GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

【悲報?】とら、テレビ中継デビュー。ミョーに可愛いな、この大妖怪!

イメージ 7

イメージ 1

 二話にして、胸糞悪い妖怪との激闘、これをコンビで撃退する展開に! 展開が早いな!
 とら、意外や“現代”をノリノリで楽しんでますが
 早くも目撃されちゃったよ!

 なるほど、長髪になっちゃうから、当分はバレないのね。

石喰い(cv安元さん)
 また、ツバつけて大ムカデを退治するっていったら、俵藤太の伝説が由来でしょうか。
 なんだか懐かしい。

 懐かしいし、作画もスゲォし今週も面白かった!

とら『あれぇ? あの侍、どこ行った?』

イメージ 3

 TVをブッ壊すとら。世代間のギャップが深刻

“長髪”ヒーロー
 はたして、とらの妖気に引き寄せられたのか、今度は学校に「石喰い」と呼ばれる妖怪が現れ
 再び、井上と中村が犠牲となってしまう

 うしおは二人に恩があると、とらに「助けて欲しい」と頼み込んだ。

 普段、槍を傘にきて、上から目線のうしおに「頼まれた」と気を良くしたとら
 そして「獣の槍」と一体化が進んだうしおは
 石喰いを退治

 が、その様をTV中継され、うしおは「怪物をつれた長髪の少年」として、知れ渡ってしまう

 次回、第参話「絵に棲む鬼」。

とら『勘違いするなよ? 俺は、お前に取り憑いているんだぞ…?』

『槍を三尺でも身から離してみろ、たちまち飛びつき、骨までしゃぶってやるぞ…』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 うしおの絵、とらですらひでえと言うレベル。

青春の無駄遣い
 とらは、『油断したら喰ってやる』と透明化して付きまとい、うしおは難儀するのだったが
 そんなうしお、傍から見れば変な奴だった。

 でもよぉ、あんなヘタクソな絵を描いているより……。

 あ、やっぱり「ヘタ」なんだ…。
 運動が得意で絵が好きで、校内トップの美女に囲まれ手も出さない

 うしお、青春無駄遣い……ッ!

 が、彼にも彼の事情があるらしい。

井上『ねーねーうしお君、あたしと麻子、昨日二人して怖い夢みたんだっ!』

うしお『夢だと思ってんだ、おめでたい奴♪』

イメージ 7

 なお、前回の妖怪騒動は、「幻覚を見た」という事で二者一致したらしい。ナイス現実逃避!
 そんな金髪の井上が図書委員長で、中村も図書委員。
 なるほど。

 って、中村さんも文化系なの!?

 良い顔!

井上『なーんで、麻子はうしろ君に素直になれないのかなぁ?』

中村『あ、あたしは何もっ』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 中が空洞でしたが、もし元人間だったら、と思うとかなりグロ。 

トショイイン達
 今回も、素直じゃない中村をからかう井上さんが可愛いっていうか、図書委員全員に聞かれて
 これはオモチャにされますねぇ。

 まるで生きてるみたいね……?

 が、資料と一緒に「石の鎧武者」が運び込まれており、不気味な雰囲気!
 これが“石喰い”か!

 そのまま、彼女達は石喰いに襲われてしまい――――

 百目の鬼なのか。

とら『穴の中で退屈してたんだぞ、人間の話でも面白いわ……』

『五百年の間に何があったのかも、知りたいしな』

イメージ 11

 一方、とらは案外興味しんしんに授業を聞いており、なんだか微笑ましいですね。
 原作が1990年、ちょうど室町幕府の頃か
 案外長いぞ、500年。

 戦国時代や江戸時代とか、その辺の知識は無いのね。

うしお『槍が?』

図書委員の少女『皆が……、石に…』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 そういや、最後まで石化を解いてませんが、学内にも霊能者が?

「石喰い」の結界
 やがて、槍の知らせで“石喰い”出現を知ったうしおだったが、敵の姿が見つからない。
 当然、知識を持つとらに尋ねるが――――

 なんでワシが、お前如きの役に立ってやらにゃならんのよ……。

 哀しいがごもっとも
 もっとも、それなら潮も考えがあるワケよ!

 とら、またもトラの尾を踏んだ!

とら『痛ぇぇぇぇえ! 解った話す! 話すから抜いてくれぇ!』

『ちくしょう、やっぱあの槍相手だと調子が出ねえ…、早いとこ喰わないと〜』

イメージ 15

 かなりガチで殺しにかかったとらだが、うしおはこれを一蹴し、逆に痛めつけてしまう!
 そろそろ不憫だ!

 しかも“槍”は使うたびに魂を蝕み、使い手を獣に変えるそうな

 早いとこ喰わねーと!

とら『あぁ、アイツはだんだん石になる人間の恐怖心も好きだからなぁ?』

うしお『胸糞の悪くなる奴だな…!』

イメージ 16

イメージ 17

 さて「石喰い」とは、骨董に潜み、人間を自分の結界内に捕らえて、じわじわと石にして苦しめ
 石にした後は、頭からバリバリ食う兇悪妖怪!

 おまわりさん、あたし達ここよ!

 結界は外からは見えず、うしおも警察も空振りしたというワケ。
 マジックミラー。

 なかなか多芸な妖怪。

石喰い『ふっふっふ、恐ろしいか? 恐ろしいなら怖がれ……!』

『怖がりながら石になれ、そしたらさくさく食ってやる。さくさくとな!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 このcv安本洋貴さん、ノリノリである(弱ペダの主将など)。

怖がるもんか
 一方、捕らわれた中村麻子は「怖がるもんか」と食い下がり、最期まで抵抗するも石に。
 メンタル強い子だ…。

 しゃーねぇなぁ、テメーの持ってるのは何なんだよ!

 うしおも、「獣の槍」で結界を破るも
 時、既に遅し!

 オマケに、うしおは“誤解”してしまう

とら『バカ! それは石喰いじゃねえ、石の侍だ!』

『(っと! なんでワシがあっちの側につくんだよっ!)』

イメージ 22

イメージ 23

 とらの説明の通り、「石喰い」は骨董、石の侍に潜んでいたに過ぎず、うしおは逆襲を許してしまう
 石化を受け、槍を手放してしまったうしおは絶体絶命
 もう希望はとらしかない

 だが絶体絶命のうしおが、「井上達」を外に出すよう頼んだ事に、とらは首を捻った

 いわく、二人には「恩がある」という。

うしお『そいつらには…、ちょっとした恩があってよ……、だから、頼むよ。とら』

とら『(驚いた、あの偉そうにしてたあいつが、ワシに頼むってよ?)』

イメージ 1

 気持ち良いなぁ……! でも、一回だけだぞ!

 原作・藤田氏チックな笑み!
 行動原理は、エラソーな奴に頼まれて、気持ち良いからって!?

とら『たわけ者! 他ばかり気にしてよ! 自分の命が一番大事なんだろうが!』

うしお『お前には解んねぇよ…。悪ィ…、お前に食われてやれねぇな…』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 アホが! お前はなぁ。お前はワシが食うんだ!!

あと一撃
 が、石化が進んだうしお自身は逃げることが叶わず、石喰いに追い詰められるのだったが
 彼の願いに応え、槍が手元に!
 
 あの小僧、ホントにあの槍を使えるようになりやがった…!

 石化解除!
 対・妖怪だけあって万能過ぎィ!

 また、うしおが自由になってしまえば、とらも強力な「雷」を発射!

 TVを含む周囲の人間に、姿を晒してしまう

石喰い『負けぬ! 百年生きたこのワシが、人間如きに!』

とら『槍にツバつけてブッ刺しな! “変化”は、人間のツバに弱いんだ!』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 うしおの時は、服も無事だったのに!

妖怪変化
 石喰いは、百年を経た“二つ首の大ムカデ”の正体を現すのだったが、とらの適切な指示によって
 衆人環視の下、退治されてしまう――――

 この映像は、特殊撮影では有りません。我々も驚きを隠せません―――。

 女子の石化も解除
 結果、長髪のヒーローが誕生してしまう、と。

 ヒーローものだったのか…。

とら『これがワシかぁ!』

『ここにワシがいるのに、この箱の中にもワシがいるなんて、面白いなぁ♪』

イメージ 2

 一方、ヒーローの片割れ『とら』は、テレビに映れたと面白がってノリノリであった。
 なんだこの可愛いの!

 うしおも、とらが身を呈して救ってくれた事にまんざらでもない。

 かくて、凸凹コンビは本格始動…?

次回、「絵に棲む鬼」っていうと……、一休さんみたいな?

イメージ 25

 意外や、二話目にして手を貸してくれたとら。 

ホァッハァ!
 ラスト、テンション高すぎなとらに和みましたが、考えてみりゃそれどころじゃない第2話
 TVに映っちゃった以上、妖怪関係者が押し寄せるんじゃ……
 父さんの出番か!

 このまま、謎の長髪ヒーローとして妖怪退治に勤しむ感じ?

 まあ、井上はエンディングでとらと仲良くしてました
 早々に気付かれそうですが
 どうなるんでしょ

 次回、次回、第参話「絵に棲む鬼」。

■関連感想記事
 第壱話「うしおとらとであうの縁」
 第弐話「石喰い」

余談、ムカデ退治と「人のツバ」

イメージ 31

 平安時代、自ら「新皇」を名乗って大暴れし、退治された平将門公は皆さまご存知でしょうけれど
 彼を追討した英雄、藤原秀郷の伝説を連想する内容
 彼は、俵藤太とも呼ばれます

 彼は山を7巻き半する大百足と戦い、最後の矢にツバをつけ射たところ倒せたという伝説があります

 これが転じた内容だったのでしょうか。
 また、このお礼に竜神に力を借り、平将門を倒したという伝説もあるそうな。

 同じく、お礼として贈られた刀「蜈蚣切<むかできり>」は、現在も伊勢神宮の宝刀となっています。



この記事に


.


みんなの更新記事