GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

デスナイト無双! モモンガ改め“アインズ様”の実験戦闘、容赦なし!

イメージ 21

イメージ 17

 これまでのコミカルな展開から一転、脆弱、悪辣な異世界人らに猛威を振るうモモンガ様無双!
 悪党成敗なのに、後味の悪さが残るほどの虐殺劇
 だが面白いわ……。

 助けて! お願いします、なんでも、お金をあげます! なんでも……!

デスナイト、無双!
 元々、虐殺を「行っていた側」に対する無双とはいえ、圧倒的な戦力差に笑いも消える…!
 いかにも真面目そうな騎士まで絶命する辺り
 本当に容赦なし。

 次回、本格的な戦いになるようで、ドキドキしますね。 

副長『戦士長だってお気づきでしょう、これは確実に罠です!』

イメージ 2

 CGによる騎馬部隊。すげぇ。

アインズ・ウール・ゴウン
 偶然、付近の村が襲われている事を知ったモモンガは、腕試しを兼ね救出に出陣。
 敵対国「帝国」の服装をした騎士たちを一蹴し
 村人を救った。

 この村と地下墳墓はリ・エスティーゼ王国の領内にあり、バハルス帝国と争っているらしい。

 モモンガは、敢えてギルド名「アインズ・ウール・ゴウン」を名乗り
 他“プレイヤー”との合流に期待する

 だが、王国の戦士長と出会ったモモンガは、自分達が多数の敵に囲まれた事を知り――――。

 次回、Chapter4.

副長『全員でエ・ランテルに引き返しましょう!』

『この後、幾つの村が犠牲になったとしても、あなたを失う方が国の損失です!』

イメージ 3

イメージ 4

 良い人そうだけに、生き残れるのか不安になる人格者。 

リ・エスティーゼ王国の策謀
 王国は、実力主義の国王に貴族たちが反発、抜擢された「平民出身」の戦士長を死地に送り
 彼に失態を演じさせ、王の失脚を図ろうとしていた。

 ならば我々が示そうではないか、弱き者を助ける、強き者の姿を!

 貴族の横槍で小規模の部隊に
 それでも、王に命じられた「村々の守護」を果たそうとする!

 別のアニメになった!?

 ともあれ、ガゼフ・ストロノーフ戦士長、いいキャラしてるじゃないか!

セバス『主のお傍に控え、御命令に従うこと』

『それこそが、たっち・みー様によって執事として生み出された私の存在意義です』

イメージ 5

 一方、モモンガ様は「偵察魔法アイテム」をテストし、なんとか操作できるようなっていた。
 そんな中、セバスは造物主の名を口にする
 41人のメンバーの一人か

 前回のマーレのように、ゲーム時代、創造者の記憶は残っているらしい。

モモンガ様『―――祭りか?』

セバス『いえ、これは違います』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 さて、彼らは本当に「敵国の兵士」なのか?

「精神」の変容
 が、初めて目にした“異世界人”らは、騎士が平民らを虐殺している真っ最中だった……。
 だがモモンガは、我ながら驚くほど平然としていた

 見捨てる。助けに行く理由も、価値もないからな……。

 グロ画像どころではない
 が、食欲や睡眠欲が無くなったように、心が変容していたらしい。

 モモンガ様、容赦ねえ…。

モモンガ『(たっちさん!?)』

イメージ 9

イメージ 1

イメージ 10

 だが、まだゲーム初心者だった頃、「たっち・みー」に善意で助けられた事を思い出す。
 困っている人が居たら、助けるのは当たり前!
 なんて清々しい人なんだ!

 ってか、エフェクトなのか!

 そんでモモンガさんがギルドを作った後、加入してくれたのか…、良い話だわ。

モモンガ様『たっちさん、あなたへの恩は返します』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 即死魔術は「第9位階」の上位技、、雷は第5位階だったそうな。

モモンガ様、かく戦えり
 自身の「戦闘力」のテストも兼ね、出陣されたモモンガ様は、たった一撃で「騎士」を殺害。
 低級魔術でも、容易に“人が殺せる”と知る。

 人を殺しても何も感じない……。心までも、人間をヤメたという事か。

 一気に命のやりとりに…
 前回までのは、あくまでコントだったのか…。

 いかに悪党とはいえ、人を殺して「弱い」で済ます、モモンガ様の変容がスゴい。

モモンガ様『―――中位アンデッド作成! “デスナイト”!』

『(げ! 死体に乗り移るのか、ユグドラシルとはだいぶ違うな……)』

イメージ 14

 しかし、NPC作成呪文でビビッたり、命令を誤って「護衛役」が先走ったり
 やっぱりモモンガ様だった!

 不死者の王=オーバーロードだけに、アンデッド作成が得意なのね。

完全武装の騎士『準備に時間がかかり、申し訳ありませんでした』

モモンガ様『いいや、実に良いタイミングだ、アルベド』

イメージ 15

 続いてオープニングの黒衣の騎士が現れるが、コレ、アルベド様だったらしい。
 意外に戦士系なのか?

 今週、ずっとフルフェイスだったヒロイン、明日はどっちだ!

モモンガ様『―――飲め』

村娘『(血ぃ!?)』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 村娘姉妹、かわいい。

絶対支配者、襲名
 無論、助けた「村娘」二人は怯えるばかりだったが、なんとか警戒を解く'事ができ
 彼は高らかに名乗りを上げた。

 我が名を知るがよい。我こそが、アインズ・ウール・ゴウン!

 ギルド名か!
 より知名度の高い名なら、「プレイヤー」が気付くかもしれないと考える。

 モモンガ様、芸名を名乗られてしまったか…。

 防護魔法の多重がけ、ゴブリン召喚の角笛とか、十重二十重に施すモモンガ様、優しすぎィ!

騎士『―――逃げない相手には剣を使わない、楽しんでいるのか…!?』

イメージ 19

 一方、「騎士だけ襲え」と命令された中位アンデッド、デスナイトは無双状態であった…!
 逃げるものは切り殺し、向かってくる者は「盾」で弾く!
 剣が通じぬ、無敵の装甲!

 オマケに、騎士より一回り以上デカく、恐ろしさがハンパない!

 騎士に同情するよ!

エーニウス隊長『貴様らー! あの化物を抑えよ! 俺の盾になるんだ!』

『俺はこんなところで死んでいい人間じゃない!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 無理ゲーすぎィ!

死の騎士
 遂に、隊長が発狂同然の突撃命令を下すが、剣を落とした彼は真っ先にターゲットとされ
 執拗な攻撃で死に至る――――

 助けて! お願いします、なんでも、お金をあげます! なんでも……!

 視聴者から笑いが消えるレベル
 口々に、『死にたくない』『神さま』と怯える騎士たち

 ただ一人、冷静さを保っていた勇気ある騎士も、無惨に斬殺と相成った……!

 視点の切り替わりが完全にホラー。

モモンガ様『デスナイトよ、そこまでだ!』

イメージ 27

 やがて、満を持してモモンガ様がご降臨あさばされたが、なんですかその仮面は!?
 髑髏顔が怖い、とようやく気付いたらしい
 遅い!

 ちなみにコレは、クリスマス中に一定時間ログインすると、強制で手に入るアイテムだそうな。

 通称『しっとマスク』。

モモンガ『初めまして、諸君。私はアインズ・ウール・ゴウン、という』

『―――行け、そして確実に諸君らの上司、いや、飼い主に我が名を伝えよ!』

イメージ 26

イメージ 28

 しっとの心は! 父心!

気付けば三国志
 さて、騎士たちを蹴散らし『辺境の魔術師』を名乗った彼は、村長らに世界情勢を訪ねる。
 近辺は冒頭の面々と同じ、リ・エスティーゼ王国。

 同国はバハルス帝国と隣接、国境都市エ・ランテルを巡って衝突中。

 また、南方には“スレイン法国”が存在
 ここは中立か?

 そして、今回の騎士は「服装は」バハルス帝国だったが、本当にそうなのかは不明

 冒頭的に、王国の内輪もめっぽいですが…?

モモンガ様『冒険者組合? そのエ・ランテルの人口はどのくらいでしょうか?』

『(やはり、街にでも行って暮らす必要があるか……)』

イメージ 29

 ともあれ、大まかな情報は得られたが、更なる情報収集を目論むモモンガ様。
 また、これからは不必要な殺戮は避けるらしい

 今後「他のプレイヤー」と出会った際、反感を買うかもしれないからだ

 まずは「有名になる」のが第一目的

モモンガ様『人間が嫌いか…?』

アルベド『脆弱な生き物、下等生物、踏み潰したらどれだけ奇麗になるかと』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 ドーモ、ガゼフ・ストロノーフ=サン

事態、風雲急!
 考えすぎて疲れたモモンガ様だったが、冒頭の「ガゼフ戦士長」が現れ、邂逅を果たす。
 王直属ながら、村を救ったモモンガに馬を下りる戦士長
 やはり良い人である。

 戦士長! 周囲に複数の人影! 村を囲む形で接近しつつあります!

 が、敵襲来!
 モモンガ様への反撃か?

 それとも、やはりガゼフ戦士長を狙う「貴族たち」の手引きなのか…?

 モモンガ様は巻き込んだのか、巻き込まれたのか?

おさらい

イメージ 4

 今回の「敵騎士」は、隣の国の騎士の格好でしたが、ホントにそうなのかは不明。
 ガゼフ戦士長は、王に重用されている実力派
 貴族たちに嫌われている。

 また、「獣を檻に追い込む」為に、村を襲っている騎士たちがいる。

※前回ラストのcv子安騎士。

次回、Chapter4。オーバーロード大暴れ? “軍勢”とのバトル回!

イメージ 33

 今週ずっとフルフェイスだったアルベド様の明日はどっちだ。

異世界との出会い
 モモンガ様の、「異世界」への絶対的な強さを知らしめた、初の本格バトル回!
 デスナイト、あれで中位なのか…。
 負ける気がしない!

 また、三つも国名が出てきて混乱しましたが、なんとなく理解した!

 守護者が出てこなくて寂しかったですが
 たっち・みーさんとか、異世界との初対面とか面白かった!
 
 次回、Chapter4.



この記事に


.


みんなの更新記事