GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

誰かに負けるのは良い、でも、自分にだけは負けられない! 士郎、入り口へ!

イメージ 29

イメージ 1

 アーチャー、“士郎”を殺したいというより、志を折り、別の生き方を選んで欲しいんだろうな、と。
 士郎を責めるアーチャー、でもアレは自分にも辛いでしょう!
 セイバーさんにも飛び火してるし!

 何も失わないように、意地を張ったから私はここにいる。あ、でも…、確かに一つ、忘れてしまったものがある

意地っ張りの弓兵
 今週、士郎が追い詰められ覚醒する『勇ましい話』でしたけれど、アーチャーの寂しい背中も印象的。
 ただの素の、意地っ張りな衛宮士郎がそこにいるみたいで
 背中が寂しかった。

 あ、でも……となんでもない風に口にしたのが、切実さの裏返しみたいにも聞こえて切ない。

『魔力切れ!?』『――――この程度、ハンデにすらなり得まい』

イメージ 2

 魔力の枯渇に、消滅に瀕するアーチャー。

借り物の行動原理
 生きていたランサーは綺礼の心臓を撃ち抜き、凛を逃がすと共に息絶える。
 同じく、魔力切れで今にも消滅しそうになりながらも
 アーチャーは士郎を圧倒していた。

 士郎は、『切嗣に憧れ』正義の味方を目指すのであって、他人を助けるのは副次的なものなのだ。

 正義の味方という目標すら、切嗣のようになりたいという『借り物』の行動原理
 偽善だと言い当てるアーチャーは、確かに正しかった。

 だが士郎は偽善であっても、正義の味方を目指すと貫き、自分なりの“無限の剣製”を完成させる。

 次回、第21話「answer」

綺礼『凛、その心臓貰い受ける』

慎二『言峰! 約束が違うじゃないか! 遠坂は僕にくれるって言っただろ!?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 思った以上に、凛に固執するワカメさん。

芳醇なる矛盾
 一方、令呪で『自害』を命じランサーを処分した綺礼は、凛の“不要な”心臓を抉り出し
 彼女を聖杯の器にしようとする――――

 最期まで諦めないのがお前だ凛。同時に、覆らない現実を認めるのもお前の素晴らしさだ………

 凛の思考を理解し、愉悦に浸る綺礼。
 この愉悦絶好調である。

 が。

綺礼『―――ランサー、貴様…!』

ランサー『生憎だったな言峰。このくらいでくたばれるなら、英雄になっちゃいねえ』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 だが『自害しろ』と令呪命令されておきながら、なお生きていたランサー兄貴の強襲により
 言峰綺礼は“心臓を”撃ち抜かれる。

 なお伝説上の彼も、半身の自由を失いゲイボルグで刺殺されるも、最期まで倒れなかったそうな。

 まさに英雄。
※こぼれ落ちた内臓を水で洗って腹に戻し、身体を石柱にくくって立ち尽くしたとか。

慎二『は、ハハハハ! 役立たずは最期まで役立たずだったなぁ、神父さん!』

凛『――――呆れた。まだ懲りないのかって言ってるのよ!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 ワカメ外道!

度し難い
 が、この流れで誰が得をしたかといえば、やはり間桐慎二というワケである。
 さすがに、凛が殺されそうになり焦りはしたが―――

 媚びてみろよ遠坂? お前の態度次第で、助けてやらない事もないぜ。

 ランサーは瀕死、凛は身動きが取れないまま。
 勝利を確信するワカメ。

 彼は、なんとしても『凛が自分に屈服する姿』が、見たくて見たくしょうがなかったらしい。

ランサー『ガキが、そいつは、てめえなんかが触れて良い女じゃねえ』

慎二『死にぞこないが…、ほら、出番だぜギルガメッシュ!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 まとうしんじはなかまをよんだ! しかし、だれもこなかった!

一件落着…?
 しかし、頼みの綱のギルガメッシュが命令に応じなかった為、哀れ慎二、為すすべなし!
 ランサーも殺す気にもなれず、脅して追い返す。

 まったく余計な体力使わせやがって………。

 だが凛の拘束を解いたところで、今度こそ力尽きてしまう。
 その体には、奇妙な文様が浮かんでいた。

 どうも彼の槍には、全身に毒を与える、全身の内臓と血管の隙間に大釘を残すなどの逸話があるそうな

アーチャー『お前と俺の投影が、同等とでも思ったか?』

『イメージ通りの外見や材質を保とうが、構造に理がなければ、話にならん』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 アーチャー先生の、殺伐☆後悔授業。

追いついてやる!
 士郎は、無意識に『前世の自分を降霊させ、技量を引き上げる』魔術を使っていたらしいが
 それでも技量も、“投影”精度も全く追いつかない

 俺に追いつく? 酷い勘違いだ。やはり、お前は何も解っていない――――。

 今週の士郎さん強い!
 と思ったら、そういうカラクリだったのか。

 もっともアーチャーも致命を避け、明らかに『手加減』しているようですが―――――?

士郎『これが、その結末か……。同情なんてしない、同情なんてしない……!』

『けれど、これからその道を、この足が歩むかと思うと……』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 そりゃあ恐怖する、誰だって恐怖するさ。

理想の末路<こたえ>
 士郎は、打ち合うたび“彼の辿った、裏切られ続けた生涯”を幻視、その心が萎えてゆき
 悟ったアーチャーは、再び“世界”を見せる。

 俺に追いつくとはそういう事だ。今一度見るがいい、俺が行きついた世界を……、Unlimited Blade Works!

 人を殺す度に、墓標のように心に剣をつきたてていったエミヤ。
 その行き着いた先が、剣の荒野。

 士郎は、『後悔しない』と心に決めるも、その残酷な未来に恐怖をおぼえてゆく。

 絞首台か……。

ランサー『いやあ…、お互い、つまらない相棒を引いちまったな……』

凛『そうね…、けど私はつまんないっていうより、扱いにくいだけだったかな』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 あーあ、お前のような女が相棒だったら言う事ァなかったんだが、生憎と昔からいい女とは縁がなくてな?

あなたの為にできる事
 そのアーチャーの揺るがぬ心を、凛は『正しい』と感じ、だから自分には救えないと結論した。
 けれど、だからこそ――――。

 だから、私に出来るのは私の事だけ。かつての誰かさんみたいに、自分の信じた道を貫き通すの。

 彼の為にできる事は無い。
 だから、せめて自分の事を精一杯やって報いようと決意する凛。

 凛の心が尊すぎる…ッ!

 ランサーも感嘆し、言峰もろとも自らを焼き去ってゆく。

凛『―――さよならランサー、短い間だったけど、私、あなたみたいな人、好きよ』

ランサー『へっ、小娘が…。もちっと歳とって出直してこい……』

イメージ 26

 別れをかわし、得意の憎まれ口と共に今度こそ雲散霧消するランサー。
 最期の言葉が彼らしい。

 彼らしく、また『長生きしろよ』の意味もあったのでしょうか。

 ライダー・バーサーカー・キャスターに続き、今度こそ『四人目の英霊』が退場……!

アーチャー『生涯、下らぬ理想に囚われ、自らの意図をもてなかった紛い物』

『それが自身の正体だと理解したか?』

イメージ 27

 そして自分自身の過ちを晒し続けるアーチャーの説法は、いよいよ核心へと踏み込んでいた。
 士郎の理想は、どこが間違っているのか。

 なぜなら、根本からして『紛い物』『借り物』だからだ。

 アーチャーは止めを刺さず、ただこの士郎が『自分と同じ』にならぬよう、言葉を重ねてゆく。

士郎『俺は正義の味方になりたいんじゃなくて、絶対になるんだよぉ!』

エミヤ『そうだ! 絶対にならなければならない――――』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 32

イメージ 33

 その“絶対になるんだ”という想いを、エミヤは『呪い』と表現する。

『成れの果て』の姿
 士郎は、衛宮切嗣に憧れ『彼のような』正義の味方になろうとした、それが“目的”だった
 人を救うという事は、いわば二の次だったのだ。

 そうだ! “誰かを助けたい”という願いが奇麗だったから憧れた!

 彼のようになりたいから人を救う
 切嗣のような、正義の味方になりたいから人を救う

 そのあり方を、アーチャーは『借り物』『偽善』といい、その成れの果てが自分なのだと吼える!

 自分自身の心の傷を抉り抜くエミヤ、まさに英霊!

士郎『そう、あのとき救われたのは俺のほうじゃない……』

イメージ 31

 もし士郎が生きていなければ、誰も救えなかったと切嗣は絶望していただろう。
 士郎が生きていた事に、切嗣は感謝した

 その喜ぶ顔が余りに幸せそうだったから、同じようになりたいと憧れたのだ。 

 切嗣のようになりたくて、『正義の味方』になったのだ。

アーチャー『自身より他人が大切だ、誰もが幸福であって欲しいなど空想だ』

『―――そんな夢でしか生きられないのならば、抱いたまま溺死しろ!』

イメージ 34

 理想に溺れて溺死しろと自分の心の傷を抉るエミヤに、士郎もセイバーもダメージを受けてゆく。
 セイバーさんも心当たりがあるから……。

士郎『奴の言い分は殆どが正しかったけれど……』

『どうも、何かを忘れていると思った――――』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 1

 彼は『何も失ってはいない』という。

地獄を見た
 やがて、再びアーチャーの心に触れた士郎は、あんたが正しかったと正直に言うが
 無防備な心の弓兵は、不器用だっただけだと返す。

 何も失わないように、意地を張ったから私はここにいる。あ、でも…、確かに一つ、忘れてしまったものがある

 たとえば、アーチャーは『自分の幸せ』を失っている。
 けれど彼にとって、きっとそれは『元々持っていなかったもの』だから、失ってなどいないのだろう

 頑なに何も失っていないという。

 唯一抱いていた『理想』を、失わないよう意地を張り続けたから、ここにいる、と。

衛宮士郎『おい、その先は地獄だぞ』

『俺は、何の為に、あの地獄を生き延び、見送られたのか―――?』

イメージ 37

 士郎は幼い自分に言う、十年前に“生き延びよう”としたから、地獄にたどり着いてしまったと。
 その結果、切嗣に助けられ
 彼に憧れた。

 士郎は、地獄へ落ちる為に生き延びてしまったのか?

 死に行く人たちに手を貸すことなく、自分だけが『見送られ』生き延びてしまった

アーチャー『その先は地獄だぞ』

士郎『これがお前の忘れたものだ。確かに、始まりは憧れだった……』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

 未来=アーチャーは足を止め、士郎は前へ歩を進める。

心象風景の中で
 アーチャーは、士郎の行動原理は『借り物』だから、その行いは偽善でしかないと諭した。
 それはきっと正しい。

 その人生が偽善に満ちたものだとしても……、俺は、正義の味方を張り続ける!

 けれど借り物でも偽善でも
 士郎の行いは、他人の力になるはずだから。

 切嗣の行動原理の源、他人の力になる想いを引き継ぎ、士郎は『後悔しない』確信を得る

アーチャー『そうか、彼女の鞘!』

イメージ 42

 以前、傷の直りが妙に早かった件などの原因は、『体に埋め込まれた鞘』でした。
 切嗣もまたセイバーのマスターであり、生前の彼女の遺物
 鞘を持っていたのです。

 10年前瀕死だった士郎は、これを魔術的に埋め込まれて助かり、その縁でセイバーの召喚に成功。

 その鞘が、士郎の力となる……!

士郎『―――お前には負けられない!』

『誰かに負けるのはいい、でも、自分にだけは負けられない!』

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

 士郎版、無限の剣製!

体は剣で出来ている
 腹をくくった士郎は、アーチャーの“Unlimited Blade Works”を、自分なりの形で発現
 彼の剣をも弾く“剣製”を成し遂げる、

 お前の正しさは、ただ正しいだけのものだ。そんなもの俺は要らない……、俺は正義の味方になる!

 過去を後悔するエミヤ
 未来を知り、なお“自分の未来”を信じる士郎!

 次回、決着の時!

予告士郎『この夢は、間違いなんかじゃない!』

イメージ 49

 士郎さんかっけぇ!

私には救えない
 凛が、アーチャーの言葉は正しいから、自分に彼は救えないと言ったように
 エミヤを救うのは、士郎自身の熱意となるのか。

 基本、前回同様の対話回でしたけれど、BGMと曲が入って盛り上げる演出が熱かった!

 間違いでも、そこで足を止め困った人を見過ごすよりも
 正義の味方を貫く士郎!

 未来から現れ、過去を正そうとするアーチャーと、“自分の”未来を信じる士郎の激突!

 次回、第21話「answer」

余談、アーチャーさんは『失ってなどいない』

イメージ 1

 本来なら、人間としての幸福、賞賛とか栄光とかそういった幸せを得るはずだった彼
 でもそんなのは、他人を幸せにするために全部切り捨てた

 最初から、人並みの幸せとかそんなものは『自分のもの』じゃなかったから。

 だから何も失ってない。
 そうして、意地を張り続けた成れの果てがエミヤなんだろうなって。

 そう思うと、無性に悲しくなりました。

余談、セイバーさんと衛宮切嗣

イメージ 34

 前回、10年前の聖杯戦争に『衛宮切嗣』が参加、その際にサーヴァントとして召喚されています。
 その際、彼女を召喚する“縁”として用意された遺物が『鞘』。

 この物語は、ご存知Fate/Zeroとして作品化、アニメ化されています。

 今回は、アーチャーと凛中心の物語の為
 この辺は断片的ですね。

 旧アニメ版はセイバーさん中心、今後作られる劇場版は桜たちを中心とした物語となります。

 原作が、そうした三つのシナリオを持っていた為。
 なおイリヤ展開は、制作上完成できず、桜のシナリオに統合される形となっています。




この記事に


.


みんなの更新記事