GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 カードバトルアニメ、第3作目(4作目)を下敷きに、アニメと大きく物語が異なる漫画版。

逆転逆転また逆転! “神”と“絶対王者”、最後の決戦を収録!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 2008〜2011年アニメの漫画版、9巻目にして今度こそ完結です! お疲れ様でした!
 最終巻は、復活した“神”との逆転に次ぐ逆転から
 描きおろしを収録!

 描きおろしも、本編ラストを思わせる「進化体」のバーゲンセールの果て、熱い激突のラスト!

流星のように!
 ホント、ラストまで息継ぐ暇も無い展開で、読み終えた爽快感がハンパなかった!
 決着もシンプル!

 こういう決着って男の子ですよねー。

本編最後の一撃を放ったのは、相棒「スターダスト」の一撃!

イメージ 7

 ラストは、最初の姿とかいう熱い一撃!

“決闘”の面白さ
 究極神自身の策謀で展開した、神復活の儀式を越え、神官ゴドウィンをも乗っ取り究極神は復活
 かつて、己を封印した神官の“チューナー・モンスター”だった
 スターダストを葬るべく猛攻を加える。

 が、神官時代の記憶を思い起こした遊星は、完全な偶然をも味方に付け究極神を撃破!

 戦略と偶然が織り成す面白さに、改めて“決闘”に惚れ直した遊星は
 仲間と共に、再び決闘へと身を投じてゆく。

 一年後、宿敵・絶対王者ジャックとの再戦をも制した遊星、だが戦いに終わりは無い。

 決闘とは、そも“仲間たちと戦う事”自体が目的なのだから――――。

「神」を倒した先で現れた、究極幻神!

イメージ 9

 この姿は、意図的に「神像」の姿に似せたのだとか。

神なのだ!
 初代で、マリクが言い放った「怪物ではない、神なのだ!」を思い起こさせた究極神!
 破壊自体を無効化するとかいう
 死なない存在!

 加えて、フィールドを自身の下僕で埋め尽くし、敵の召喚自体を阻止する能力が鬱陶しかった!

 毎回、ラスボスも色んな能力で来ますね。

そんな「神の下僕」ども、人間たちまで襲い始める!

イメージ 8

 その下僕共と、リアルバトルにも突入しましたが、絶対王者、ここでもイケメン!
 鉄パイプ二刀流!

 カードバトルなのにリアルバトルしすぎ!

 それすら似合ってこそ絶対王者!

なんと、制作に三ヶ月もかかったという描きおろし収録!

イメージ 5

 ボス戦を終えた後は、ライバルとまじりっ気なしのガチバトルとかいう熱い展開に!
 そしてコレ、78ページだか描きおろしたのだとか
 作者さんよく生還した!

 この最終戦が、本編一年後という設定なので、出るわ出るわ「進化体」のバーゲンセール!

 ラスト、絶対王者への敬意と共に決着する流れも熱かった!!

なお「描きおろし」制作に関し

イメージ 6

 太っ腹なんだか、鬼畜なんだかよくわからん担当氏コメントが妙に印象的。
 最後までインパクトでかい人だった…。

 一般に、コミック描きおろしはノーギャラって言われてますが、本作はどうだったんでしょうね?

 しかしスゲェ台詞だ。

収録

イメージ 4

 その他オマケも充実、バレンタインお返しのお手紙を送ってたのね。これまた手間な事を。。。

 ジャンプコミックス「遊戯王5D's 9巻(完)」。佐藤雅史。
 ストーリーは、アニメシリーズで「デュエル構成」を担当する彦久保雅博氏。※一部脚本も担当。
 原作:高橋和希。月刊Vジャンプ連載、集英社発行。
 2015年6月発売(前巻2014年10月)

 RIDE-61「神の決闘!!」
 RIDE-62「祈り…!!」
 RIDE-63「復讐の原点!!」
 RIDE-64「超越!!」
 RIDE-65「集いし光!!」
 RIDE-66「儀式を制し者!!」
 特別編「統一皇帝決定戦!!(前・後編)」

 付録カード「真閃竜 スターダスト・クロニクル」
 ページ間、オマケ漫画&作者のデュエル・オマケ漫画など多数。

■関連感想記事
 遊戯王5D's 8巻

この記事に


.


みんなの更新記事