GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記

http://gno.blog.jp/ で継続更新中。右の検索欄から記事検索可。画像は、各画像右下隅の虫眼鏡で拡大

全体表示

[ リスト ]

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!(2期の2期)。

何が悲しゅうて、三話でBL話やねん! せやかてクライマックスやったんやで!

イメージ 11

イメージ 1

 クロ登場以来、順調に衝撃体験を重ねていた美々ちゃん、遂にやっちゃアカン領域まで覚醒を果たす…!
 原作、巻末オマケとして収録されていた覚醒回
 ひっでえ話だった!

 私、男の人は男の人同士で、女の子とは女の子同士で恋愛すべきだと思うの♪

「腐婦人」を越えた先へ
 でもアレだ、心情的要素からいえばアレだ、ちゃんと本編の今後を示唆する内容だったさ、きっとそう!
 しかし、いかに素養ありといえどカタギさんを巻き込むとは
 栗原姉妹も業が深い

 また、友だち四人衆唯一の「原作出向キャラ」を腐らせるとか、ひろやま先生も業が深い。 

美々『どこかに…、この邪な気持ちを吐き出さないとっ!』

イメージ 2

 発光で発酵。なお、無事ダメになった模様

そんな友情と愛の形
 夏休み、衝撃的な体験にたった一つの魂の形を抉り出された桂 美々は、妄想書記者となった。
 その、妄想ノートに目をつけられた彼女は
 BLの道に連れ出されてしまう

 BL、ボーイズラブとは男同士の恋愛劇、決して「マトモ」ではない

 友だちが「そうなった」時どうすべきか?
 巻き込まれたイリヤは、小学生には思いもよらない友情の形と、美々の手遅れな愛の形を知る。

 男の人は男の人同士で、女の子とは女の子同士で恋愛すべきだと思う美々の真理を…!

 次回、第4話「てーまぱーく・ぱにっく!」

メガネ女子・栗原 雀花『ミユの言う通りだ、早めに計画的に手をつけておけば』

『ギリギリで苦労しないで済む…、早めの行動は大事なんだ』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 タッツン、那奈亀に続く家族回!

休み短し宿題しろ乙女
 てなワケで、美々が性の目覚めに同性のソレばかり目撃し、悶々としていた
 一同、宿題に悶々としていた。
 締め切り…!

 ヒリつかない締め切りなんて、締め切りじゃねぇぇぇぇえ!!

 計画性の欠如は傑作を生む(多分)。
 そんなダメ発想はともかく、宿題に限らず、物事は計画的にやるべきだ。

 でないと、夏の祭りにあえぐ雀花の姉のようになるから。

 やな姉妹だなぁ……。

クロ『(寝不足って)何か悩みでもあるの?』

美々『そんな大したことじゃないんだけど…、ただ、ちょっと………』

イメージ 6

 キャラが思うように動いてくれなくて、行動に説得力を持たせられなくて、そもそも動機が不明瞭で…
 一方、美々は明らかに漫画家みたいな悩み方をしていたが
 小学生たちに解るはずもなく

 そんなに難しい課題なら、みんなで考えようよ♪

 無邪気に手伝おうとするイリヤ!

ミユ『―――友だちだからこそ、迷惑をかけたくないっていうのもあるから』

クロ『迷惑かどうかなんて、判断するのは友だち本人でしょ?』

イメージ 7

 が、「他人に話したくないトラブルを、敢えて聞きだすことは無い」というミユと
 友達同士なら、せめて問題を共有すべきだというクロ
 二人の論争に突入!

 お察しの通り、ミユ当人が「秘密を抱える」問題少女!

 気持ちは解るというミユ
 対し、既に打ち明けたら解決したクロは、問題を共有すべきだと強いる。

イリヤ『私は、隠したいことがあるなら聞き出すのはどうかと思うけど…』

『友だちだから、話して欲しいというか……』

イメージ 8

 対するイリヤは、普通の小学生らしく、どっちつかずな反応を返してしまうのだったが
 結果的に、三人が何か隠し事をしているらしい、と
 雀花たちに悟られてしまう

 が、それは恋愛絡みだろうなという推察が、いらん情熱に火をつけた!

雀花『―――みんな男だったら、こういう事も無いのかねえ……』

美々『(そうか、女の子同士で上手く書けないのなら、いっそ――――)』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 そこは腐海、汚染された者たちが生んだ、新たな生態系の世界である…。

おい、その先は地獄だぞ
 覚醒した美々は、イリヤ達を性転換したボーイズ☆ラブ妄想を炸裂、自動書記ながらに生産するが
 目をつけられ、栗原姉妹に囚われの身に

 常識の範疇でなんか、生きてねぇンだよッ! とにかく原稿を用意しろッ!!

 ようこそ“男”の世界へ…。
 栗原姉妹、何を隠そう濃厚な素人ボーイズラブ作家…!

 彼女たちの原稿不足が、美々の覚醒を促した。

 そこには「同志たち」がいる、桂 美々は、若くしてBL界に足を踏み入れてしまうのだった。

栗原 雀花『はじめは、百合だったんだ』

イリヤ's『何の話?』

イメージ 18

イメージ 19

 が、雀花は何を思ったか、そんな「腐」の領域の事件を一般小学生に話してしまう。
 当然、専門用語飛びかう言葉となり
 理解は及ばない

 性転換させてみたら、光の速さで魂が腐って堕天! 以降は坂道を下り腐海にハマり泥中首までッ!

 理解できるかアホー!

雀花『美々がよぅ…、腐女子(ふじょし)になった』

イリヤ's『『『婦女子?』』』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 まさかの切嗣×言峰シルエット。

実は私は
 雀花は、イリヤ達に「現場」を覗き見させつつ、自分では美々を手に負えなくなったと語る…!
 台詞、蒸気音ばっかりなんですけど!?

 ボーイズラブ、それは男同士の恋愛を描いた業、許されない愛ゆえに燃え上がる…!

 高速パッ閉じ!
 イリヤ、アカン顔と声がかわいいよ!

 美々ちゃん、のめり込み初期症状で、完全な暴走特急と化していた!

 バーサーカーが風評被害を!?

美々『そんな…、汗だくになって押入れの中で、ナニ、してたの……?』

イリヤ's『『思考が完全にピンク色になってるぅ!?』』

イメージ 27

イメージ 28

 混乱し、転げ落ちた三人への感想がこちらです。

 そんなワケで、イリヤ達をきっかけに、雀花に背中を蹴り落とされた格好で堕天した美々
 もう完全にアカンですよ!

※当然ですが、百合もイケるクチです。

雀花『修羅場の焦燥感と、イベントの高揚感が我々を狂わせたのだぁ!』

イリヤ『狂ったのは美々の思考よぉ!』

イメージ 29

イメージ 30

 起源、原作版・士郎が「剣」であるように、彼女の起源はBLだった…!?

起源覚醒
 以上、全ての事情を知ったイリヤは雀花を責めるが、美々はその必要は無いという。
 書き始めたのは自分、そう最初から―――

 ただ、私が…、私の魂がBLの形をしていただけなの……!

 なんだこの展開。
 美々ちゃん、もう還れない領域に。

 無論、イリヤと士郎を目撃した一件は記憶操作されたものの、一成達を思い出すだけでもう…!

 おかしいからこそ純愛なのよ、どうしてわかってくれないのっ!

栗原 火雀『うるっせぇぞガキ共ッ!』

クロ『な、何この感じ!? 底のない虚(うろ)のような!?』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 ったくよぉ、BLを流してクローゼットの中で聞く、擬似のぞきプレイの邪魔してくれやがって!

ホントだ大分ちがう!?
 そこに、腐生活を邪魔された「腐婦人」の位階、火雀が乱入してしまったのだが
 経験豊富な彼女は、サクッと回答する

 カンタンな話だ。お前ら、友だちやめろ?

 ざっくり回答!
 今、イリヤは美々を連れ戻そうとしている。

 だが美々は普通に帰れない、友情と趣味、ハサミ討ちの関係となっているのだから――――

 なら、理解しない友達は切れ、と。

火雀『親にも友達にも、言えない趣味だよ?』

『でも、好きだって気持ちは止めようがないんだ―――』

イメージ 34

 オタ全般に言えることだが、決してマトモじゃない、他人に胸を張って言えないのは解ってる
 後ろ暗いけど、それでも続けているのは「好きだから」なんだ

 だから、気付いたなら、見なかった事にして欲しい

 ただそれだけなのデース…。

雀花『要は、そっとしといて♪ って事だろ?』

火雀『そ、そうだよ! ソレの何が悪いッ!』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 1

 私達はようやく降り始めたばかりだからな、この果てしなく遠いBL坂をさっ!

現実なんて垣根ですよ
 少女たちの疑問に、姉はBLを取り巻く辛い経験の教訓、また「BLはファンタジーだ」と割り切り
 理解させ、彼女たちを安心させるのだったが―――

 私、男の人は男の人同士で、女の子とは女の子同士で恋愛すべきだと思うの♪

 一方、美々は現実を越えていた。
 アカン!

 いやこれは、現実が見えていない幼子ゆえの純粋な真理!?

 真理かはともかく迷言すぎィ!

イリヤ『じゃ、私はこれで……』

雀花『あ、私も用事思い出した……』

イメージ 38

イメージ 39

 美々の超越者、オーバーロードっぷりに思わずドン引きした一同は、あの姉を含めて退散
 やはり、その考えは人類には早すぎたのだ…
 光を越えて堕天してしまった…

 理解、できなくもない

 とはミユの談。
 アレだ、この人も百合方面だからね仕方ないね。

次回『パレードに飲み込まれたら、二度と会えなくなっちゃうわよ?』

イメージ 14

イメージ 17

イメージ 29

イメージ 40

 エンドカードは、またやらかしたシュガー女史! またオマエか!

次回、ブリリアントな!
 そんなこんなで、二期のクロのキス乱発事件以来、順調に覚醒しつつあった美々ちゃん回。
 彼女の起源は、BLにあったんだ…。

 シリーズ構成担当、井上堅二さん脚本でオマケ漫画を膨らませまくった一話!

 そんな井上さんはライトノベル作家
 次回の風景、サブタイに、同じくラノベな何かを感じる! フルメタルなパニック的な!

 今期、原作ストック自体が数話分ほどしかないので
 オマケを膨らませる格好なのね。
 これはこれで!

 次回、第4話「てーまぱーく・ぱにっく!」






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事