GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

モブに厳しい! 恐怖を乗り越え、スカッと終わった「出会い」の回! とら、強し!

イメージ 1

イメージ 32

 今週の前半も含め、兇悪妖怪というには可愛すぎたとら、その「強さ」が描かれた回! 鎧袖一触!
 純心さが際立ったヒロイン、井上さんとも知己に
 キレイに終わって面白かった!

 こんなの、食うわけないだろうと内心で思いながら、受け取るとらも妙に可愛かった!

苦手が多い大妖怪
 というか、サブタイから想像できないほど物騒な回でしたが
 サブタイ通り、町に翻弄されるとら!
 浦島太郎ッスね!

 いよいよ、「妖怪」が世間に認知され始めた感じで、次回サブタイもちょっぴり不穏っぽい?

『欲しいよぅ…』『我らを封じた、日崎 御角の首が欲しいよぅ…!』

イメージ 2

 開幕から虐殺、マジの凶悪妖怪!?

大妖怪、猛る
 実は、うしおの家の傍には「百年前、偉大な霊能者が倒せず」封じた妖怪も眠っていたのだが
 工事によって、彼らもまた解放されてしまう。
 中国の妖怪「飛頭蛮」である

 彼らは、自身を封じた「日崎 御角」と誤解し、街ゆく女性を次々と殺害。

 だが、彼女とそっくりな井上真由美には
 とらも目をつけていた。

 とらは獲物を横取りしようとした、不届きな化け者共を一蹴、うしおを通じ井上とも知己となる。

 次回、第伍話「符咒士 鏢」。

うしお『とら、喰っただろう! あんな酷い事やるの、お前だけだろうがッ!』

とら『やってもねぇ事を決め付けられるのは、我慢ならねぇ!』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 とら、完全にとばっちり!

それでもワシはやってない
 冒頭、工事で「要石」が除かれ怪物が復活、封印を解いた者らを襲ったのだった
 知らぬ潮は、とらの仕業と決め付ける

 ケッ、止めた止めたァ! ワシゃもっと簡単に人間の食えるところに行ってやるッ!

 獣の槍による「強化」
 これを警戒し、とらも一旦諦めることに。

 結果的に、うしおが「人食い」をたきつけてしまったのだったが―――――

 とら、街へ行く。

うしお『ショック受けてたからなぁ……』

イメージ 3

 なお、すっかり心の折れた父も姿を消してしまった模様。
 しょっくやったんやなぁ…。

 って中学生か!

麻子『ごめんね、約束してた可愛いイヤリング一緒に買いにいけなくなってさ』

井上 真由子『ううん、あたしは良いの。お化粧とかアクセサリーとか知らないし…』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 思えば、「お化粧あんまり知らない」のも前振りだったのね。

人間交差点
 しかし、復活した妖怪達の狙い、「日崎御角」が真由子そっくりだった事が判明。
 ちょうど彼女も、街に向かうところだった。

 日崎 御角さま、明治の偉大な霊能力者だった方だよ……

 井上、危うし!
 なおホントにただの空似だったっぽい?

 父が怪我し、実家を手伝ってる中村も、ホント良い子だと改めて。

 似合いますね、三角巾。

とら『な、な、な……、なんじゃこりゃあ……!?』

『いや、つまりコイツは喰い放題って事か…? こりゃあ良いっ!』

イメージ 10

 一方、500年ぶりに人里に降りたとらが見たものは、室町時代とは比べ物にならぬ繁栄であった
 いきなりトラックに轢かれた!?
 トラックGJ!

 が、「現代」に慣れぬとらは、まず自動車相手に四苦八苦であった。

 なんちゅう浦島太郎っぷり。

うしお『もし、妖怪どもが、その日崎御角にそっくりな女を見つけたら!?』

爺さん『……うむ、食い殺されるな、絶対に……』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 倒せなかった為、封印する事になったらしい。

不知坂の怪異
 うしおは、「日崎 御角」という霊能者が、明治期に「餓眠様」を封じ込めた顛末を聞き
 五体の妖怪、その怨念の深さを知る。

 違う…、日崎じゃない!!

 事実、彼らは女を狙って殺害を繰り返しており
 次々と被害者が……!

 血を描かず、グロさを下げつつも、描写はしっかり見せてくる!

 なんて頼りになるアニメスタッフ!

とら『ぎゃー! なんだこの匂いは!? 白粉かよ!?』

『オマケに、妖怪のキライな“金属”で防御してやがるしよぅ……』

イメージ 14

 一方とらは、現代人が「喰っても不味そうな奴ら」ばかりで、とことん辟易していたりして……。
 餓眠様さんは容赦してないのに!

 あー、やっぱ無理だ…、ここは好き嫌いせず、無理してでも喰わんと………。

 まあ、無理すりゃ喰えます
 喰えますが、美味しく喰えなきゃ意味がないというか

 正しい。

とら『…柔らかそうな身体、奇麗な匂い、食べやすそうな脚……』

『オイオイオイ、いるところにはいるんだなぁ!』

イメージ 15

イメージ 16

 が、純朴な井上 真由子は「化粧」の類が苦手で、それゆえ、とらに絶賛されてしまう。
 ターゲットロックオン!
 井上にげて!

 大妖怪、顔がオッサンみたいになってますよ!?

とら『――――何か、いる! ワシ以外の化物が……、来る!』

妖怪たち『見つけたァ…』『日崎 御角…!』『見つけたぞォォォッ!』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 うしお、待ってました! 待ってましたが!?

HERO(3分弱)
 しかし、やはり日崎=井上を狙う「餓眠様」たちが現れ、窮地を救ったうしおも一蹴!
 獣の槍があるといっても、数の暴力は強い!

 硬いヤツだなぁ…、こんなヤツ、喰わんでええわい!

 そして広がる二次被害!
 餓眠様に、デパートの人たちまで犠牲に!

 追う、逃げる!

 展開が完全にホラーだ!

とら『こんな旨そうな女…、後から来た奴に横取りされてたまるか!』

イメージ 20

イメージ 1

 が、代わって割って入ったのはとらは、「兄者」を一蹴! さすが大妖怪!
 ナメてかかってはいけない!

 フッフッフッ……、誰が誰を喰らうんだと…? ええ?

 しかし、餓眠様の「祖父」により、とらは拘束! 意外にチームワーク良いぞ!!

井上『逃げなきゃ…、でも、また私が戻ったら…!』

イメージ 21

 また、「狙われている」と知った井上は、他人を巻き込む事を恐れ、へたれこんでしまう。
 できた娘だ……。

 が、残る餓眠様らに襲われ、いよいよ絶体絶命に!

とら『ハッハッハ、大昔にお前を閉じ込めた女に復讐だって?』

『バッカだなァ、人間がそんなに長生きするわけねーや、そいつは死んでるぜ』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 このバカ共が! ワシのエサを小汚くしやがってェ!!!

可愛いなァ
 が、とらは餓眠様あらため「飛頭蛮」を一蹴、格の違いを見せつけてゆく!
 残った一体も、うしおに退治された

 バッカだなァ…、ワシの機嫌を損ねた上にちょっとでも勝てそうだと思ってるところ…、バカ共がァ!!

 とら、強し!
 五百年前の大妖怪、その名は伊達じゃない!!

 たかが、百年前にブイブイ言わせてた「飛頭蛮」など、最初からとらの敵ではなかった。

 主人公がラスボス。

『(なんだい…、あの女はアイツのかよぅ。ちぇ、槍もしっかり持ってやがる)』

『(こんなハラペコでやりあっても、勝てんなァ……)』

イメージ 27

 しかし、「うしおの女」だとわかった途端、あっさり井上を諦める辺り、潔い。
 この辺の考え、獣っぽいですね
 つがいっていうか。

 が。

うしお『おい、とら!』

とら『(ちぃぃ、やるか!?)!』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 疑って、悪かったよ……、人間食ったの、お前じゃなかったよ

言わせておけば!
 だが、うしおが存外素直に過ちを認めたことに、とらはかさにかかって言い募る!
 この大妖怪、ノリノリである。

 なーんだ…、だから言ったろうワシじゃないって! ド阿呆! トンマ! トンツク! アンポンタン!

 罵倒が豊富な大妖怪!
 やがて、キレて反撃にかかるうしお、カッコ悪い!

 そんな二人を制止する井上、天然すぎィ!

井上『お待ちなさいっ! とら、とらさんって言うのね?』

『話は聞いたわ。倉の中で500年、お腹すいて、怒りっぽくもなるよね?』

イメージ 32

イメージ 33

 なんだコレ…、妖怪がこんなの喰うワケねぇだろ…? お前だ、お前が食いたいんだよ

美味しいよ♪
 仲裁にかかった井上は、凶悪なとらをまるで怖がらず、ハンバーガーを渡して笑いかける。
 とらは戸惑い、不思議そうに見つめるのだが――――

 色々あってへろへろになっちゃったけど…、きっと、人間より美味しいよ?

 井上、肝が太い…!
 あんだけ犠牲者が出た後なのに、平和なオチ。

 こうして、平和に「お腹すいたでしょ?」で終えられる井上、強い。

 EDで寄り添ってるのも納得ですね。

次回、なんか本格的な「妖怪退治」っぽい人、出現?

イメージ 8

イメージ 12

 血筋なのか他人の空似なのか、或いは転生なのか?

モブに厳しい!
 前回、とらが来たら街はしっちゃかめっちゃかだろうなぁ、と思ったらもっと酷い展開に!
 工事の人が、ご神体を動かしてトラブル
 この展開も懐かしいですね

 また、冒頭では木の壁をすり抜けたとら、ガラスはすり抜け不能と判明

 この設定、今後どう活かされるんでしょう?
 自然物じゃないから?

 次回、第伍話「符咒士 鏢」。




この記事に


.


みんなの更新記事