GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

省みようともしなかった男と、疑いもしなかった殺人鬼と。悲しいめぐり合い

イメージ 35

イメージ 1

 冒頭から、旧マスターに怒り、ざまぁと思い、葛木先生との出会いに思わず涙したキャスター回。
 からの微笑ましいコント、リズとセラの呆気なさ過ぎる死
 大英雄と、キンピカ王の決戦!

 貴様が相手ならば俺の倦怠も晴れるというもの! 神話の戦い、ここに再現するとしようかッ!

キンピカ・ピカレスク
 ラスト、二人の死が悲しいけれど、『彼なりの敬意を払う』キンピカ様がまた良いんだ…!
 これだから慢心王様はカッコイイのだよ……。

 こんだけ盛り上げて次回に続くとか、スタッフさんは鬼畜やでー!

凛『当然じゃない? 人間、空腹でまともな案が浮かぶわけないでしょ?』

イメージ 2

 傷を治して飯を食べて、まず、人心地ついてから考えようという凛ちゃんさんが好き。

魔女と神話と
 クラス『魔術師<キャスター>』の英霊、コルキス王の娘メディアは、魔女と呼ばれた女性でした。
 彼女を召喚したマスター・エトラムは、その伝承を都合よく解釈
 彼女を「裏切り者」という色眼鏡で見ます。

 彼に愛想をつかしたキャスターは、同じく、彼の裏切りに遭いながらもこれを殺害。

 魔力切れで倒れるも、葛木に救われ不可思議な関係をスタート
 現在に至ったのでした。

 一方、サーヴァントを失った士郎と凛はイリヤを頼るも、その館に「英雄王」が現れ―――――

 次回、第15話「神話の対決」

凛『聞いてるわよ? (自分が)死ぬような目に遭うより――――』

『“死ぬような目に遭っている人が居る”って事実が耐えられない。だから』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 さて、RINさんはどこまで気付いているのか……?

衛宮士郎の「戦う理由」
 人心地ついた凛は、聖杯戦争を降りたくないという士郎の言葉に、真っ向から理解を示す。
 思わず士郎もガン見する理解度。

 それにさ? どんなに止めたって、あんたはそういう奴なんだって解ったし

 借りもあるし
 もう見捨てておけないという凛。

 というだけでなく、既に「色々と」理解している風の凛……?

『それに、士郎風に言えば“私も士郎の事は嫌いじゃない”し、ご飯も美味しいし』

『私はそういうわけだし、そっちだって問題ないでしょ? 実際』

イメージ 6

 そして前回、直球ストレートで告白しおった士郎コンチクショウに対し、彼女なりに応える凛。
 さあ、おかわり要求でごまかせ!
 全力でごまかせ!

 そんなこんなで、唯一話を聞いてくれそうな、イリヤに共闘を願おうと結論する。

※残るサーヴァント6体の内、4体はキャスター、ランサー不明。

アトラム『僕の家は、協会では新参でね。参加したのは箔をつける為でもある』

『本気で行くよ。なにしろ、投資した額が違うからね?』

イメージ 7

 真マスター・アトラムさん、cvは悪役と鳴子役に定評のある福島潤さん。

ガール・ミーツ・ゲス男
 そして遂に登場した、原作者がノリノリで作り製作スタッフが熱意でねじ込み、原作者を逆にビビらせた
 ウワサの「キャスターの本来のマスター」。

 勘違いは困るな? 私は魔術師として、他のマスター共を圧倒する準備がある。こい、見せてやる。

 中年ではなく、いかにもな石油王系褐色イケメン。
 あふれ出すゲスの匂い…!

 それでもキャスターは、「金」もまた力だと受け入れるが、当人は「侮蔑だ」と受け止める。

アトラム『僕の家は、代償を用いて魔力を生み出す魔術系統だ』

『やはり材料は、新鮮なやつに限る!』

イメージ 8

イメージ 9

 ああ、もったいない!

「近代化」のプライド
 彼は、家系に伝わる「いけにえを使い魔力を生み出す」という、ありふれた旧来型の魔術
 財力を用い、最新型の設備によって効率化。

 太古の魔術師に、原始的な魔術とは違う! これが効率化というものだよ!といわんばかり!

 最新型の設備
 そして、金で買い集めた奴隷を材料とした魔術――――。

アトラム『どうだい? 本来なら一月をかけて作るものが、一瞬で完成だ!』

キャスター『無駄に過ぎます』

イメージ 10

 だが、一刀両断に「無駄だ」「この程度の為に、命を使うなど三流です」と言い切るキャス子!
 キャっさんカッコイイ!

 劇中、人の魂から魔力を集めているキャスター、その言葉は重い!

 彼女の魔術観が溢れてるわ。
 というか、凛ちゃんさんとよく似てるわこの流れ

アトラム『な、何をした!? なぜ何も無い炉から、魔力を生み出せる!?』

キャスター『何も無い? ああ…、そう見えるんですね?』

イメージ 11

 魔力を生成する技術が、一段階、いえ一次元違うのでしょう

女教師とゲス男
 キャスターは、滔々と「命の無駄遣いは下策」「収支の合わない工房」だと持論を説き
 自尊心をへし折られたゲス男は、令呪を発動してしまう。

 令呪を以って命じる。私に貴様の宝具は使うな! 裏切りの魔女に背中を狙われては、堪らないからねえ!

 反論できないから「力」を行使し
 なおかつ、伝聞の言葉で、相手を侮蔑するクソ男!

 キャスさんも感情的に過ぎましたが、それを補ってあまりあるクソ男っぷり。さすがです菌類の人!

言峰綺礼神父『つまり、キャスターが君の手に余ると?』

アトラム『能力の問題じゃあない、信頼の問題だ』

イメージ 12

 その話を綺礼は「正確に」読み解くが、自分には、十分ヤツを扱う能力があると豪語した上で
 キャスター側が、人間である自分を軽視している
 信頼できないと断言。

 ヤツにとって、人間の命なんて紙のようなものだ……。

 それ、お前が言う!?

アトラム『アレは、恋敵を城ごと焼き殺した女だ。信頼するほうがどうかしている』

綺礼『なるほど…、君は王女メディアの逸話を“そう読んだ”のか』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 1

イメージ 16

 ランサーのマスターを「同じ魔術協会の彼女」と呼ぶアトラム、ニヤリと笑う麻婆神父。

裏切りの魔女
 彼女を裏切ろうと策を弄すアトラムだったが、キャスターは先手を打って工房を破壊、彼を手にかける。
 魔術も裏切りも人格も、あらゆる面で彼は浅すぎた。

 ええ。貴方には使えない、だから自分に使って、あなたとの契約を絶ったの。

 が、キャス子さんの採算度外視アタックも大概である。
 やはり凛ちゃんさんに似ている…!

 なお、アトラムとキャスターの初対面の会話とか、収まらなかったので映像ディスクに収録とのこと。

アトラム『令呪を以って命ずる、自害しろキャスター』

イメージ 15

 そして何ですか?的に小首をかしげるキャスターさん、超かわいい。
 さすが王女様ですぜ。

アトラム『聖杯戦争は始まってもいない! まだ戦ってもいないのに、こんなぁ!』

キャスター『そう、始める前から結果を出そうとした貴方には、お似合いでしょ?』

イメージ 17

 そして熱いなの一言を残し、あっけなく燃え落ちるアトラム。

 一連の流れが格好良すぎる。
 僅か10分程度で、こんな印象的な最期を遂げるとか……。

ポーン♪

イメージ 18

 そしてそして、やたら日常的なエレベータ音と共に、憮然として現れるランサーである。
 笑っちゃいけないけど笑っちゃう!

 大変だね、この人も…。

キャスター『あ、あっははは! 結局、またこの結末なのね……』

『他人の都合で駆り出されて、利用されて、裏切り者と蔑まれて……』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 あたしはただ、自分の故郷に帰りたかっただけなのに……

違うのか?
 勿論、マスターを失ったサーヴァントは消滅するしかなかったのだが、偶然出会った葛木が介抱
 のみならず、彼女の言葉を丸ごと信じ、主となってくれた。

 あと少しで……、聖杯はこの手に収まる…!

 いつも、彼女自身の人柄を見ず、「魔女」という世評で疑い蔑む人間とばかり接してきたメディア。
 だが葛木は朴訥に、彼女をそっくり受け入れてくれた。

 当然、しばらくキャス子さんは疑ったんでしょうけれど、まさに運命の出会いだったのだわ……。

士郎『一応気をつけろよ? ちょっとビリッとくるから』

凛『解ってるって♪ ってキャーっ!?』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 親方ァ! 空からワカメが!

「ヘラクレス」を求めて
 一方、凛は“バーサーカー”の正体は大英雄ヘラクレス、魔女メディアの知己にして天敵だと語り
 彼なら倒せると踏んで、士郎と愉快な旅路を繰り広げる。

 凛はホント面白いわ♪ 打てば響くって、ああいうのなのね♪

 嗚呼! 一気にギャグに!?
 士郎も凛もイリヤも、セラとリズも可愛い!

 おまけに風雲イリヤ城に、空を歪めて間桐慎二までもが現れ、更なるカオスに。

慎二『お前たち、もしかしてアインツベルンの召使か? ならちょうどいいっ!』

セラ『お黙りなさい! 不意の来客に使う時間はありません!』

イメージ 26

 しかし久々の間桐=ワカメ=慎二=神谷浩史さん絶好調である!
 完全にギャグマンガ。

 ギャグですめば良かったんですが―――――。

金王『そう怯えるな? その畏怖を以って、不敬への免罪とする!』

セラ『―――何処の王とお見受けしましたが、貴方のような男を通す訳には!』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 人造人間だからこそ主の為に全てを捧げる、その「全て」に対価を払える人間など居ないというのに

では花のように散れ
 続いて、慎二のサーヴァントである「八人目」が現れ、イリヤを“聖杯の入れ物”と呼んだ。
 彼がイリヤを理解し、利用するつもりだと察し、迎撃するリズ。

 魔術師共も変わらぬな…。道具に人の心を付けるなと言う。所詮人間では、お前達の純粋さに報いられん

 初見で、120%勝てないと理解しつつ身を投げ出した二人。
 イリヤを純粋に思うが故の行為だった。

 そのあり方の意味、悲しさを理解し、なお凶刃を振るう八人目――――。

セラ『この命、あるかぎり…、お嬢様には…、決して…………!』

金色の王『そうか…。では、十分に役目を終えよ』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 王である彼には、「主の為に命を投げ出すあり方」もまた理解できる。故に殺す。

あいつを殺して!
 直前まで、シロウの来城に心躍らせていたイリヤだったが、二人を射殺した「宝具」に反応。
 瞬時に駆けつけたものの、それでも遅かった。

 貴様が相手ならば俺の倦怠も晴れるというもの! 神話の戦い、ここに再現するとしようかッ!

 惨殺されたセラとリズ。
 怒るイリヤ、吼える大英雄ヘラクレス!

 対するは、無数の武具を空中に現し「神話の戦い」とこれを呼ぶ、偉大なる英雄王!

 次回、激戦か!? 或いは……?

予告『バーサーカーは誰にも負けない…、世界で一番強いんだからッ!』

イメージ 36

 勇ましきイリヤ、しかし時すでに遅し……!

浮き彫り
 前半、真マスター・アトラムのゲスっぷりを介して、キャスターの本当の心を浮き彫りにしたお話。
 命、魔術への向き合い方といい、全てが彼女らしい。
 感情的過ぎるのもな!

 そして、朴訥に全てを受け入れてくれた葛木のカッコ良さよ!

 いやあ見事な浮き彫りですわ。
 こういうのを、浮き彫りにするって言うんですね。

 同じく、中盤でひたすらコントをやったからこそ、セラとリズの悲劇が浮き彫りに――――。

 容赦ねえ
 ホント容赦ねえわ…。

 次回、第15話「神話の対決」

余談。大英雄「ヘラクレス=バーサーカー」と、王女メディア

イメージ 31

 ギリシャ神話で、英雄イアーソーンは「金羊毛」を求め、ヘラクレスら勇士を募って冒険に出ました。
 その船が「アルゴー船(アルゴー号)」。

 これに乗り込んだ英雄たちを、アルゴナウタイと称するのです!

 で、王女メディアとは、「金羊毛」の持ち主・コルキス王の娘でありました。
 彼女の協力で、冒険は成功するのですが……。

 とまあ、そういう逸話があるのです。




この記事に


.


みんなの更新記事