花京院が、策を仕掛けたアヴドゥルもが破れ、イギーにも裏切られた承太郎だったが
 起死回生の奇策で、遂に彼を打倒する。

 だがDIOを尊敬する彼、ンドゥールは自ら命を絶ち
 自分たちは、タロットの原型「エジプト9栄神」を暗示するスタンド使いだと言い残すのだった。

 次回、第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」

アブドゥル『さあ、これで歩いたように聞こえたろう―――』

『“移動した位置”を襲ってこい、魔術師の赤で蒸発させてくれる……!』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 頭脳派アブさん!

魔術師の奇策
 音で相手を探知するスタンド使いに、位置を誤認させてやるとアヴドゥルは考える。
 自らの腕輪を使い、歩いたように見せかける
 だが

 待てよこいつ……、何故5歩だけ歩いたのか、何故それから動かないのか?

 カメラワークを駆使し
 アブさんが、何をしているのかを徐々に見せていく冒頭!

アブドゥル『―――何者だ』

イメージ 7

 が、芝居が足りなかったアヴドゥルは、逆に「隙を作る」結果となり、首筋に一撃を受ける。
 勝ったと思った瞬間が一番アブない―――。

 これからはもっと注意深く物音を聞かねば……

 アヴドゥルは風前の灯
 また、もうハンパなごまかしは通じないと悟った瞬間!

ンドゥール『トドメだ、アヴドゥル! ……!?』

ジョセフ『バ、バカな事を! 承太郎が走り出した、な、何て事を!』

イメージ 8

 さすがジョジョ、犬に容赦がねえ!

「勘付いたか!」
 突然、承太郎が大きく音を立てて走り出し、注意をそらし、ついでにイギーを拾ってしまった。
 イギーには特別な勘がある!

 やれやれ、匂いで解ったな? 敵がどこからくるのかをよ……。

 前回、イギーだけ先に抜け出した件に気付いていた!
 さすが承太郎!

承太郎『どこから襲ってくる…、教えろ―――』

『―――い、イギー、こいつ、空中に浮く事もできるのか!』

イメージ 9

 が、即座に捕まえ「逃げようと思うなよ、首をへし折るぜ」と脅す。承太郎さん容赦ねえ!

無音飛行
 が、逃げようとしたイギーはスタンドで浮き上がり、承太郎は慌てて捕まえる。
 実は「愚者」、グライダーのように飛行する事も可能ッ!

 な、なんだ……、ジャンプしたあと足音が消えたぞ。どこへも着地していない、バカな……

 偶然の状況だったが
 莫大な風をまき散らかすヘリと違い、滑空するだけの「愚者」により、探知を避けることに成功する

承太郎『奴め、空中に砂を巻き上げて―――!』

『まずい! その反射音を! 潜水艦のソナー音のようにッ!』

イメージ 11

 が、長距離飛行できなかった愚者により、「空を進んでいる」とンドゥールにバレたのが運の尽き
 承太郎が空に居ても、大まかな位置に「砂」を降らせれば
 音でチェックする事も可能!

 盲目の戦いに慣れたンドゥールにより、承太郎とイギーの位置は特定されてしまった――――!

承太郎『や、野郎! このクソ犬!』

ンドゥール『あの犬、自分だけ助かろうと、承太郎を我が方向へ差し出したぞ』

イメージ 12

イメージ 13

 差し出した事より、ンドゥールさんがめっちゃ楽しそうな方が印象に残る!

即断即決
 高速、かつ隠密性の高い「敵」に対し、承太郎の旗色が悪いと見るや
 イギーは彼を突き出し、敵の的にしてしまう。

 なんてセコい犬を仲間にしたものよのう、承太郎……。

 ンドゥールさんにすら同情される始末。
 これはひどい。

 だが安心と信頼の主人公、承太郎は、もっと「ひどい」奴だった!

イギー『!』

ンドゥール『な、何だ!? こっちに向かって何かを投げたぞ!?』

イメージ 1

イメージ 14

イメージ 15

 投げる瞬間、スタプラ様がたいへん楽しそうで何より。

「何て奴だ!」
 承太郎、そのイギーを敵に向かって投擲!
 その圧倒的パワーは、投げられたイギーも、投げつけられたンドゥールも堪らぬ高威力!

 イギーだぜ。ほれほれ、イギーも敵も自分のスタンドで防御しないとぶつかるぜ?

 何て奴だ、犬を投げるなんて!
 とは、ごもっとも!

 なおかつ、騒ぎに紛れ超スピードでンドゥールの背後にまで回っていた! 承太郎さんすげぇ!

ンドゥール『そこまで近付いていたとは……』

『スタンドを戻していなければ、既に背後からお前に倒されていたという事か…』

イメージ 16

 超接近戦、しかし高速な「水」を警戒し、承太郎も手を出さなかった
 行き詰る緊迫感、怯えるイギー!

 もはや、この杖で音を探知する必要はなくなったようだが……、帰るときに、必要。

 西部劇のような緊迫感の中
 杖、そしてイギーの吼え声を合図に、二者は交錯する―――!

承太郎『てめーら、なんだってそうしてDIOに忠誠を誓う? 死ぬほどにか』

ンドゥール『承太郎、俺は死ぬのなんか、これっぽっちも怖くないね』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 ここ最近のゲスな刺客たちに対し、ンドゥールは徹頭徹尾シリアスを貫き抜いた

悪の救世主
 抜き打ち、承太郎に完敗を喫したンドゥールは、情報を吐かされる前に自害する
 だが、決して「粛清」そのものが怖いのではない―――

 死ぬのは怖くない。しかし、あの人に見捨てられ、殺されるのだけはいやだ――――。

 幼い頃から悪として生きた自分を、初めて必要としてくれた人
 だから、その人にだけは見捨てられなくない。

 自分たちにとって、DIOは紛れもなく救世主なのだと言い残し、「大地の神ゲブ」は大地に還る。

『タロットカードの原型とでもいうべき、エジプト9栄神、ゲブの神の暗示…』

イメージ 20

 死に際、新たな九人とは、「エジプト9栄神」の暗示、自分は「大地の神」であった
 お前は自分に勝った、だからそれだけは伝えると言い残す

 絶対的な強さを誇り、また潔く己の敗北を認めるンドゥール

 男の散り際。
 原作の台詞をそのまま再現した為、散り際がめちゃくちゃ長かったですが、男の散り際だった……!

承太郎『人を狂信的に操るDIO……、一体どんな男なんだ?』

『そしてエジプト9栄神の暗示、わけがわからんが、旅を続けるしかなさそうだ』

イメージ 21

 しかし承太郎さん、死んだンドゥールの遺体をちゃんと弔ったり
 イギーに裏切られた事を恨んでなかったり
 こちらも男である。

 元々、お前は旅に巻き込まれ側だと言い、イギーをなだめすかす承太郎さんですが―――

イギー『イギー……、クーン』

承太郎『こいつはたまげた、帽子を拾ってきてくれたのか……』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 2

イメージ 24

 イギー、恐ろしい子!

「ガ、ガムだ!」
 当初は怒り警戒していたイギーですが、やがて一旦走り去った後、帽子をとってきてくれます。
 で、いいところもあるじゃねーかと思ったらコレだよ!
 ひでえ犬!

 こ、このクソ犬……、ただもんじゃねー

 多分、承太郎の強さを認めつつ
 しかしそうカンタンに群れてなんかやらねーぜ!という人間くさい犬、イギー! くさい犬!

 この犬、ブサ可愛っぷりが止まりません。ただもんじゃねー!

マンガ家『でも、奇妙な迫力と存在感のあるマンガだ……!』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 10

 ボインゴ、cvくまいもとこさんって久々に見た気がします。

クヌムとトト
 Cパートは不気味な少年と、能天気なマンガ家……かと思いきや、漫画家は惨死する。
 それも、少年の「マンガ」に描かれた通りに。

 マンガ家は酷いとばっちりですが、これが彼のスタンド!

 次なる9栄神の一端を描きつつ、次回に続く!

予告『そこにいるのは誰だ!』『俺だぜ、ポルナレフ』

イメージ 12

イメージ 11

イメージ 24

イメージ 10

イメージ 19

 しかし、帽子被ってないといっそう祖父や曽祖父の若い頃に似てますな、承太郎。

誇り高き「大地」の神
 正直、当初一クール目はここで終わるのかな、ちょっと変わってるかもと思った一幕。
 実際は24話でしたけれども。

 狂信者エンヤ婆の死後、すっかり出番がなくなったDIOを再び強調し、新たな敵を強調した回!

 久々の、スゴみのある敵スタンド使いが魅力的な回で
 映像的にも面白かったですね!

 次回、第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」



この記事に


.


みんなの更新記事