GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 もう“サービスが終わるはずだったネトゲ”が現実化、人間は、主人公たった一人……!?

思わず引くほど慕われる! 息抜きもままならないモモンガ様と、新たな敵!?

イメージ 20

イメージ 31

 ラストの、「いよっしゃぁ!」といい、皆してモモンガ様を愛しすぎィ! ある意味ハーレム、だけど疲れる!
 真っ当に可愛かったマーレちゃんも、まさかの「男の娘」だし
 このギルドってば、業が深すぎません!?

 ただ…、そうだな。世界征服なんて面白いかもしれないな……(ま、出来るワケないけど♪)

参謀、誤解する?
 まだマトモそうだったデミウルゴスさんも、見事に曲解しちゃったっぽいし
 モモンガ様の明日はどっちだ!

 次回、異界人とのファーストコンタクト、楽しみすぎる!

『私が唯一支配できぬ、愛しの君ぃ♪』『(ちょ!?)』

イメージ 2

 って、お前もベタ惚れなのかよ!?

モモンガ様のお戯れ
 ネットゲームの「髑髏の魔術師」の姿のまま、ゲームと同法則で動く、謎の異世界に飛ばされたモモンガ。
 仲間は、彼を主と仰ぐ8体の守護者、7人の召使からなる
 15体のNPCのみ。

 意思を得た彼らに翻弄されながらも、モモンガは、彼らの望む「支配者」を演じ続ける。

 ひとまず、自らのギルドの名が知られれば「同郷」と会えるかもしれない。
 そんな想いを胸に、彼は戯れを口にした。

 だが「世界征服」という冗談を、参謀デミウルゴスは、大真面目に受け取ってしまったらしく……?

 次回、Chapter3.

アウラ(第6層守護少女)『――――偽乳』

シャルティア(第1〜3層守護者)『な!?』

イメージ 3

イメージ 4

 貧乳を気にしてパット系女子、良いと思います(なお吸血鬼)。

懐かしいなぁ…
 前回、「吸血鬼」シャルティア登場シーンに巻き戻し、彼女とアウラの口ゲンカに突入!
 二人の性格は、設定したプレイヤー姉妹とそっくりらしい。

 あたしはまだ76歳だけど、アンタはアンデッドっ。成長しないから大変よね〜〜〜♪

 和まないで下さい御大将!
 そんなこんなで、前回ラスト「忠義の儀」を再び。

 こんな愉快なワンシーンがあったのか!

コキュートス『―――騒がしいな。御方の前で騒ぎすぎだ……』

イメージ 5

 また、二人をたしなめたコキュートス=サンは、第五層の実直な武人という設定。
 重々しい外見にピッタリである。

 ピッタリだったのである…。

デミウルゴス『お待たせして申し訳ありませんねぇ』

イメージ 6

 そしてデミウルゴス=サンは、第七層守護にして『防衛時、NPC指揮官』という設定。
 ならば、メンバー中で最も頭が回る人物か。

 アルベドが「社長」なら、この人は部長みたいな立場でしょうか。

 トップじゃないけど、実質的なトップみたいな。 

モモンガ様『素晴らしいぞ、守護者たちよッ!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 11

 いや待て、この姉弟、弟の方がガチっぽくないです!?

魔王様のブリーフィング
 さて、彼らを呼び集めたのは「地表」が見たことも無い場所、大平原に転じていた事実の共有
 本拠地の隠蔽命令、そして――――

 お前にとって私とは、一体どのような人物だ……?

 各員への口頭質問。
 その結果、出るわ出るわの賛辞の嵐!

 正直、これは恥ずかしい!

 美しさ・武勇・智謀、それぞれが「自分の長所」より素晴らしいと絶賛する……ッ!

セバス・チャン『至高の方々の総轄であり、最後まで我々の為に残られた』

『見放さず残って頂けた、慈悲深きお方です――――』

イメージ 9

 一方で、セバスの言葉は非常に的確で、彼だけ雰囲気が違う感じですね。
 cv千葉さんですし。

 なお、もちろんアルベド様がオチ要員だった模様。

モモンガ様『はぁ……、疲れた…。え? 何? あの高評価!?』

『あいつら、マジだ……!?』

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16
 
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 むしろ、モモンガ様こそがヒロインだった……?

守護者たち
 そんな、彼らの高評価にモモンガ様がむしろドン引きしていた頃、一つの大喧嘩が持ち上がった
 シャルティアとアルベド、どちらが正妻なのか!

 って、モモンガ様の知らないところで嫁争いが!?

 他の守護者がドン引きするレベル
 こいつら、マジだ!

 モモンガ様からあれほどのご褒美を頂いたのよ、それで濡りんせん方がおかしいわ、ゴリラ!

 顔芸大会だと!?

デミウルゴス『あぁアウラ、“女性の事は女性に任せる”よ?』

アウラ『ちょ、あたしに押し付けるつもり!?』

イメージ 22

 そして発覚する、マーレの「男の娘(おとこのこ)」設定……! 妹じゃなくて、弟だったのか……!?
 どことなく、違和感があったのはソレか!
 まさかと思ったけど!

 つまり、姉に男の格好を、弟に女の格好をさせてたのか!

 茶釜さんの闇は深い。

アウラ『モモンガ様、すっごく優しかったんだよ♪』

マーレ『あ、あれが支配者として本気を出したモモンガ様なんだね、凄いね!』

イメージ 13

 そのマーレ、「さっき、モモンガ様にいっぱい優しくされた」とかいう核地雷発言をした姉に
 とっさに、モモンガ様を称えてフォロー!
 この弟、優秀だ!

 おかげで、キレかけてたアルベド様を軌道修正できた模様。

 もう、ホント面倒くさいな……。

デミウルゴス『だが、いずれ他の方々と同じ場所に行かれるかもしれない』

イメージ 23

 また、深謀遠慮な「指揮官」デミウルゴスは、いつかモモンガ様が去ることを想定し
 世継ぎが必要である、と考えていた。
 確かに。

 であれば、ナザリックにおいては「少年はそういう格好をするもの」、なのかもしれないな……

 しかし「男の娘」であるマーレに、怪しい考察をする一面も。
 あ、この人もダメな人だ…。

デミウルゴス『―――モモンガ様のご子息にも、忠義を尽くしたくは無いかね?』

コキュートス『むぉ! それは憧れる、素晴らしい光景だ!』

イメージ 21

 最後の希望、コキュートス=サンも、「忠義」を尽くしたいという欲求に正直な人と判明。
 もしも御世継ぎが生まれたら……!

 では、この爺が肩車なぞ…!

 御世継ぎ誕生の妄想に、トリップする忠義の猛将。あかん。

デミウルゴス『それより、我々に命令をくれないかね?』

アルベド『では、これからの計画を――――』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 魔法使いタイプなので、通常の武器防具は使えない

早くも三日が過ぎました
 やがて、彼らも「階層守護者」として行動を開始したらしいが、そうと知らぬモモンガ様は実験中
 精神も「不死者」に変容し、性欲など薄まりつつあるらしい。

 感情の起伏が激しくなると、何かに抑圧されたかのように平静になる……。

 あ、前回のはそういう……。
 ゾンビ系の上位種、無感情な怪物に相応しい精神へ。

 ちょっと危険な兆候でしょうか……?

モモンガ様『(実戦使用しないで、無くなっちゃったかぁ……)』

イメージ 27

 にしてもモモンガ様、一体ナニが無くなったんですかねぇ。
 骨だものね、仕方ないね。

 さりげない個人情報暴露。

モモンガ『(魔法で生み出した物であれば、ゲーム同様に装備できる訳か…)』

『ナーベラル、私は少し出てくる』

イメージ 28

イメージ 29

 ナーベラルさんも良いですね、目が良いですね。

モモンガ様も息抜きしたい
 さて「戦士系武具が使える」代わりに、魔法が禁止となる甲冑で変装した御大将は
 息抜きの矢先に、予期せぬ面々と出会ってしまう

 ひぃ! 嫉妬・強欲・憤怒!? デミウルゴス配下の三魔将がなぜ一層に!?

 知らぬ内に、守護者は役割を変えたらしい。
 なおデミウルゴスは―――

 そういう事ですか? まさに支配者たるに相応しいご配慮かと考えます

 と、プラスに解釈してくれた。

モモンガ様『(スゴいな……。こんな透き通った空は見たことがない!)』

『(ブループラネットさんが作った六層もスゴかったけど、これは……!)』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 1

イメージ 32

 星と月の灯りだけで物が見えるなんて、現実の世界とは思えませんよ、ブループラネットさんっ!

陛下、お戯れを
 やがて魔法アイテムで羽ばたき、星空を堪能したモモンガ様は、万感の想いを友へ独りごちる。
 きっと、星空が好きな人だったんでしょうね……。

 ただ…、そうだな。世界征服なんて面白いかもしれないな……(ま、出来るワケないけど♪)

 が、御大将がお戯れでいった言葉に
 デミさんが超反応!

 モモンガ様は、有名になれば「他の転移者」が気付くかもと思っただけなのだが…。

 だが、あの反応は……!

モモンガ様『マーレの陣中見舞いに行く。何が褒美として良いと思うか?』

デミウルゴス『モモンガ様がお声をかけるだけで、十分かと…』

イメージ 33

イメージ 34

 その際、「ナザリック大墳墓」の隠蔽作業に励むマーレに気付くや、“転移の指輪”を渡すモモンガ様
 本来はプレイヤー用、要塞内を自在に移動する機能を持つ。

 さあ、これを受け取りナザリックの為に貢献せよ……!

 こ、こやつ躇わずに左手の薬指に!?
 マーレさんスゲェ!

 散々恐縮するも、しれっと左手の薬指につけるマーレさんパネェ!

マーレ『ところでモモンガ様、どうしてそのような格好を?』

????『簡単よ、下僕たちの仕事を邪魔しないように、というお考えなの』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 一連のシーン、デミさんの所在なさげっぷりがパない。

月に吼える
 が、更に上を行くプラス解釈の淑女、アルベド様が現れ「解説」を行ってくれた。
 さっきのデミさんも、おそらく同じ解釈をしたのだ

 さ、さすがアルベド! 私の真意を見抜くとは!

 モモンガ様、誤魔化したァ!
 のち、指輪を渡してそそくさと立ち去ったァ!

 いよっしゃぁぁぁぁァッ!

 彼が消えたのち、月に吼えるアルベド様、マジ淑女である。

cv子安『明朝、次の村を襲え――――』

『獣を、檻まで誘導せよ』

イメージ 40

 一方、初登場となった「異界人」は、いかにもゲスそうなcv子安の騎士であった……ッ!
 その言葉の意味とは?

 村人を獣になぞらえて、彼らを捕らえる為に動いているのか?

 モモンガ様、人助けしちゃうのか…?

次回、Chapter3。本作、初のバトル展開となるか!

イメージ 25

イメージ 17

 なんかこう、アルベドさんの一触即発っぷりがクセになってきたッスよ!

「作られた平伏」の行方?
 もう、冒頭から守護者各位のキャラに笑わせられるというか、モモンガ様の胃が辛い展開に!
 やめて! その人ただのゲーマーだから!

 作られた存在、作られた感情に彼らはいつか気付くのか?

 そう思うと痛々しくて見てられなかった!
 問題は、そう気付かれる前に、彼らと本当の信頼関係を築けるかどうかなんでしょね?

 顔芸祭りにイヨッシャァ!で〆るラストといい
 テンション高い
 大好き!

 次回、Chapter3.



この記事に


.


みんなの更新記事