GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

再び家路につく為に! 士郎と凛、服を脱ぐ時! セイバーさんの安らぎ!

イメージ 36

イメージ 24

 OPと序盤劇に、もうアーチャーは居ないんだなぁ、と彼の痕跡を思ってしまうんですが、これが鍵。
 アーチャーと士郎こそ、ギルガメッシュを倒しうると語る凛
 で、魔力を供給する為に……。

 見たでしょ…。だから、見たでしょ、このけだものっ!

これなんてエロゲ?
 魔力供給に、本作がエロゲであった痕跡を見た気がしますが、それはまあそれとして。
 過去を見られた凛ちゃんさん、可愛すぎだわ!

 そして聖杯ぶちまけ5秒前の英雄王!

 次回、久々にあの人も花鳥風月再登場ですし、まっこと楽しみぜよ!

凛『私は…、私はアーチャーの仇を討つ。私の、相棒だったから』

イメージ 3

 そして始まるオープニング、アーチャーはもう居ない…

「英雄王」に拮抗する力
 士郎と凛、セイバーはアーチャーに託された勝利を果たすべく、英雄王を止める決意を固める。
 条件は一つ、起動する前の「聖杯」を止める事
 その為の足止めだ。

 だが英雄であるセイバーには、「英雄殺し」に特化したギルガメッシュの相手は難しい。

 凛は、士郎の“無限の剣製”に賭け
 彼に自身の持つ魔力を供給、その力を引き上げるのだったが――――。

 次回、第23話「顕現」

士郎『二人とも、腹減ってるだろう?』

『まずは腹をいっぱいにして、俺たちにできる事を考えよう』

イメージ 4

イメージ 5

 一方、ギル王は変な彫像を見つめていた。

私達には、その方が合っている
 士郎達は、アーチャーに託された「倒せ」という言葉に応える為、仇を討つ為、聖杯を止める術を模索
 どうも聖杯は、柳洞寺に出現するらしいが――――。

 きっと慎二の仕業ね。神経質なアイツらしい手だけど、今回は助かったわ♪

 以前の昏倒騒ぎは、ワカメ・プレデンツだったと判明。
 人払いをしたかったのね。

 結果的に、ハデに戦うことが可能な状況ともなったようだ。

凛『要は、聖杯が起動する前に、停止させるって事』

士郎『どういう意味だ?(解ってない)』

イメージ 6

 聖杯が起動すれば、セイバーさんの全力砲撃でも食らわさないと破壊できないので、起動前を狙う。
 凛は、慎二が「聖杯」を埋め込まれ
 起動装置となったと看破。

 あの慎二の成れの果てが、「聖杯」を呼び起こす前に彼を止める

 もっとも、三人はまだワカメ大増殖状態とは知らないっぽいので、果たしてどうなる事でしょうか。

士郎『いやそれは無理だ。セイバーじゃ、あいつには敵わない!』

セイバー『それはどういう意味ですかっ!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 負けず嫌いに定評のあるセイバーさん。

「ギルガメッシュ」対策
 ただ、ギルガメッシュはいわば「軍の指揮官」みたいなもので、個人戦に優れたセイバーでも撃破は困難
 のみならず、彼は豊富な宝具で英霊対策も抜群。

 例えば、半人半神の絶大な力を誇ったヘラクレス=バーサーカーを、対神宝具で封殺した。

 また、英霊は「宝具」を持っているが
 彼はその原型を持つ為、これまた相性的に難しい相手となるのだ。

凛『倒せるとしたら、あいつと同じだけの武器庫を……』

『そっか、だから目の仇にしてたんだ…』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 凛ちゃんさん、このぐるぐる解説まで綺礼から受け継いでたのか!?

英雄王の「天敵」
 が、凛は対策にたどり着いたのだったが、これがまた恥ずかしい為、さっさと引き上げてしまう。
 意味が解らぬ士郎、呆然である。

 はい。それが最適かと。感謝します凛。その方が、私も安心して戦える。

 凛は、まずセイバーに話したらしい。
 実は士郎の強化案なので、彼女は「安心できる」と肯定した。

 一方、当人は蚊帳の外であった。

士郎『――――怒らないで聞いてくれ。あいつの相手は……』

凛『あなたがする、っていうんでしょ?』

イメージ 14

 凛の答え、英雄王がアーチャーや士郎を「フェイカー」とやたら挑発していたのは、警戒心の裏返し。
 無限の剣を持つ世界、“Unlimited Blade Works”が使えれば
 彼と互角に戦えるはずだと。

 加えて、アーチャーも士郎も「宝具」を持たず、当然「原典(原型)」の宝具も無い

 よって「原典攻め」も使えない。
 二人こそ、ギルガメッシュの天敵足りうるのだ、と。

凛『あなたには、私の魔力を使って、ギルガメッシュと戦ってもらう―――』

『一番大事な戦いなんだから、一番大事なものを賭けなくちゃね?』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 1

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 2

 ああ、前回エンドカードのまくら凛、コレだったのね! 

「魔術刻印」移植
 結論として、その為に必要な魔力を凛から供給すべく、彼女と「つながりを持つ」必要があった。
 凛は、自身の魔術刻印を士郎に移植。
 その為に服を脱ぐ

 見たでしょ…。だから、見たでしょ、このけだものっ!

 上半身だけですけどね!
 しかし、「繋がった」影響により、士郎は彼女の過去を垣間見てしまい――――。

 士郎、めちゃくちゃ怒られる。

士郎『いや、そういう遠坂だから、俺は好きになったんだなって―――』

凛『すすす好きって!? い、今はそういう話をしてる場合じゃないっ!』

イメージ 17

 その際、凛の一族が受け継いだ「魔術刻印」そのものを移植する、という大博打に
 士郎、改めて惚れ直す。

 今はそんな話をしてる場合じゃないっ! けど、聞いてあげるくらいなら構わないというか……。

 凛ちゃんさんツンデレ。
 ツンデレ!

士郎『あ、あれだ遠坂! 変な夢見てただろ! どこかの学校の校庭で……』

イメージ 25

 そして鈍感コンチクショウの士郎は気付かなかったが、かつて、凛は士郎を見た事があった。
 棒高跳びに挑み、延々と挑み続けた少年
 彼を見つめ続けた少女。

 バカみたいに、一生懸命に挑み続けた姿に、凛は士郎を気にし始めていたのだ。

 それを見られるのが「恥ずかしかった」のだ。

士郎『あれって一体……?』

『うるさい! うるさいうるさいうるさいっ! うるさいケダモノっ!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 お、お客様の中に、バカップルを爆破できる方はいらっしゃいませんかーっ!

乙女の秘密
 が、士郎がまったく気付かなかった為、むしろキレるとかいうどっちに転んでもキレまくり凛さん!
 完全にバカップルだからちきしょう!

 凛に、半裸でうるさいって連呼されつつまくらで連打される士郎さん。

 アーチャーは二人を爆破していい。
 即座に

 そしてずりおち気味なのに、鉄壁の肩紐とかさすがですね、凛ちゃんさん!!

セイバー『―――ずっと覚えていられるように、心に焼き付けておきたかった』

士郎『…そうか。できれば、ずっと覚えていてくれ』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 凛いわく、開放的で人間味のある結界を持つ衛宮邸。

セイバー、想う
 一方、十年前に「不本意に」居させられたのと同じ場所を、セイバーはゆっくりと見て回り
 そして士郎に、意味の解らぬ礼を告げる。

 ありがとう、士郎。随分と時間がかかってしまいましたが、あなたは私に、行き先を教えてくれた

 セイバーも、アーチャーと同じく後悔し「やり直し」を望む英雄。
 だから、あの戦いに感化された。

 前回の戦いに、夢が終わった、十分過ぎる答えを貰った'と。

士郎『夢って……? それはセイバーの?』

セイバー『どうでしょう。もしそうだとしても、それはもう私とは関係の無い…』

イメージ 35

 セイバーは、民の為にと思って王様となったけれど、国は滅びてしまった。
 だから、それをやり直したいと思っていた。
 夢を貫きたいと思った。

 けれど今、その夢は終わった、夢を抱いた頃の自分を「関係の無い少女」だと言い切る

 セイバーさんの未練が晴れ、彼女は救われた、という事。
 つまり――――。

セイバー『では私からもお願いします。あなたたちは私が護る』

『ですから必ず、二人でこの家に戻ってください――――』

イメージ 36

 そしてサブタイ回収、『この家に戻る』為に、士郎は必ず勝ち戻ると約束する。
 敵は英雄王、あまりに困難な旅路であるけれど。

 決着をつけに行こう、セイバー

 ちょうど、初めて出会ったときと似た構図で出陣を誓う二人――――。

黄金王『呪いを吐き出すがいい聖杯よ』

『この時代の人間共が、自らの願いの重みに耐えられるかどうか……』

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

 この変な彫刻、ワカメ聖杯の入れ物だったのね。保温具的な。

「最低の刻」の始まり
 一方、その英雄王は「聖杯」を順調に成長させ、既に起動間近にまで迫っているご様子。
 さすが王様、仕事が早い!

 現在の聖杯は、願いに応じて「殺人」を行う、殺人に特化した呪いの聖杯

 これをぶちまけるという事は
 すなわち、世界中の人間の「願い」を「殺人」の形で叶える、という事なのか……!?

※たとえば「平和が欲しい」と願えば、争う者が皆殺しにされる

予告王『薄汚い贋作者……、その身を以って、真偽の違いを知るが良いッ!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 42

 次回、英雄王ノリノリ回! そして待望の再戦回だ!

びっくりするほどラブコメだ!
 士郎と凛、二人の直球&鈍感無自覚ラブコメに汚染された空気を、完全にぶち壊した英雄王さすが!
 さすがギル様、一発で空気をシリアスにしおった!
 予告でもノリノリだ!

 とりあえず、“無限の剣製”を使えるだけの魔力を得た士郎=サンですが……。

 セイバーさんも悟りの域に達してますし
 慎二も、一応まだ生きてるっぽいし物語はクライマックス!

 次回、第23話「顕現」




この記事に


.


みんなの更新記事