GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

スッキリサワヤカ、外道アレッシー撃退編! この予告、期待が止まらない!

イメージ 25

イメージ 23

 子供ポルナレフの機転が利きすぎて、38歳も顔負けなアレッシー回! 承太郎からの流れが面白すぎる!
 のみならず、別れの際、何も言わないポルナレフが渋い。
 渋い、オタクまったくシブいねェ……。 

 一度も会った事がないぜ……、会うはずが無い…、俺達は旅人なんだ……。

さらばアレッシー(38歳独身)
 そして大川ナレ、原作もそうだが「38歳独身」は要らんでしょ! まったく偉くなァい!
 合流後、急激に賑やかになって嬉しくなるし
 カメラ壊すし!

 予告のオービー君も、聞いてるだけでジオン独立戦争したくなる声だよ! グッド!

アレッシー『絶望ォォォォォォォ、だね!』

イメージ 2

 絶体絶命冒頭! 子供化したポルは、風呂桶の底に張りつけられる――――!

えらくない!
 ルクソールの街中で「若返り」のスタンド使いに襲われたポルナレフは、知識・知能まで退行。
 しかし、自分を助けてくれたお姉さんを護る為に
 必死に変態・アレッシーに抗う。

 知恵比べの末に下したポルナレフの後を継ぎ、承太郎がビシッと決めて、アレッシーを撃退!

 最後の休息を、九栄神「バステト」「セト」ニ柱との激戦に費やしてしまったが
 いよいよ、一行はDIOの本拠地カイロへと踏み込む。

 次回、第34話「ダービー・ザ・ギャンブラー その1」

アレッシー『トドメをさしてやるぜ! ウシッ、ウシッ、ウシィィィィィ!』

『手も足も出ねェとはこの事だなァ、ポルナレフぅぅぅ?』

イメージ 3

イメージ 4

 しかしポルナレフ、ウットリである。

意外!
 アレッシーの“若返り”を喰らったポルナレフだったが、ガキならではの対応策を見せる!
 意外ッ! それは脱糞ッ!

 な…、なんだこれは……、まさか、大人なら恥ずかしくって絶対にできねえ! この臭いわッ!

 ポルナレフ、主人公なら絶対できない方法で脱出!
 ぜんぜん偉くなァい!

 いつもトイレに苦しめられる男ならでは、意外すぎる反撃ッ!

ポルナレフ『お姉ちゃんはどこだ! お姉ちゃんをどおした!』

アレッシー『ククク……、どおしたと…、思うね?』

イメージ 5

イメージ 6

 女子供も平気で巻き込むクソ外道の鑑。

タイムリミット
 が、実はお姉さんが「セト神」で胎児に戻されたと知り、ポルナレフは激昂する。
 このままでは、あと数分で死んでしまう!

 この女…、おめえにおせっかい焼くから、こんな目に遭うのよ! バカよのォ〜〜〜〜〜〜。

 まさに外道!
 ホント、三部の敵はド畜生が多いのォ〜〜〜!

 ポルも三歳児程度まで戻され、この絶望的な状況で、数分以内に奴を倒すリミットが設けられる!

アレッシー『ペロロロロペペロロペロ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン♪』

『入るよぉぉぉ〜〜〜〜ん♪ ポ ル ナ レ フ ゥ〜〜』

イメージ 1

イメージ 7

 シィ〜〜〜ンの存在感。

ここでクイズだ!
 やがて、小部屋に追い込みアレッシーは勝利を確信したが、子供ポルは忽然と姿を消した。
 といっても、所詮三歳児の知能である。

 実は意外なところに隠れて、俺をやりすごそうというハラだな……? ククク、抜け目ない思考力よ……。

 38歳独身のアレッシーは、即座に「隠れた」と察する。
 せいぜい、確率は三分の一だ。

 そこで問題だ! あの小さな身体でどうやって隠れたか! 3択―――、一つだけ選びなさい。

アレッシー『と見せかけておいて、実は柱時計の中だろーーー!』

『ム? ち、違っちゃった?』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12

 目を狙わないポルナレフの優しさって、エラいねェ〜〜〜。

ぜんぜーん、えらくないー!
 だが、実は「鏡を使って姿を隠していた」ポルは、不意撃ちで「顔」を切り刻む!
 これ痛いねェ、絶対痛いねェ!

 ウフフフフフ……、子供と知恵比べで負けるのかい? アレッシーのおじさんよォ?

 ビックリするほど容赦が無い!
 ハイそこ! ポルは子供時代の方が賢かったんじゃね?とか思わない!

 かくて、アレッシーは二歳児に完敗し、ダイナミックに窓から逃走を図った結果――――。

アレッシー『(ひィ〜〜〜〜! 承太郎ォ〜〜〜〜!)』

イメージ 13

 しかし弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂、窓の下には、ズンと立っていた承太郎の姿が!
 これにはアレッシーも絶望。
 だが。

 いつもやっているように、すっとぼけ倒してスキをついて攻撃してやるッ!

 確定材料は無い。
 しかも、アレッシーには「有利な材料」がある!

ポル『待ちやがれ! このクソおやじッ!』

アレッシー『(今だ! ポルナレフの奴が顔を出すのを待っていた!)』

イメージ 14

 何故なら、しばし待てば「ポルが顔を出して」、承太郎が気を取られると解っていたのだ。
 上を見た隙を突き、アレッシーは不意打ちを喰らわせる!

 やった! さわった! 承太郎の影に触ったぞッ!

 昔「影踏み」って、遊びがありましたが
 もしかしたら、それが元ネタなんでしょうか「セト神」のスタンド。

アレッシー『承太郎! てめーも、俺のセト神の術中に落ちたのだ!』

『お前は、子供の時はスタンドは使えなかったと聞く!』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 相手が勝利を確信したとき、そいつはすでに敗北している

承太郎(七歳)
 だが、若返った承太郎は「生身で」アレッシーを不意打ち、そのまま圧倒してしまう……
 まさかの生身オラオラ。
 オラオラ!

 じょ……、承太郎は……、子供のときから、やるときはやる、男だったのか……、強い…。

 強い(確信)。
 何故か息ピッタシで解説する、アレッシーと二歳児ナレフ

 かくてアレッシー、再起不能……?

アレッシー『………むにゃむちゃ…、ハ!?』

ポルナレフ『ニヒ♪』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 スタプラ様が楽しそうで何より。

「いくぜダメ押し!」
 のみならず、トドメに「元に戻った」二人がかりでボコる、とかいうファンサービス!
 やだ、ここまでしなくても!

 破壊と嵐のセト神のスタンド、アレッシー38歳独身 遥か彼方に吹っ飛ばされて再起不能!

 〆には、謎の個人情報暴露!
 大川ナレーション!

 散々苦しめられただけに、実にスッキリサワヤカな結末であった……。

マレーナ『夢だったのかしら―――、あの小さな騎士は、どこへ行ったの…?』

ポル『優しくてとてもステキな女性だったな……、純粋に親切だったぜ』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 振り返らないポルナレフいいよね……。

旅人
 やがて「マレーナ」は正気を取り戻したが、敢えてポルナレフは何も言わず、彼女を背にする。
 自分達は旅人だから、アンタと出会ったはずなんて無い、と。

 一度も会った事がないぜ……、会うはずが無い…、俺達は旅人なんだ……。

 女好きなのに、こういう律儀さがある!
 ポルナレフ渋いぜ……。

 原因はともかく、礼を言いたいという女性に、敢えて正体を明かさない渋さ。

ポルナレフ『なにも言うなよ承太郎……、なにもな』

イメージ 24

イメージ 25

 笑みで応える承太郎、さすがである

定番BGM
 そして、数週間ぶりに合流するジョースターさん達とポル、そしてイギー!
 何故かミョーに嬉しくなるコミカルさ!

 アウ。

 マレーナさんの独白がスゲェ詩的でしたが、原作まんまだと気付いて二度ビックリ。
 たった一コマで、あんな長台詞を言ってたのね……。

 強いて言うなら、頬染めたポルナレフが妙にキモいやなんでもないぜ!

ジョースターさん『フゥ〜、ようやく人心地ついたワイ』

アヴドゥル『朝食のつもりが、昼食になってしまいましたね』

イメージ 26

イメージ 27

 じいちゃん、見られてる! 見られてるよ!

久々にして
 Cパートはアニメオリジナルで、原作でいつの間にか念写してた「写真」の撮影会。
 しかし、この爺さんたち煩すぎである!

 もうちょいじゃ…、出るぞ…、出るぞ…、出たぞ! 我々は、この場所を探さねばならんッ!

 ハイテンション所在特定!
 この建物!

 あまりの騒がしさにガン見されつつ、遂にDIOの居場所を突き止めたんじゃあ!

予告『賭けよう、わしの“魂”を!』『グッド』

イメージ 11

イメージ 10

イメージ 25

イメージ 27

イメージ 18

 承太郎さんとポルナレフが実に悪役くさくて、実にえらいねェ〜〜。 

アレッシー完結編
 気付かれず影を交わらせれば、敵を「胎児まで戻せる」という、とんでもなく強力なスタンド。
 彼にピッタリな、弱いものイジメ専門スタンドなんですが
 不釣合いなくらい強力でもある!

 彼との戦いに限らず、正気に戻ったマレーナが走り回るシーンとか、走るシーンも印象的!

 その動画は、アニメならではの部分ですから
 スタッフさんの手柄ですね。

 アレッシー役、小野坂昌也さんの怪演も冴え渡るし、m〆は渋くは賑やかと、たっぷりな30分だった!

 次回、第34話「ダービー・ザ・ギャンブラー その1」
 グッドタイトル・バービー!


この記事に


.


みんなの更新記事