GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

真っ向勝負なんて間違ってもしないスタンド! 危険! それは好奇心ッ!!

イメージ 20

イメージ 22

 脚のグンバツさと、性格の悪さに定評のある“バステト女神”回ッ! 謎のオリジナルパートもグッド!
 直接的な殺意でなく、状況をどんどん悪化させて殺す!
 ヒェ〜、男らしさと対極のスタンドだぜ!

 あああーっ! これは私のイメージじゃあない……、トイレでの災難は、ポルナレフの役だ!

アヴドゥルひでえ!
 原作でも、ミョーに印象的なアヴドゥルの暴言!
 徹頭徹尾ひどすぎるゥ!

 どんどん悪化する状況が、傍目から見てると完全にコントという受難回、次回が待ち遠しいぜッ!

主治医『そうそう退院できるとは思わんでくれ―――――』

イメージ 2

 この負傷院典明、アニメオリジナルパートで描かれている……ッ!

HOLY SHIT!
 DIOが潜伏する「カイロ」まであと二日、傷付いた一行は、ルクソールで一旦休息をとる事にした
 だが、知らず“バステト女神”の術中にハマっていたジョセフは
 ホテルで大恥をかく。

 知らず「磁石」にされてしまったジョセフは、散々っぱら鉄に脅かされ、危うく死に掛けた

 どうにか、本体「マライア」を追い詰めたかに見えたがジョセフ達だったが
 アヴドゥルも磁石化、ますます事態は悪化する!

 次回、第31話「“バステト女神”のマライア その2」

主治医『―――なんてね? 先ほど、SPW財団の医師から連絡があった』

『君は一体何者だね?』

イメージ 3

 謎のお茶目っぷりを見せるエジプト医師、ダンディ。

お節介焼きの財団さ!
 ンドゥール戦で戦線離脱した花京院は、スピードワゴン財団の手配で早期復帰を図る事になり
 お茶目な医師と、ガタイの良い看護婦さんに見守られる。

 承太郎、ポルナレフ、アヴドゥル、イギー、待っていてください……。

 しかしこの台詞、アレですよね。
 一見フツー、しかし花京院の、あの台詞と被らせてますよね――――。今後の台詞に…。 

ポルナレフ『トイレ』

アヴドゥル『お前も行くか?』

ポルナレフ『ま と も な、しくみならな……………』

イメージ 4

イメージ 5

 ああ! トイレを我慢したジョースターさんが感電したッ!

OH MY GOD!
 先んじて「ルクソール」に着いた、頼れる人ジョセフ・ジョースターだったが
 超珍しい、風洗式トイレに戸惑っていた。

 しかし、ワケがわからん所だ。シュールよのォ――――――。

 おまけに、岩に埋め込んであるコンセトに目を引かれ、思わずビリッ!とやってしまう。
 このジョセフ・ジョースター
 厄年である。

 なお、風で×××を風化させる風洗式トイレは、超珍しいとのことなので、安心して欲しい。

マライア『触れてはいけないものとは、触れてしまいたくなるものね』

イメージ 25

 ここでネタばらし、もちろん「コンセント」もスタンド、仕掛け人は“バステト女神”のマライア!
 女神、じょしんと読むのである!

 ちなみにファラオの守護者、家の守護者といった役割を持ち、人間を病気や悪霊から守護する女神である

 が、どっちかってえと病気や悪霊のようなスタンドと言えよう!

アヴドゥル『今夜と明日は、ルクソールで休息をとるというのはどうですか?』

ポルナレフ『そうしようぜ、敵スタンドが強くなってきてる』

イメージ 6

 そうそう、オインゴとボインゴとか、超スゴい敵でしたよね!

休息と不調
 ココ・コーラを飲んで一息入れた一行は、ディオの本拠地を前に休息をとることに決定。
 負傷してるし、カイロに入ったら気が休まらないだろうからだ。

 あ、アレおかしいぞ、トンカチが重いッ!

 その先々で、ジョセフが「鉄」を引き寄せていてるッ!描写があるが
 当人はなかなか気付かない……。

 モブさん悲惨。

ジョセフ『何か昨日の夕方から変じゃのう……、ギ手の調子もよくないし…』

情熱的な老女『―――あ〜ら、随分情熱的で激しいアプローチね?』

イメージ 7

イメージ 8

 ハデなトランクス、お若い証拠ですかな? ハハハ

スティール・物体・ラン
 それから一晩、ますます「鉄」を引き寄せるパワーは拡大し、ジョセフも気付く!
 老婆にも誤解される!

 ひょ、ひょっとして、鉄製のものがくっついてくる…、スティールが飛んで、ひっついてしまう!

 と、特にババァ、もとい情熱的な老婆の効果音!
 人間の効果音じゃねえ!

 いよいよヤバくなったジョセフは、鉄を避けようと走り回る事になるのだが――――。

ジョセフ『うおおおお! わしの体はッ! 磁石になっているのかァーーッ!』

『ゲー! いててっ!』

イメージ 9

 にしても、飛来するナイフとフォークとか、立派な凶器じゃ無いですか!
 バトル作画じゃないですか!

 むしろ、これをくらって痛えーー!で済むとか、さすがジョセフは頑丈ッ! 波紋の戦士!

ジョセフ『こ、この磁気は新手のスタンドか! 何故スタンドが見えない!』

超ミニのレディー『―――ウフフフ、ごゆっくり』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 傍目にはギャグだが、しゃれにならん攻撃である!

“バステト女神”の挑戦
 すぐさま、「磁石になっている」と気付いたジョセフだったが、エレベーターに乗ってしまい
 タラップに吸着、謎の女のチェーンに拘束されるッ!

 私のスタンド、バステト女神の磁力にハマったら、もう決して術を破る方法はない……!

 首に絡んだチェーンが、エレベーターに巻き込まれてゆく……!
 簡易で、止めようもない処刑法!

 敵を目の前に、ジョセフは、あまりにマヌケな死に様を晒す寸前までいってしまうが――――

ジョセフ『引きずられるー! 首が! ちょんぎれるー! バッサリとーーーー!』

アヴドゥル『オホン、オホン! ジョースターさん!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 1

 まったく気付かず、延々と叫び続けたジョセフ! 恥さらしッ!!

いったい何事です!
 幸い、頼りになるヴ男が現れたおかげで、なんとか一命を取り留めるのだが
 さすがジョースター、したたかなもの。

 い、異常なーし! エスカレータの点検は異常なーし! 停止ボタンも完璧に作動するぞっ!

 すぐに誤魔化すメンタルの強さ!
 さすがジョセフ!

 ホントに誤魔化せたかどうかはともかく、切り替えの速さは往年と変わらないッ!

ジョセフ『脚がグンバツの女だ…ッ! そうじゃ脚を探せ! すぐ判る!』

アヴドゥル『足!? ……覗くんですかッ!?』

イメージ 15

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 原作を若干改変し、黄金像へのセクハラ行為にするというスタッフの畜生!

トイレといえば
 危機感に、スタンド使い追撃を優先したジョセフは、性別の壁に道を阻まれる。
 女子トイレである。

 あああーっ! これは私のイメージじゃあない……、トイレでの災難は、ポルナレフの役だ!

 女子トイレに逃げ込んだマライアを追い
 決死の突入!

 そしていつの間にか一階に下りていた老婆から脱出する二人! アヴドゥルひでえ!

ポル『俺たちに内緒で、チョーデリシャスなモン食いに行っちまったんじゃ!』

承太郎『どうせ、トイレが長引いてるとかだろうよ』

イメージ 16

イメージ 17

 ポルナレフ、普段は自分がヤられてるクセに、事態にまったく気付かないッ!

その頃のポルナレフ
 一方、外の承太郎達は異常に気付かず、タバコを吸いつつ待ちぼうけであった。
 うまく「影」に頼らず、承太郎に吸わせた演出もグッド!

 そういやあ、このホテルのトイレは奇麗だったなァーーー………。

 このくだり、原作でも似たシーンがありましたが、上手く膨らませてきますね。。。。。

ジョセフ『アヴドゥル! 決して、コンセントの様な物を触るなよ!』

アヴドゥル『…………もう、触りましたジョースターさん』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 マライアのケツを凝視するとかいう演出。

「つ、強いッ!」
 女の園から熱い大脱出を成功させた二人だったが、アヴさんも「磁力」を帯びていたと判明。
 というより、二人は「磁石」となっているのだッ!

 じ、磁石と磁石は――――、吸い付くゥゥゥゥーーーーーッ! この状況は、ヒッジョーにマズい!

 二人のcvによる、くっついてる演技もハンパない!
 シリアスなのにギャグ!

 ウフフ笑いの無力な女、しかし、その攻略は困難を極めてゆく――――!

予告『戦いそのものを放棄したことは無い! このまま、ガンガン戦う!』

イメージ 25

イメージ 12

イメージ 11

イメージ 24

 なんという低パラメータ、なんというコンセント……!

つ、強いッ!
 スタンドに強弱なんてものは無いを体現する、バステト女神のイヤガラセ攻撃回!
 ジョセフ、かっこ悪いィッ!

 この距離なら、魔術師の赤で焼いてやるなんて、微塵も考えないアヴさんも真の紳士と言えよう!

 当人マジメ、傍目にはギャグを体現する変則かけっこバトル
 後編も実に楽しみィ!

 次回、第31話「“バステト女神”のマライア その2」



この記事に


.


みんなの更新記事