GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

もしかしてオラオラですかー!? YES YES YES! OH MY GOD!

イメージ 12

イメージ 1

 肩の力が抜けるオチと、ザマミロ&スカッとサワヤカ笑いが止まらない、ダービー成敗回! ひでえ!
 しかし、不穏な空気を増すcv速水ヴァニラの登場と
 アヴドゥルの死…!

 ウソだ…、アヴドゥルを…、殺したなどと……、ウソをつくなぁぁぁぁあーーーーーー!

魔術師、死す
 強豪揃いの一行でも、思慮深く火力に優れたアヴドゥルが、何も出来ずに散る'''無情さ。
 そうです、もう本当に死んでしまったのです…。

 前々回の全員集合を最期に、遂に一行から脱落者が…!

ダービー『(私のスタンドは、相手の魂の状態を見ることが出来る…)』

イメージ 2

 ハッタリを効かす承太郎に、ゲーマーは勝ち誇るが…?

亜空間のスタンド
 最後の九栄神『アトゥム』の真価は、相手の心をイエス・ノーの二択で読むことが出来る力。
 だが承太郎は、こっそり“操作をジョセフに預ける”奇策で
 シンプルに彼を打倒する。

 一方DIOは、ダービーの敗因は『死ぬ覚悟の無い事』と看破し、側近ヴァニラ・アイスの覚悟を試す。

 自害で忠誠を示した彼を、DIOは自らの血で蘇生させ戦線へ。
 一行の討伐に向かったアイスはポルナレフを強襲するが、彼を庇ってアヴドゥルが落命する。

 次回、第43話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2」

ダービー『(外角高めにストレートだと…? イエスかノーか…?)』

承太郎@魂『YES!』

イメージ 3

イメージ 4

 YESのはずが…!

『アトゥム神』の驚愕
 能力の正体は、“魂の状態を、二択で読み取る”という限定的な読心能力だったのだが
 承太郎は『魂の返答』を無視し、アウトを奪って見せた。

 バカな! ブッダのような聖人だろうと兄のような天才サギ師だろうと、魂のコントロールは絶対に出来ない!

 余裕が一瞬で瓦解するダービー。
 儚い。

 ダービー兄弟の自信=『儚い』。

ダービー『承太郎…、まさか…、イカサマはしていないよな?』

承太郎の魂『<I DO I DO I DO! いる! いる!>』

イメージ 5

 魂太郎は正直だが…?

イカサマ
 やがて、念の為『イカサマ』の有無を問うたダービーは、承太郎がホントにイカサマしていると知る。
 驚愕したダービーは内容を問うのだが

 反応無しだ…、クソッ! 質問はYES NOで答えられるものでなくてはならないのだった…!

 逆に『YESか、NOしか読めない』と露呈。
 更に追い詰められる。

 ここからは、ダービー、フルスロットルで下り坂突入!であった――――。

承太郎『きさまの兄貴は言ってたぜ…、バレなきゃイカサマじゃあねえんだぜ』

ダービー『貴様のイカサマを暴いて、魂を抜き取ってくれるゥ!』

イメージ 6

イメージ 7

 もてあそばれるダービー。

仕込んだろ承太郎!
 むしろ、魂を読めるからこそ、どんどん混乱に陥っていったダービーは
 必死にイカサマを暴こうとするのだが―――。

 ちくしょう、俺は! 俺は承太郎の心が読めるんだぞ〜、しかしなんで読みと違うボールがくるんだァ〜!?

 やっつけてやるぜ、ダービー。
 余裕は逆転、ヨダレさえたらして混乱するダービー。

 もういっそ気の毒になってきたぞ!

ダービー弟『(俺はゲームの天才だ―――、精神力だって百戦錬磨だ!)』

『(ゲームの達人は人生の達人だ、これしきで…!)』

イメージ 8

 必死に精神的リストラ(再建)を図ろうとするダービーだったが、無情にもホームラン。
 信条、ゲームの達人は人生の達人だ!

 が、そのゲームと『魂の読みあい』で完敗するダービー。

 みじめすぎる…!

ダービー『ああ! しまった! うっかり魂を離してしまったー!』

承太郎『―――おめーの心が、負けを認めた、という事だぜ』

イメージ 9

イメージ 10

 たった一つのシンプルなイカサマだ……、『ジョセフに操作をやらせてた』。

おっとしまった!
 遂に、『敗北』を認めてしまったダービーが見たのは、ツタが絡まるコントローラーの姿…!
 別になんてことはない、“ジョセフが操作してた”だけだ。

 そう、ダービー。お前の兄なら、こんなイカサマなんなく見破っていただろうな………。

 こんなくだらねーこと!
 まさに!

 だが、それこそ『古いタイプ』の兄だったら勝てなかったなぁと、止めを刺す承太郎さん。

承太郎『質問だ…、右の拳で殴るか? 左の拳で殴るか? あててみな』

ダービー『ひ、ひとおもいに右でやってくれ……』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 ドギイーーー! ゆるしてくれ! 花京院の魂だって戻しただろ!? ゆるして! ね、ね!?

YES!
 後は! ラスボスばりの風格で振り返った二人は、『許すか許さないか心を読め』と言い放つ。
 絶対に許さない、拳は右も左も両方使う、つまり――――

 もしかしてオラオラですかーーーーーーーーーっ!?

 YES! YES! YES! OH MY GO〜〜D!
 ひでえ!?

 語り草、もしかしてオラオラですか?事件はこれにて終了。

 ドギイ!といい、cv諏訪部さんの新境地すぎる!? 酷すぎる新境地だった!(褒め言葉)。

ヴァニラ・アイス『ダービーが敗北した事をご報告いたします』

DIO様『―――勝てる実力がありながら、ダービーはなぜ負けたと思うね?』

イメージ 16

イメージ 17

 ジョースター達は―――、花京院や他二人………、ええと、なんだっけ……

DIOの哲学
 一方、執事の敗北を聞き届けたDIO様は、軽く酷い台詞を挟みつつ一行の勝負哲学を分析。
 ジョースター決死の覚悟を、DIOはバカげていると嗤い―――

 しかし、そのバカげた事がけっこう重要なのだな。ダービーには、負けた理由が永遠に解らんのだ…。

 その決死の覚悟こそが、勝敗を分けたと評する。
 さすが百歳、含蓄ある言葉です。

 しかしお爺ちゃん、ええとなんだっけ…?って酷くない!? 

DIO様『アイス、私の傷を見ろ。多分、あと一人の生き血で治癒する』

『おまえの生き血を、私にくれるか?』

イメージ 18

 続けて、側近ヴァニラ・アイスに『私の為に今すぐ死ね』と言い放つDIOに応え
 ヴァニラ、自らの首を一閃。

 はい、よろこんで…、おうけとりくださいッ!

 まるで居酒屋でメニューを差し出すように!
 さすがアイス! ダービーにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!首が飛ぶゥ!

DIO様『自ら首をはねるとは…、嬉しいぞ』

『しかし、お前ほどの者の生き血は受け取れんな。私の血で…、甦るがいい』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 エクストリーム退出。

世界から『姿を消す』スタンド
 覚悟を試したハズが、即座に自決したアイスに感嘆したDIOは、逆に自らの血を分け与える。
 不死者の血に、ヴァニラは即座に蘇生。

 やはり肉体は自分のが一番だな…、あっというまに馴染む。任せたぞ、ヴァニラ・アイスよ。

 少し羨ましげとも取れる一言に応え
 ヴァニラは、あっと言う間に“自らのスタンドに食われてしまう”と、姿を消す。

 姿を消す! これが彼の真骨頂なのである―――!

アヴドゥル『ポルナレフ、突入する前に一つだけ言っておきたい』

『私は、もしお前が行方不明になったり、負傷したりしても助けないつもりでいる』

イメージ 23

 アヴドゥルの熱く冷酷な誓い。

約束しろ
 一方、館に火を放てと命じられていたアヴドゥル達は、直接侵攻する手段を選ぶ。
 その上で、一つの約束をした。

 お前達のほうも、もし私がやられたりはぐれたりしても、助けないと約束しろ。

 全滅を避ける為に、敢えて助け合うなと誓う三人。
 冷酷な説得力があった。

 そこには確かに、アヴドゥルらしい理性的、合理的な判断力が働いていた。 

ポルナレフ『解ったぜ…。生きて帰ったら、豪勢な夕飯をおごれよ』

アヴドゥル『イギーにもな』

イメージ 24

 改めて誓い合う三人、実はEDの『列車』でレストラン・ガイドを読んでいるアヴドゥル。
 このシーンを踏まえてなんじゃあないか
 そう言われてきました。

 カイロ出身の彼に、カイロならではの美味い飯をおごれよと。

 死地を前に、生還を誓い合う三人。

このラクガキを見て うしろをふり向いた時 おまえらは

死ぬ

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 1

 魔術師、最期の一撃。

死ぬ
 館に潜入した三人は、アヴドゥルの『スタンド感知の炎』と『愚者』で一人目を瞬殺し
 幸先良いスタートを切るのだったが―――― 

 ポルナレフッ!! イギーッ! 危ないッ!

 感知能力もイギーの鼻も。
 一切の探知を許さぬ敵の強襲に、アヴドゥルは瞬間的に判断した。

 瞬間的に、二人を押し出したのである。

ポルナレフ『な、なんだこの“腕”は…、アヴドゥル、どこへ行った!?』

アイス『―――アヴドゥルは、粉微塵になって死んだ』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 アイス当人を除き、口内に入ったあらゆるモノを、瞬時に分解するスタンド…!

亜空の瘴気
 結果、敵スタンドの口内に飲まれたアヴドゥルは、亡骸も残さず落命。
 あまりにも、呆気なさ過ぎる――――!

 ウソだ…、アヴドゥルを…、殺したなどと……、ウソをつくなぁぁぁぁあーーーーーー!

 暗黒空間と繋がった『口』。
 移動時は、空間の中に隠れて姿を消し、攻撃時は瞬殺する威力を持つ。

 ポルナレフ、激昂

 インドに続いて二度目にして、今度こそ決定的な死をアヴドゥルは迎える――――。

予告ポル『俺の剣をしゃぶりながらくたばりやがれッ!』

イメージ 22

イメージ 31

イメージ 23

 ポルナレフは、いつも残されてゆく…。

魔術師、逝く
 やはり呆気なさが逆に恐怖をいざなう、アヴドゥルの死、そしてアイスの出現。
 貫通瞬殺とか恐ろしすぎる…。

 のみならず、中の人もcv速水氏の冷静で的確にキチガ○な怪しさ!

 自ら、絶対にかばい会うなと約束しておいて、自ら身を挺すアヴドゥルが最期まで男前だった…。
 本当に呆気ない、それゆえに恐ろしい。
 切ない。

 次回、第43話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2」


この記事に


.


みんなの更新記事